minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

韓人の入国拒否が毎年100%ずつ増えている

 
 
 
米ノービザ施行後入国拒否毎年100%ずつ増加
韓人犯罪激化、「加重暴行(Aggravated Assault)」と「暴動や騒動(Rioting)売春婦は2度国境を越える  まさに倍々返しだ
 

イメージ 1[エイプリルミーナ]訪問者2次審査渡したり、出国命令頻繁に韓国から米国への訪問を容易にするためのビザなし施行以後、ビザなしで米国に入国しようとする韓国人の入国拒否が毎年100%ずつ増えていることが分かった。
 
27日SF総領事館の関係者によると、「ノービザその後、米国への入国を拒否される割合がほぼ毎年100%に達している」とし「米国への入国と関連した判断は、米国公務員の自主的な判断によるものなので、各地域の総領事館から手をつけることもできない状況だ」と伝えた。 実質的に最近、米国を訪問した20代の女性が、サンフランシスコ空港からノービザで入国しようと、入国審査で2次審査に引き渡され、調査を受けた後、最終的には強制出国措置された。 この女性は入国目的を観光と明らかにしたが、移民税関国境局審査官は、韓国で大学を卒業はもちろん、まともな職場に入社していなかった点を問題視し、「不法就労の意図が懸念される」という理由で、出国命令を下したと伝えられた。
 
別の女性もサンフランシスコ空港経由で米国に入国しようとして、入国審査官が、女性が突出した電話番号を見て、「OOにいこうとするものではないか」と韓国人が運営する風俗店をぜひ手にとって話をするなど、旅行以外で韓国人店に就職しようとする目的があると判断し、空港から韓国に帰ってという措置を下げて韓国に戻った。
 
イメージ 2
 
▲こちらはオーストラリアに入国を図ろうとする韓国人売春女性のようす
 
 
このような•米ビザ免除プログラム(VWP)の施行以来、ますます厳しくなる入国審査のために不法就労など入国の度が疑われる若い層の韓国人の場合、2次審査に渡され大変な苦労を払ったり、入国を拒否される事例が続いている。
入国が拒否される事例は、ほとんどの電子渡航認証システムサイトの過去の記録を事実とは異なる虚偽作成して、入国審査で摘発されている場合がほとんどだが、韓国では、米国を訪問する若い女性の中で滞在している住所を正確に知らない、または曖昧な返事をする場合も厳しい入国審査の対象に分類されるということが、移民法の専門家たちの説明だ。
また、2次審査台に渡された韓国人若者たち場合には、韓国人入国審査員を配置韓国人たちがたくさん使うカカオトーク内容やセルポン保存されている写真についてまで調査しているという話も聞こえてきている。
本質的にサンノゼで学生ビザを受けて勉強した若い男子生徒の場合は、韓国に戻って数ヶ月休んで戻って入ってきて苦労して戻ってビザの発給を受けてきた状況であったにもかかわらず、2次審査に進み、「なぜ勉強を休んだのか」など、多くの質問をしてセルポンで撮った写真の中、アメリカでアルバイトしていた写真が入っていて韓国に帰国措置された事例もあるという。
 
一方、2次審査対象者に分類される場合は、▲米国訪問が頻繁な場合、▲片道チケットを切ってくる場合、▲観光ビザなどで訪問した後の仕事をしていた記録があらわれる場合、▲米国ビザの申請が拒否された事実を隠して入国する場合、 ▲入国時に荷物が多すぎること、▲学業を行う目的がはっきりしていない短期語学研修などのために学生ビザで入国などである。
 
民法専門家イ・ギョンヒ弁護士は、「最も重要なのは、韓国でノービザ入国のために事前に提出しなければならESTAに偽りなし答えなければならない"としながら"偽りで作成したESTAが承認を受けても、入国審査官の判断により入国を拒否されることがあることに留意しなければならない」と助言した。
 
 
 
(翻訳:みなみっ)
 


 
 
 
韓国で大学を卒業した無職は入国できません
 
 
イメージ 5[トラベルミーナ]最近韓国で米国を訪問した20代男性はニューヨーク空港を通じて、ノービザで入国しようとして入国審査台で、2次審査に渡り、調査を受けた後、結局、強制出国措置された。この男性は入国の目的を観光と明らかにしたが、移民税関国境局審査官は韓国で大学を卒業した後まだ職場を決めない点を問題視して'不法就業意図が懸念される'という理由に出国命令を下したのだ。
 
先月LA国際空港(LAX)を通じて米国に入国しようとするまた他の韓国人男性も入国審査台で出国措置を受けた場合。この男性の場合、審査官が質問した入国の目的について'LAが気に訪れたこと'と答弁をしており、入国審査官は彼が旅行以外に他の目的があると判断して空港で韓国にかえるという措置を下したというのだ。韓・米ビザ免除プログラム(VWP)の施行後、益々難しくなる入国審査によってこのように不法就業など入国意図が疑われ2次審査台に渡り、ダメージを受けたり、入国を断られる事例が継続されている。
13日LA空港や移民の関係者たちによると、無ビザプログラム施行後、入国審査でこのような理由で2次審査にまわされるケースが増えており、入国できなかったまま強制出国される場合も月10人の割合で発生していることが分かった。
 
イメージ 4このように入国が拒否される事例はほとんどの電子旅行許可制サイトに過去記録を事実と違うような、虚偽の作成して、入国審査台で摘発される場合がほとんどだが、韓国から米国を訪問する若い女性たちのうち、滞在する住所地を正確に分からないか、曖昧な返事をする場合も、厳しい入国審査の対象に分類されるということが、移民法の専門家の説明だ。実際に先月のノービザで入国をした韓国国籍の女性も2次審査台に渡り、数時間にわたる追加調査を受ける被害を経験した。彼女は親戚の妹の結婚式に出席するためにLAを訪問したが、風俗店従事者に誤解を受けたものである。 この女性は「ノービザで入国しようとする風俗店従事者が多いと聞いたが、実際に誤解を受けて数十個以上の質問に答え手間はかなり慌てた"と伝えた。
加えて、2次審査対象者に分類される場合は、▲米国訪問が頻繁な場合、▲観光ビザなどで訪問した後の仕事をしていた記録があらわれる場合▲米国ビザの申請が拒否された事実を隠して入国する場合▲学業行う目的がはっきりしていない短期語学研修などのために学生ビザで入国する留学生の場合は間違いなく厳しい審査を経て、誤ったした場合、帰国措置までされるというものである。 移民法専門のイ·ギョンヒ弁護士は「最も重要なのは、韓国でノービザ入国のために事前に提出しなければならESTAに偽りなし答えること"としながら"偽 ​​りで作成されたESTAが承認を受けても、入国審査官の判断により入国を拒否されることがあることに留意しなければならない」と助言した。
 
 
 
最近LA国際空港経由でノービザで入国しようと韓国人女性のキム某氏は、入国審査で摘発され、強制出国措置にあった。 コリアタウンの一遊興業店に仕事をすることになっていたキムさんの用品類がおかしかったのか、連邦税関国境局(CBP)に所属する入国審査官が働く場所と結婚するかどうかなどを聞いて見たら、詳しい調査が必要だとし、2次審査に連れて行った。 CBP担当者は、そこから航空会社のスタッフの通訳の助けを受けて、キムさんのバッグや財布などの所持品を検査したところ、そこの風俗店の名刺が出てきた。キム氏は、最終的に風俗店で働くことになっているという事実が発覚し、強制的に出国するしかなかった。
移民当局がノービザや観光ビザなどで入国する韓国人など、訪問者の入国審査を強化している中で、このように訪問の目的違反などに摘発され、強制的に出国されたり、2次審査を受ける韓国人の入国者が続出している。 特に若年層の韓国人女性の場合、強化された審査により、一般の人たちも、まるで風俗店就職のために入国するように誤認されて何時間もの移民審査に囚われるなどの副作用も現れている。 空港関係者らによると、CBPは、韓国人のノービザ入国が許可され、風俗店などで2〜3ヶ月づつ働いて帰る韓国人女性が増加するにつれて、これらの調査を強化しているのが実情である。 CBPは、特にマスコミ報道などを通じて売春女性の不法入国等の内容が報道されるたびに、風俗店の女性の特別取り締まりを実施している。 この過程で、CBP職員は、女性のバッグや財布などを調査することはもちろん、文字メッセージやカカオトークメッセージも検査していることが分かった。 実際、先月中旬に観光ビザでサンフランシスコ空港を通じて入国しようと韓国人女性の李さんは、CBP職員の質問にためらったという理由で、移民局の調査を受け、この過程で、カカオトークメッセージを公開しなければならなかった。 しかし、CBPのような審査でとんでもない女性が被害を受ける事例が少なからず現れている。 一人で観光来たチェ某氏は「一人であるという事実に疑問を抱いて調査を始め、10時間の間捕まえた」と悔しさを決めた。 ノービザで入国しようとし、別の韓国人女性は、滞在アドレスの質問に「親戚の家やホテル」と回答したのがきっかけになって、ホテルに泊まる理由など4時間以上の調査を受けた後になって、入国許可を受けることができた。 語学研修を目的で留学ビザできたが、調査を受けたこともある。居住する場所の住所を尋ねた質問に答えられなかったギムモヤンは、「アドレスが書かれた紙を移民バッグに入れて置いてアドレスを覚えていなかった」とし「調査の過程で「なぜクレジットカードがないのか」という質問も受けた」とあきれという反応を見せた。 このような不愉快な経験をした女性たちは、「移民局が過度に色眼鏡をかけて一般の観光客が風俗店で働くホステスに追い詰めている」とし「米国に戻っては来たくない」という悔しい心情を現わした。
 
 



 
イメージ 3
 
だって、だれにでもできる簡単なお仕事だって言うから
 
 
 
 
 
 
韓国人がらみの犯罪も増加しています