minaQのつぶやき 네토미나

嫌韓(いやかん)ってホントはどうなの?

ナイロン患者に入院認定基準



”ナイロン患者”防ぐ、入院基準を設定するぞ

韓国型過剰入院詐欺常習者に大ダメージ、もう入院できないの?
入院しながら仕事にゆくツワモノまで、保険料の上昇はアナタが原因


イメージ 1[ソウルミーナ]金融当局が'ナイロン患者(虚偽・過多入院保険詐欺容疑者)'を防ぐため、軽微な疾病や傷害に対して入院基準を作ることにした。 自動車事故が軽微なのにも過大な修理費を要求しないように軽い事故の修理基準も作られる。
また、修理費が高価の外車を利用してレンタル費をたくさん受けてもらうために、不当に修理を遅延させれば、遅延された日数分だけレンタル費から除外される。


イメージ 2

환자를 범죄자로 만드는 보험사기  患者を犯罪者にする保険詐欺
金融監督院と生命保険協会、損害保険協会が2012年、ソウルと主要都市の市内バスに貼った'保険詐欺の根絶広告'。

金融監督院は14日、保険詐欺を根絶するための特別対策を発表した。 金監院は保険詐欺が起きやすい制度上弱点をあまねく手入れするという計画だ。 保険約款に入院の基準が明確に規定されておらず、医師や患者が保険金を手にしようと気になれば、いくらでも長く、反復的に入院できる問題があった。
最近、保険詐欺は自動車保険詐欺の取り締まり強化で生命保険と損害保険の方に偏る現象を見せている。 ナイロン患者の保険詐欺は2012年443億ウォンから昨年735億ウォンに急増した。

金監院は、来年上半期までに最高裁判例や外国の事例をもとに通院治療をできるのにも'ナイロン患者'になりすますができないように軽微な疾病や傷害に対して具体的な入院認定基準を作ることにした。

整備業者や事故の被害者が誇張しやすい自動車修理費も基準を作ることにした。 特に、事故が起きれば、最も頻繁に交換するバンパーを対象に研究用役を実施し、ある程度が交換しなければならない水準か基準をまとめる予定だ。
外車事故が起こった時、過度なレンタル費と未修理の修理費を請求する問題も改善する。 現在、1事故当り外車のレンタル費は平均56.5万ウォンで国産車(12万ウォン)の5倍近くになる。 金監院は不当に修理を遅延させれば、レンタル費の支払いで遅延日数分だけ移動させるなどレンタル費の支給基準を設ける予定だ。

今後は保険詐欺常習者のリストに上がれば、かなりの経済的不利益を受けることになる。 今までは保険詐欺で罰金を出したり、懲役になっても、保険加入に制限がなかった。 これからは、保険詐欺で裁判所の有罪確定判決を受けた人は金融秩序を乱す者として登録される。 金融秩序を乱す者に上がると、事実上、保険加入が難しくなる。
 
金監院は保険詐欺の関与の可能性が大きな保険契約者を常時監視するシステムを構築して、保険詐欺容疑者の関連性を分析するSNA(Social Network Analysis)技法を2016年までに導入することにした。 SNAは、病院、保険設計士、患者、整備業者、レンタカー会社、自動車保険被害者、加害者などを関連分析して、保険詐欺を摘発する手法である。
今年は特別調査チームを稼動して病院の虚偽の診断書発行、保険設計士の詐欺ブローカー行為、整備業者の修理費の過多請求を集中点検する予定だ。 生物・損保協会が運営中の保険加入の内訳照会システムを改善して、過度な保険加入を事前に遮断することにした


(翻訳:みそっち)



ナイロン患者:よそのカキコ 韓国損害保険裏話-ナイロン患者

これはね、入院患者から反対の声が出ますよ、保険業界ではこんな問題が最初からあって保険料率で一律の割引率が撤廃されたりしたんですが、”保険金詐欺常習者”の扱いは何ら変わることがなくて何度でも入院を繰り返すことができたり、保険の事後加入による事故補償まで実現してますからものすごいスピード社会ですよね(保険に入る前に保険金を受け取りそのお金で保険料を払うと言う荒業もある)

これはもうひとつ、保険代理店や医療機関も反対しそうです。保険代理店では他社の保険がヤバくなっていても加入させればお手当がもらえるわけですよ、そーいうわけで詐欺常習者っていうのはイイお客さんなのですね。医療機関にしてみると”治療費”の支払いが確実な”お客様”ですから何ヶ月でも入院して欲しいのですね(入院患者水増しのために病院職員の家族なんかが入院名簿に出てくるんだって)

そして保険詐欺ではクルマの修理屋さんも大事ですよ。自分のお金で車を直すと言う習慣は韓国人にとって無縁ですから、単独自損事故でも”レンタカーを借りてきてぶつける”というのは一般的なことなのです。そんなでもレンタカー業者はクルマを貸すことが業績ですからじゃんじゃん貸すのですね。ワクワク

兼業してて、保険代理店もやっているレンタカー業者だとしても、”両方をやっているのは経営者”なわけですよ、そうなると大損になるのかなと思いがちですが、使われている社員にしてみればレンタカーの事故は”お客”の責任であり、保険の大事なお客様でもあるというわけなのでしょうか。 これが結局保険料の値上がりにつながりますが、外資系の保険会社はそ〜いう事情を知らないで韓国にやってきますし、外資系保険会社でも窓口の社員は全部韓国人ですからなんの不思議も感じないわけです。
保険料の割引等級も保険会社を変えればふりだしになるっていうのも韓国型ですね♪

韓国人に保険なんてこと教えちゃったのはいったいどこの国よ   ハイ


イメージ 3

やーやーやー




韓国の首相、お金を受け取っていていよいよ辞任間近