minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

虚言女に、その母あり。

 
 
 
 
あの韓国型虚言女の親もスゴイ
 
 
すでに海警は、国民と遺族に謝罪しなければならない加害者だから、名誉毀損の処罰を要求する被害者ではない ⇒ すぐにも無罪釈放が正しい
 
 
 
イメージ 1
 
▲現在絶賛拘留中のホンガフェさん(26)
 
 
 
イメージ 2[今日のミーナ]セヲル号の惨事が発生した後、MBN放送に出演して"海洋警察が民間潜水士の救助活動を防いでいる""水の中に生存者がいる"などの虚偽事実を流布し、海洋警察に対する名誉毀損で拘束されたホンカヒェさんの保釈の請求が裁判所に提出された

ホン容疑者の保釈請求書を作成した者は母親はチョン某さんだ。チョンさんは保釈請求書を通じて"幼い年に欠損家庭で育ちながら心のこもったカヒェが耐えなければならなかった数多くの傷をかばってくれなかった親が罪人、私を処罰してほしい"と書いた。
 
さらに、"この事件の発生の前日に済州島にいた母方のおばあさんに会ってきた娘は旅客船沈没事故の知らせを聞くや否や現場で奉仕するため、珍島に駆けつけた"、"娘は'その日ペンモク港の現場に到着して周りの人たちの話を聞いてみた結果、これまでテレビで放送された内容と現場の状況が他の部分があまりにも多く、興奮された状態でインタビューをした'と述べた"と伝えた。
 
また"ホンカヒェが瞬間的に誇張された表現をして海洋警察の名誉を毀損した過ちは対価を払わなければならないが、"かわいそうな私の娘を一日も早く家族のもとに返してくれ"と伝えた。
 
 
イメージ 4
 
▲ホンさんは、ダイビング関連の資格がなく、趣味としての珍島ペンモク港ではない他の場所で数回塩水に入ったのが全部だったことが明らかになった

 

チョンさんはホンカヒェが釈放されるべき事由も、保釈の請求書に盛り込んだ。チョンさんはホン氏が釈放されなければならない理由第一に、"事情の変更によって拘束の相当性が弱くなった"と主張した。
 
さらに、"被告人の発言当時は誰も救助現場の真実を知らず、事実かどうかを離れて公権力に対する不信など社会的危険を防止するため、緊急に拘束していたが、事件の内幕が明らかになり、当局の初期対応過程で海洋警察の消極的救助などが認められている"、"すでに海警は、国民と遺族に謝罪しなければならない加害者であり、名誉毀損の処罰を要求する被害者がなれない"と指摘した。
 
また"被告人の発言内容が虚偽でないことが明らかになったら、事情変更の原則によって釈放しなければならない"、"名誉毀損は、真実の事実を摘示する場合、処罰されないためだ。たとえ被告人の言葉が一部誇張された部分があるが、それが果たして人身拘束を維持すべき事由に該当しましょうか。"と反問した。
 
チョンさんは"この事件の被害者である海洋警察は'公人'に該当する"、"政府がネチズンなどを処罰する主な理由は遺族を愚弄する悪辣な表現が主要な対象だが、セヲル号の関連した様々な表現や低俗発言に対する司法処理の最も重要な基準はその悪質なコメントの被害者が遺族かどうかなのにホンカヒェの発言を見ると発言を正確に見てみると、犠牲者を再生させようという積極的な欲求があり、救助に消極的な海洋警察の覚醒を促しただけで、決して遺族に被害を与える発言をしたことがない"と主張した。
 
さらに、"ホンカヒェが専門的な潜水士はないが、ゴールデンタイムを迎えた救助現場で'潜水経験を持った人は誰でも一緒に来てという、ファンデヨン潜水協会長の勧めによって一緒にした"、"当時、現場にはエアポケットに学生たちの生存可能性があると言う数多くのボランティアたちがあり、遺族の泣き叫ぶ声がペンモク港にあふれて流れたとき、被告人が激情的に'水の下に暮らしている生存者を見た人がいる'は表現をするようになったもの"と伝えた。
 
また"瞬間的に生存可否を大げさに表現した点は明らかに誤りだったが、ホンカヒェは現場にいた様々な人の声をそのまま信じて発言しただけで、誹謗する目的で、'ない作り話をしたもの'ではない"と"被告人の心は海洋警察の名誉を毀損しようとする意図がなく、ひたすら迅速な救助に参加するようにしてほしいという要請だった"と説明した。
 
チョンさんは"たとえ有罪が認められたとしても長期間の拘禁は被告人にきびしすぎしており、我々裁判所は非拘束裁判の原則強調するが、この事件と関連して被告人は自ら偽りを言うという認識がなかったために逃走したことがなかった"、"ホンカヒェは全羅南道(チョルラナムド)警察庁までタクシーで出頭した"と指摘した。
 
さらに、"この事件は被告人が刑法314条、偽計による業務妨害に該当する誤りがあって見えるが、被害者であるMBN放送局が告訴したり、起訴したこともないので'不告不利の原則'に相当し、この事件は、事案の公然性などによって全く隠滅する証拠がなく、住居が確かである"、"被告人はオンライン空間で多くのネチズンたちによって悪魔的なイメージで編集され、被告人が東日本大震災当時にも放送出演し、うそに明け暮れたという暴露があったが、ホンカヒェは当時、MBCとの放送で嘘を言っていない、ただ、'愛する友達が日本にあって去ることが容易でなかった'と言っただけ"と弁護した。
 
また"プロ野球選手または有名歌手と関連されたエピソードは過度に誇張されたり、根拠のない内容"とし、"ホンカヒェは一緒にボランティアに行った姉と共に命をかけて子供たちを取り返すことが覚悟があり、世間の噂よりは、被告人の目を合わせてどうか真実を発見してくださることを切実に願っている"と付け加えた。
 
 
(翻訳:みそっち)
 


 
親があって子があるというか、子の親というか、根もないところに葉と実が同時に生えてくるというのか、思い込みを言葉にしたのだから正しいのだとか、100回言えば真実になるんだとか。>>>そういう国ではこーいうのは突発的に発生するのではなくてそれ相応の下地が厳然と存在するというのがよくわかる母のお言葉でした。
 
ちなみに”全員救助”と報じたメディアは救助活動や政府の対応を遅らせただけでなく政府発表にも混乱を起こした原因だとして”組織解体”をするべきだとする意見もあります。    ウソの国だもの
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
いわゆる 海洋警察それみたことか ってこと