minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

漁船転覆、やはり地元体育館にボランティア殺到



おととい韓国で釣り船が転覆したのですよ

韓国の済州海洋警備安全署は6日、海洋警察が同日朝6時25分ごろ、済州島北方の楸子島沖で釣り船「トルゴレ号」(9.77トン)が転覆しているのを発見したと明らかにした。船には20人前後が乗っていたとみられ、これまでに3人が救助されたが、10人は遺体で収容された。その他の人は行方不明で、捜索が続いている。
現地の報道によると、当局に提出された乗船者名簿には22人の氏名があったが、このうち4人は実際には乗っていなかった。また、救助された人のうち1人の氏名は名簿になかった。
トルゴレ号は5日夜7時ごろに楸子島を出発し、全羅南道の海南郡に向けて航行していたが、出発から44分後に連絡が途絶えた。救助された3人は病院に搬送されたものの、命に別状はないという




釣り船の転覆事故にもボランティアが続々集結中

計17団体156人の大所帯に


イメージ 1[キムチミーナ]楸子島(チュジャド)の釣り舟転覆事故の犠牲者遺族たちを助けるためで、海南で殺到したボランティアたちの行ないが悲しみの中でも暖かい温情を伝えている。

チョングンオ(58)海南消防署の義勇消防隊事務局長とキムマルリェ(女・60)大韓赤十字社海南三山面の地区協議会書記一行がその先行の主人公たちだ。

イメージ 2

▲この場所でボランティア活動をしている」とし「行方不明者の捜索が終わるまで会員が交互に奉仕活動に乗り出す計画だ」と伝えた 自分たちの食べる分もコレ


チョン事務局長は、ここ7日午後ドルコレ号事故の行方不明・死亡者家族の待機所が設けられた全羅南道海南(チョンラナムド・ヘナム)にある多目的生活体育館を訪れ、トイレの掃除とゴミ拾いなどボランティア活動を開始した。
ごみを拾ってしばらく休みながらも"心がよくない"と嘆いた。 彼は昨年、セウォル号惨事の当時も、珍島(チンド)体育館や彭木港で犠牲者家族のそばを守った。
農民のチョン事務局長は農事をしている中でも、隊員たちと交互に彭木港を訪れ、春から秋に季節が二度変わるまでボランティア活動を続けた。

イメージ 8

▲行方不明者家族のための事故縁故者の待機所も多目的生活体育館に設置された
郡の職員がそれ出番とばかりに横断幕まで用意して張り切っている。


2007年12月には原油流出事故が発生した忠清南道泰安(チュンチョンナムド・テアン)沖合いを訪れたこともある。 チョン事務局長は再びボランティアに乗り出した理由を聞くと"ニュースを見るやいなや、来なければと思った"、"やむを得なかったよ"と話した。

家族を失った彼らを慰めて守るのに何の理由が必要かという反論だった。 遺族などの食事の準備に忙しいキムマルリェ会長も昨年、彭木港から救護給食ボランティア活動を行った。 キム会長は"セヲル号惨事当時、飲み食いができなかった犠牲者の家族たちが徐々に食事を召し上がる時に感じた甲斐を忘れられない"、"ドルコレ号家族たちも元気を取り戻してほしい"と願った。


イメージ 3

▲この7日まで、家族の待合所を訪れたボランティアは計17団体156人に達する。 まだ"家族の気持ちでやれます"という言葉と細部規則が書かれたボランティアの受付所には、申請者の足が絶えていない。






海南郡'事故収拾対策本部'運営

ー買って縁故者は待機所の設置:合同焼香所も検討
海南郡'事故収拾対策本部'運営 事故の縁故者は待機所の設置:合同焼香所も検討


イメージ 5[キムチミーナ]全羅南道海南郡が済州道チュジャ島海域で転覆した海南(ヘナム)船籍の釣り船'ドルコレ号事故収拾対策本部'を設置、運営に入った。

海南郡は6日午前パクチョルフヮン郡長を本部長と対策本部を構成してに現場支援本部を設置した。 全職員従業員は非常勤務中だ。
郡は死亡者の遺体が事故現場に最も近かった海南(ヘナム)に移送されたことによって葬儀場7ヵ所と移送車両を準備した。 海南邑の多目的体育館に遺族の待合所も運営中だ。

イメージ 4

▲ボランティアのあたらしい聖地となる海南郡多目的生活体育館

現在まで、死亡者は10人が確認されており、4人は海南病院、4人はウリ病院、2人はウソク病院に安置された。郡は身元確認の手続きを経た後、遺族らと葬儀の手続きを議論し、一方で、合同焼香所の設置も検討中だ。
行方不明者家族のための事故縁故者の待機所も多目的生活体育館に設置された。
事故対策本部には、同日午後、行方不明になった家族の生死を問い合せするための家族らの列が続いている。


イメージ 7

どうか生きていることだけを望みながら飛んできた家族たちは死亡者名簿に家族の名前が含まれたことを確認して床に座り込んで嗚咽した。多目的体育館は、行方不明者家族20人余りがTVニュースを見ながら首を長くして家族の知らせを待っている。

イメージ 9

▲すでに生活資材や食料品などが大量に運び込まれている。

イメージ 10
イメージ 11


事故対策本部が設置された海南郡庁会議室には海南郡をはじめ、海南(ヘナム)消防署、海南警察署、陸軍31師団など関係機関の職員50人余りが非常勤務をしている。
死傷者が多く発生した釜山市と全羅南道からも担当公務員が派遣され、支援に乗り出した。

事故対策本部はドルコレ号乗船名簿と、実際に船に乗った人員が合わず、一時混乱した姿を見せたりもした。 事故対策本部の関係者は"郡庁公務員とボランティアたちが今日未明から非常勤務をしている"、"遺族や行方不明者らに迷惑をかけないように最大限支援する"と話した。


(翻訳:みそっち)



釣り船の転覆事故にボランティア殺到っていうのを喜々として報道する韓国のニュース社と、珍島体育館の惨状をよく知っているニホン側読者による一歩離れた現場の盛り上がり具合について、朝日(チョウニチ)新聞あたりの論説が、”失われてしまった助けあいの心が残る国”なんていうタイトルが出てきそうな予感がします。


イメージ 12






イメージ 6