minaQのつぶやき 네토미나

実はお酒飲めないんです ウソ

被害者専用の警察官を新規配置





被害者担当の警察官の配置

これまでの”犯罪者優先”の警察から”被害者担当警察官”を配置
警察のイメージは? ”悪党の上前をはねる行政機関” なるほど
この部署だと副業ってどうなるの? とーぜん被害者から受け取るでしょ


イメージ 1[警友ミーナ]警察庁は、本庁と地方庁、警察署に被害者専用の警察官209人を新規配置したと、12日明らかにした。
被害者担当警察官に選抜された人員のうち33.5%は、心理カウンセリング関連の資格を1つ以上保有しており、32.5%は調査部門で勤務した経歴がある。
これらの事件受理時から事後回復するまで強力事件、暴力事件、交通死亡事件などの被害者を保護·支援する業務を担当する。また、 現場警察官を 対象に職務教育と広報活動を実施する。警察庁は同日、 西大門区本庁 大講堂で被害者専用の警察官の発足式を開催した。

事件の初期、被害者の心理安定を誘導した後、関連機関·団体と連携して、経済的·法律的·医療的支援を受けられるように情報を提供する。高齢者·児童など社会的弱者であれば、連携機関に直接同行したり、支援申請手続きを代行してくれる。 事件進行段階では、必要に応じて身辺保護措置をとることにした。事件処理後も通常の日常復帰のために定期的に被害者と連絡する方針である。
ガンシンミョン警察庁長官はこの日の発足式で、「犯罪被害者を最初に接して被害者保護のゴールデンタイムを担当する警察が彼らの痛みに 共感して涙を拭いなければならない」とし「「すべての警察官」が被害者の保護が警察の基本的な任務を 深さ認識して、それぞれの分野で被害者の保護に最善を尽くさなければすることがあり、 今日発足した被害者担当警察官は追加的かつ専門的な保護·支援·相談·連携サービスを体系的に提供して隙のない保護が行われるべきものである」と述べた


(翻訳:みそっち)



警察官の副業といえば犯罪組織に捜査情報を横流しするのが一般的ですが、どんな業種が警察官に便宜を与えているかというとやっぱり飲食店からはじまって風俗店というのが一般的ですね、なかには自分で経営をはじめちゃうのもいたりして、韓国では公務員の副業は原則的に禁止していますが奥さんが経営者ならば問題ないというのがもっぱらのウワサです、とくに違法な風俗店などに現職の警察官が出入りするというのは問題もありますが”利用者”からみると”警察も公認してる”ということで安心感ってものがあります。
悪いことをしても警察官はそのほとんどが”転勤”程度で現職に留まりますから場所を変えたところで同じことを繰り返すわけです。
難しい試験を受けて偉い警察官から始めた人はすぐに偉くなりますが”昇進試験”というものに批判的な意見のある一般のヒラ巡査(9級~)はそのまま偉くなることもなく一生を終えます。ところが中堅どころの警部補級あたりになると”上昇志向”が強いため”金蔓”をつかむとなかなか手放しません、それでも移動があったりすると”申し送り”するんだそうです。

デモ隊などを相手にする警察は”義務警察”といわれる徴兵がわりの警察勤務ですからお給料は10万ウォンでいくらでもあつまるのです。彼らに与える仕事のためにソウル市などでも”違法デモ行為”を黙認していますよね♬



イメージ 2

体育館建設現場崩壊事故では警察と消防から大量の人がやってきました


イメージ 3

体育館の建設再開は現在のところ未知数だということです


イメージ 4

イメージ 5

まさに1mごとにひとりを配置するという”人間現場封鎖テープ”状態なの





イメージ 6

なに?