minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

最前線部隊で兵隊が銃を...小学生がそれを。

 
 
坡州で訓練途中、銃器紛失、民間人が拾って返して
 
民間人が拾う⇒それを小学生が撮影してママに知らせて⇒ママが警察に通報しますた
 
 
イメージ 2[国防ミーナ]軍部隊の訓練のうち紛失した銃器を民間人が拾ってくれたことが起きた。
21日、軍によると、20日午前8時20分ごろ、京畿道高陽市のある部隊所属のA兵士(上等兵)は軍の輸送車両を乗って訓練場所に移動中、自分のK-2小銃を道に落とした。
紛失した銃は、民間人が拾って近くの隷下部隊の衛兵所に伝達して30分ほどで回収された。
この過程で民間人が銃を持っている姿を、ある小学生がスマートフォンで読み取って親に伝送し、親が警察に通報して紛失したことが分かった。
 
軍は、ここ数日間訓練が継続され、該当兵士が移動中についうとうとする小銃の吊り紐が解けて紛失したものとみて、正確な紛失の経緯を調査中だ。
 
 
 
(翻訳:みそっち)
 


 
 
だいたい”毎日ふたりぐらい”の脱走兵も
 
'毎年少なくとも11件、銃器・爆弾など紛失事件発生'、'訓練中'落伍、20キロ離れたインターネットカフェで検挙。'
 
 
イメージ 5[国防ミーナ]この2012年8月、全羅南道長城の某マンションで現役陸軍大尉が武装脱走後、銃器で自殺をした。一ヶ月後9月、金浦(キムポ)の某部隊の一等兵武装脱走しており、今年初めの1月、羅老号を警戒中だった軍人が武装脱走をしながら、ひとしきり騒動が起こった。
セヌリ党のユ・ギジュン議員が発表した資料によると、2008~2012年上半期4年6ヵ月間、約3469人の軍務離脱者(脱走)が発生したことが分かった。
これを1年平均で割ると約700人余りで1日平均2人が脱走していることになる。
 
12日、江原道中部戦線k2小銃と空砲弾を所持した兵士が脱走した事件が発生して、周辺市・軍と地域警察と軍部隊が非常がかかって主要道路に検問所を設置するなど、脱走兵を探す捜索で一時騒ぎが起きた。
同日、当該部隊は午前9時に江原道華川郡の某地域で始まった戦術訓練評価の中で、キム某(21)一等兵が実弾を所持したまま武装脱走をしたものとみて、大々的な捜索に乗り出した。最初k2小銃と実弾3発を持って武装脱走したというが、脱走ニュースが出た後、国防部は実弾ではなく、空砲弾13発と訂正した。
本紙の報道(4月12日付報道)後、脱走兵のキム某一等兵は事件発生12時間45分ぶりに華川郡所在の某ネットカフェで検挙され、k2小銃、空砲弾の全体を回収した。
しかし、軍は最初に報道されたk2小銃、実弾や空砲弾を持って'武装脱走'した事実を覆し、"脱走ではなく、訓練中'落伍'したことが明らかになった"と当初の内容を覆した。
続いて部隊関係者は"キム一等兵が普段の体が弱かった"、調査を通じて正確な脱走の理由を確認することを明らかにした。
 
その疑問は先に検挙された場所だ。この部隊の訓練場所とはなんと20キロ近く離れた位置で、軍が主張する落伍と断定するには離脱時間も13時間に近い。さらに、検挙された場所がネットカフェという点も落伍したという国防部の立場とは真っ向からぶつかる。
これまで軍は組織の特性上、事件・事故が発生しても、一定部分軍内部の捜査が終わった後、国防部報道官室などを通じて事件内容を知らせるためにもし軍が望まない内容である場合、いくらでも該当内容を縮小、隠ぺいさせることができる。'天安艦事件'などを例から見ると、その疑惑が絶えないのだ。
今回の事件だけを見ても、訓練中12時間45分間練習の隊列から離脱したということ自体が疑問トゥソンイン状況と同時に軍の主張する落伍者のキム一等兵が12時間が超える時間まで部隊に復帰せず、ネットカフェにいたというだけでも脱走と解釈されるが、検挙した後、短い時間に訓練中の落伍だったと断定した。
兵士の武装脱走が単純訓練落伍によって、検挙場所が旅館部屋からインターネットカフェに変わるなど、事件を縮小、隠蔽する意図があったという疑惑から自由ではない。これは国民を愚弄する行為だと言っても過言ではない。
もちろん、予想できない突発の変数があったかもしれない。しかし、軍は他のその他の事件のように対外的に公開された状態であることにもかかわらず組織の特性上、捜査全体を公開せず、一部を公開したり、または時間を引き延ばして捜査を終結する確率が高いとみられる。
このような面で、軍は変化しなければならない。特に、事件・事故を果敢に公開化することとして、今後、繰り返されて発生する事故についてあらかじめ予防することができる効果を上げなければならないだろう。軍であるため、これを縮小し、非公開とすることにはすでに軍の様々な社会的犯罪は社会の底辺に深く位置しているためだ。
今回のキム一等兵の脱走疑惑についても、軍は脱走兵を検挙し、短時間にこれを単純に訓練落伍によって断定されたことは事件を縮小しようとする意図に映る可能性がおり、これについても徹底的な調査が伴わなければならない。
軍人が銃を持って脱走した場合、これは当然武装脱走で、それは'銃器管理がずさんだ'ということにつながり、大型事件につながる可能性もある。'、軍の規律弛緩'で、軍全体の地位を下落させることができるというこの自体を教育システム化して兵士たちの教育でつながなければならない。
特に最近、北朝鮮が'休戦協定破棄'を宣言した以後、韓国に対する挑発を公式化し、'核罨法'、'核の火の海'などの発言を躊躇しないこの時、自分の家族と国家を守らなければならない軍人がこのように無責任な行動をしても言い訳一言二言で終われば、兵士たちの罪悪感に深刻な影響を与えて国民の不安感もさらに加重されるだけだ。
昨年10月2012年の国政監査で、セヌリ党のチョン・ヒス国防委議員は、国政監査資料を公開しながら、銃の管理不十分によって、この2007年から2010年まで毎年11件ずつ発生し、2011年13件、2012年8件を含めば5年間53件の盗難事件が起きたと明らかにした。
軍の性犯罪も深刻な水準だ。資料によると、この2009年236件、2010年338件、2011年426件、2012年上半期199件などここ3年間1226件が発生し、歴代最大の事故件数を記録した。性犯罪の大半は、軍の領内で発生した290件に比べに、領外の936件が大幅にリードしている。
それ以外にも軍犯罪は、暴行、飲酒事故、酒暴、自殺など数多くの問題が山積みされていて、毎年マスコミの指摘と国会の国政監査を通じて世の中になって明らかになっているが、この不名誉な統計に軍はすでに慣れている。
これに対して、チョン議員は"一連の事件を総合すると、軍の規律弛緩が度を越え、蔓延しているものとみられる"、"国防部は軍綱紀の乱れに責任感を持って予防に力を尽くして国民の信頼に応えている軍に生まれ変わるように原"と指摘した。
2012年1月基準で、大韓民国の軍人は計63万9000人(在韓米軍2万8500人は別途)で陸軍50万6000人、海軍6万8000人、空軍6万5000人だ。
 
 
(翻訳:みそっち)
 
 
 
 
イメージ 1
  
銃番号なんかを覚えなきゃならないわけじゃないですけどね、それでも最近の鉄砲は短くって衛兵が持つと格好悪いんです。
 
イメージ 3台湾の衛兵交代式の鉄砲はM-1ガーランドの着剣して黒染めをニッケルメッキにした特別製だそうですよ、しかも米式の銃剣は短くて格好が悪いからニホンの30年式銃剣を付けているんだそうです。(ヤヤウソ)
 
衛兵さんが居眠りしちゃうのはよくありそうだけど”移動中のクルマから落としちゃう”っていうのはなんだかホノボノしてますね。それを拾った村人がガヤガヤしてるところを今時の小学生がスマホで撮影なんて現代風じゃないですか。
 
 
 
 
イメージ 4
 
いいんだってばぁ