minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

やばっ 6年目に財団破綻のお知らせ





これは恥ずかしい、MBの借金のために'清渓(チョンゲ)財団'閉めるか

ㆍ個人の借金返済のため50億融資…結局、150億財団ビルの急売
ㆍソウル市教育庁"11月1日まで返済しなければ設立許可の取り消し"


イメージ 1[がんばれミーナ]奨学財団'清渓(チョンゲ)財団'が設立者の李明博(イ・ミョンバク)前大統領の個人の借金のために存続中止の危機に追い込まれ、財団所有ビルの売却を推進していることが確認された。

パクホングン新政治民主連合議員が20日に公開した資料を見ると、清渓(チョンゲ)財団は、この5月、市価150億ウォン相当のソウル瑞草区良才洞(ソチョグ・ヤンジェドン)に所在の日英ビルを競売に出した。 このビルは瑞草洞迎浦の大明主ビルとともに2009年、イ元大統領が清渓(チョンゲ)財団設立に向けて出捐した建物である。

この前大統領は2007年の大統領選挙直前BBK、実際の所有者の疑惑が提起されると、全財産を出すと約束して2009年7月に鑑定価格395億ウォン台の建物3軒を出捐して清渓(チョンゲ)財団を設立した。
当時、李前大統領は2008年の千信一(チョン・シンイル)元(チョン・シンイル)セジュンナモ旅行会長への借金を返すため、ウリ銀行から融資を受けたお金30億ウォンを清渓(チョンゲ)財団の寄付資産に処理した。
この借金を返済するために清渓財団は再び50億ウォンを借入し、利子を返済している。 清渓(チョンゲ)財団が日英ビルを競売に出したのは、財団が借入金50億ウォンを今年11月1日まで返済しないならば、設立許可を取り消すというソウル市教育庁の方針のためだ。
清渓(チョンゲ)財団は当初、2012年9月21日まで返済する条件で設立許可を受けたが、ムン・ヨンリン元教育監時代、償還期間が一度延長された。

清渓(チョンゲ)財団は現在10%割引された価格で売買を進めている。 財団理事たちは財産の損失を懸念していたが、設立計画を撤回の期限が迫って、他の代案を見つけることができなかったことが確認された。

パク議員は"奨学会が元大統領が負った借金のために生じた借入金問題を解決できず、設立計画を撤回に追い込まれたのは恥ずかしい現実"と話した。
この前大統領側は"景気が悪いが2~3年前から建物の売却努力は続けてきた"、"教育庁が設立許可を取り消すことは容易ではないだろう。 法的に考えてみる余地もある"と明らかにした。


(翻訳:みそっち)



前大統領が2009年に全財産を財団にしちゃうという人気取り作戦で作ったのが清渓財団ということです。この財団は奨学金”貸し出す”のが目的でしたが、財団は大統領の借金も一緒に背負うことで設立されました、その額は50億ウォンね。
大統領の任期が終わると、スポンサーだった韓国タイヤが寄付金をやめたりして経営があやしくなっていったのです。
そして建物を売って借金を返済しようということになったのが去年のこと、ところが買い手が出てこないのです。お手上げ状態なのですね   うひひっ



イメージ 2