minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

9月10日は韓国名物"自殺予防の日"だって



飛び降り自殺、頻繁な昌原(チャンウォン)馬昌(マチャン)大橋、なぜか。

ㆍ2008年開通後27人投身…今年も5人死亡して
ㆍ"手すり高さ1mと低く、安全施設の補強など必要"


イメージ 1[憂鬱なミーナ]慶尚南道昌原市馬山合浦区架浦洞と城山区貴山洞をつなぐ馬昌大橋 。 高さ64m、長さ1.7キロの橋の下に馬山(マサン)の海が広がる馬昌(マチャン)大橋は2008年7月に開通、昌原(チャンウォン)の'ランドマーク'に数えられる。 しかし、橋が開通した後、不祥事が続いている。

先月27日と28日、大邱(テグ)に住むイさん(29)が自ら命を絶とうと二回、騒ぎとなったところだ。 イ氏は1mの高さの欄干を越えて上機嫌でお酒を飲んで30分間、警察と対峙した。

自動車専用道路である馬昌(マチャン)大橋は停車が許容されていないが、イさんは、車を止め、投身を試みた。 警察と119救助隊は、橋の上でイさんを説得して、海上では昌原(チャンウォン)海洋警備の警備艇3隻が待機した。
幸い、警察の説得でイさんは飛び降りるのに失敗した。

馬山中部警察署地区隊と海洋警備の水上警察は"最近、他の地域から遠征に来て、投身しに来る"、"忘れたころに投身の申告が入ってくる"と話した。

イメージ 2

▲先月28日、馬昌(マチャン)大橋馬山方面の中間地点の欄干の外の床から飛び降り自殺を試みる人と警察が対峙している。 馬山中部警察署提供


馬昌(マチャン)大橋で飛び降り自殺が相次ぎ、'自殺大橋'というレッテルが貼られるほどだ。 2008年の開通以来27人が投身し、26人が命を失った。 投身して生存しても、怪我や、脳の破裂など後遺症で、結局死亡した。 今年だけで5人が死亡した。

イメージ 4馬昌(マチャン)大橋は手すり高さが1mと低い。 このために瞬間的に飛び降りする状況が発生しても、阻止に限界がある。 警察や海上警察、自殺予防の専門家らは"欄干を高めるなどの施設の補強が必要だ"と指摘している。

馬昌(マチャン)大橋管理運営会社である(株)馬昌(マチャン)大橋は、従来の閉鎖回路(CC)TVを4台から12台に増やした。 レーダーセンサー・追跡カメラの設置など、感知システムを導入して、時速30キロ以下で徐行する車に対して警告放送をしている。 投身者がタクシーを主に利用するという点で昌原地域のタクシーの運行組合に投身の疑いのある者の対処要領などを広報して24時間安全パトロールを2時間間隔で1時間間隔で縮めた。

しかし、馬昌(マチャン)大橋側は欄干を高さは、根本的な対策には消極的だ。 馬昌(マチャン)大橋側関係者は"道路安全施設物設置および管理指針上、道路脇の欄干は1mに決めておいているのでその基準で建設した"、"手すり高さなど施設の補強の問題は、橋の安全と予算などの問題がかかっており、総合的に検討しなければならない"と話した。 慶尚南道は"現在、馬昌(マチャン)大橋側や手すりの整備など、安全対策を協議中"と明らかにした。



(翻訳:みそっち)




名所なんですよね ソウルの漢江に架かる名所でもちょっと動きがありました



麻浦(マポ)大橋'生命の橋'、来る9月から運営中断

"元気?""ご飯は食べた?""たくさん大変なんだね。""言わなくても分かるよ。"


イメージ 3[朝のミーナ]'飛び降り自殺1位'の不名誉なイメージを改善するためにソウル市と三星生命が協力し、麻浦(マポ)大橋に設置した'生命の橋'が9月からは見られなくなる。27日、ソウル市によると、三星生命は、最近、ソウル市に"低成長、低金利状態が持続される厳しい経済状況の下で経営危機に備え、コスト最小化に向けて生命の橋事業を中断しなければならない状況"と公文書を送った。

生命の橋事業:夜中に人が橋を渡ると、これを感知するセンサーで足元を照らし声をかける仕組み、それに対する交換費用、既存のインストールされた造形物の管理・維持費用等に年間1億ウォンがかかる。三星生命は、企業の社会貢献、イメージを向上する次元でも費用を喜んで負担してきた。
 
三星生命はまた、生命の橋の運営と管理を今年9月を最後に終了すると明らかにした。麻浦(マポ)大橋生命の橋は2012年9月橋1.9km両方の歩道の手すりに希望的な文言を入れた文句を刻んでおいて造成された。当該事業が、各界から関心を集めると、2013年11月には漢江大橋にも生命の橋が設置された。 
 しかし、三星(サムスン)生命が生命の橋運営中止を宣言し、ソウル市は、ほかの方式投身の防止施設を設置しなければならない立場になった。
 

イメージ 5

 
市は生命の橋事業推進中にも、最近5年間、麻浦(マポ)大橋で飛び降り事故が最も多く発生して新たな自殺予防対策の必要性が提起された側面もあると説明した。
 
2010年から昨年までここ5年間、漢江(ハンガン)橋から飛び降り自殺を試みた人は総勢1千422人に上り、このうち269人が死亡した。
 
橋梁ごとでは麻浦(マポ)大橋から投身を試みた人が全体の28.3%(353人)を占め、漢江大橋(8.8%)、西江(ソガン)橋(6%)、元曉(ウォンヒョ)橋(4.9%)が後を継いだ。
 

イメージ 6


ソウル市は今年末までに、生命の橋に代替する投身防止施設を、麻浦(マポ)大橋に設置することにし、来月5日から24日までヌリジプ(http://www.seoul.go.kr)で、市民アイデアを公募する。
 
以降、アイデアを審査して7月中旬に当選作を発表して8月末まで実施設計を経て、9月から着工する計画だ。 事業費としては7億ウォンが策定された。
 
市は"漢江(ハンガン)橋での投身を直接的に防止して、楽しむことが通りと享受する通りがある生命の空間として再誕生させたい"と話した。






っということなんですね、あの橋の欄干にハングルが書いてあるアレですけどね



イメージ 7