minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

朴槿恵風刺ポスター、また逮捕

 
 
 
屋上から大統領に似たチラシをまいて逮捕、逮捕
 
   
イメージ 1イメージ 7[メディアミーナ]ソウル市内の高層ビルの屋上で'髪に花をさした朴槿恵(パク・クンヘ)大統領'のポスターを撒いたイハ(47)作家(本名、イ・ボンファ)が逮捕された。
 
ソウル鍾路警察署によると、この作家は20日昼12時にソウル鍾路区光化門(クァンファムン)広場近くの東和(トンファ)免税店ビルの屋上に上がって朴大統領風刺のポスター4500枚あまりを撒いた後、、12時15分に階段で降りてくるところを逮捕された。この作家を密着取材していた<週間京郷>のキム某(33)記者も一緒に逮捕された。
 
 
イメージ 2
 
▲作品には、大統領府の前で頭から花を生けている姿の朴大統領が描かれており、上の部分には'WANTED'、下段には'MAD GOVERNMENT'(狂った政権)と書かれていた。
 
 
イメージ 6もちろん動画も見つけたよ
 
イメージ 5
 
▲今日のソウルは雨降りでした 散らかったチラシが郷愁をそそっています
 
ちなみにA4サイズ片面フルカラーでコピーされたチラシは4500枚あったそうです(コピー用紙は500枚でひと包みだから、えっと たくさんですね)
ところで雨降りとはいえ”東和(トンファ)免税店”といえば大勢の”中国人観光客”で賑わっているはずなのに人通りがありませんょ
 
 
警察は2人について、無断で建造物侵入の疑いを適用して調査を行った。
調査名分は、建造物侵入罪違反だが、警察は二人を逮捕して移送する過程で朴大統領風刺ポスターを作った経緯などについて質問したもようだ。
イハ作家は逮捕直後<民衆の声>との通話で"建造物侵入罪として調査するとが、本質はその問題よりはポスターの内容物について問題視しためとみられる"と話した。
一方、イハ作家は同日、朴大統領風刺のポスター3万5千枚余りを印刷してソウル市内のいたるところにまく予定だった。
警察関係者は「チラシをまいた疑いが立件対象ではないが、この作家が無断で建物に入ったのが問題」と逮捕理由を説明した。一方、イハの作家は、昨年の大統領選挙を控えてパク·クネ当時の候補を白雪姫に例えた風刺ポスターを作成つけた疑いで起訴されたが、国民参加裁判で無罪を宣告されたことがある。
 
 
 
(翻訳:みそっち)
 


 
 
まず題材となったのはトンマッコルって映画ですね、ちょうど去年にカキコしてありました、2005年の映画のようです。
 
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
▲朴大統領は映画「トンマッコルへようこそ」の登場人物のように花柄のトップスと青のスカートにした韓服姿で頭に花を挿している。
 
 
イメージ 11
 
▲背景の写真はこれかな?
 
 
白雪姫の風刺画っていうのはこれ
 
 
イメージ 8
 
 
そのほかの作品にはこんなのも
 
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
これね、産経新聞のひとが話題になってるでしょ、それで刑札に捕まれば有名になれると思ってやってるみたいですよ ※安重根も同じ
年に1回くらいの作家生活では話題の人になれないんですけどね、