minaQのつぶやき 네토미나

嫌韓(いやかん)ってホントはどうなの?

韓国が作りたい戦闘機はインドネシアに売れない?


KF-X事業、韓・インドネシア・共同開発も不可能"

三者と技術共有の場合、米政府の事前承認を受けなければならない
インドネシアは、米国の支援対象国から除外、AESAレーダーも開発不可能


イメージ 1[国防ミーナ]正義党が12日、社会的争点として浮上した韓国型戦闘機開発事業(KF-X)に対する2次真相調査結果を発表した。

金鍾大(キム・ジョンデ)、正義党国防改革劃団長は同日、国会で記者会見を開き、"米国の牽制に、韓国政府が構想している韓国とインドネシアKF-Xの共同開発という事業の構図そのものが実現が難しい"、"技術を供与されている国が自国防衛の目的から外れて使用することを米国兵器輸出法が統制している"と明らかにした。

米国は韓国に21つの分野のKF-X関連技術を提供することに関連法規は条件を明示している。 兵器輸出関連法人AECA(Arms Export Control Act)とFAA(Foriegn Assistance Act)は、技術供与時は当該国が正当な自国防衛だけに使用したり、UN憲章に明記された集団的・地域的な防御に正当に使用するように規定している。 韓国政府が正当な自国防衛目的で戦闘機を開発する場合にのみ関連技術を提供できるという話だ。

ここに加えて第3者と技術を共有するには必ず米国政府の事前承認を受けなければならない。 AECAとFAAは被供与国が、装備及び体系を、米政府の事前承認なしに第3国に譲渡することはできず、第3者譲渡について米国の事前承認を受け同意する場合にだけ、米国は、防衛産業技術を提供すると明記している。

総合すれば、米国の防衛産業技術と装備移転は、支援を受ける対象国家、つまり韓国にだけ適用されるものであり、インドネシアと共有するには米国政府の事前承認を確保しなければならない。 ところが、インドネシアは過去にハマスと、アルカイダとの関連性によって米国の協力対象から外されている国家だ。
韓・インドネシア・戦闘機の共同開発契約が締結されたとしても、米国国内法による事前承認手続きによって実現されにくい仕組みであることだ。

正義党が確認してみた結果、現在防衛事業庁は、韓・インドネシア・共同開発による技術共有について、米国から事前承認も受けていない状態だ。 米国との協議は防衛事業庁防衛産業技術統制官室が担当するが、米国政府が韓国・インドネシア・共同開発を認めるように米政府と合意したことがない。 米国大使館も韓国・インドネシア・共同開発と関連して'韓国政府が、米政府と技術移転の問題を合意したという話は聞いてみたことがない'と確認した。

キム団長は"万一、韓国がインドネシアと戦闘機を共同開発するため、米国から主要戦闘機技術を移転を受けた場合、米国務省と国防部、商務省など関連機関が全部技術移転に同意しなければならない複雑な手続きが待っている。 これと関連して米国はいかなる例外も許可していない"と強調した。

また防衛事業庁と国防科学研究所が2025年KF-Xの実戦配備まで自社開発が可能だとしていた能動型位相アレイ)レーダー(AESA)などは重ねて国内開発が不可能だと指摘した。
キム団長は"国防科学研究所がマスコミを対象にしたAESAレーダー開発計画を公開し、実体の実演を進めたが、追加で確認したところによると、昨年の防衛事業庁傘下の国防技術品質院(DTAQ)がKF-X技術的準備状態を評価し、AESAレーダーは、国内の技術開発が不可能なので、海外から導入を推進して赤外線標的追跡装置(IRST)も技術開発が妥当性がないため、海外から技術を導入して生産しなければならないと結論を下した事実を確認した"と説明した。

韓国科学技術企画評価院(KISTET)、国防技術品質院(DTAQ)、韓国国防研究院(KIDA)など、すべての専門機関がともに核心技術の国内開発が不可能か妥当性がないという結論を下したが、ただ国防科学研究所一人だけが2025年までに核心技術開発と戦闘機体系の統合が可能だという主張をしている状況だ。
 
キム団長は"戦闘機開発において国防科学研究所の独裁体制が出現している。国防科学研究所の核心技術開発能力保有の主張は、自分が試験問題も出題して、試験の採点もするという一方的な主張で、その公信力を認め難い"と批判した。


(翻訳:みそっち)



う~ん、たしかに韓国科学技術企画評価院(KISTET)、国防技術品質院(DTAQ)、韓国国防研究院(KIDA)などが”技術供与”を受けなければ実現は無理といっていたところに国防科学研究所というところが”80%の技術を確保している”、”2025年には間に合う”と言っているわけです。
インドネシアとしてはお金を出す、KF-X来年度予算可決したってことなんですが、これは韓国の言ってるとおりなら実現可能だとおもっていているのかもしれません。
まえにCN235だったかの輸送機と等価交換したT-50練習機ですが、韓国国内仕様とちがってGPS(カーナビ)装置が輸出向け汎用GPSだったものが一足おくれてローッキードマーチン社の許可が出たので改修するという話がありました。そのへんの部分については練習機ということですから飛行場の近所の地図さえわかればあとは目視飛行するから離着陸訓練には相当程度の低いものでも間に合わせることができるわけです。
これが戦闘機となれば、もっと詳しい表示が必要になったり敵味方識別装置なんかもからんでくるのでそうなのかなぁってところです。そのへんのところを韓国はF-35を買うついでに箱の中身も手に入れて、それを応用して国内版のKFXをつくってインドネシアにも買ってもらおうってわけですが、更新された敵味方識別装置の改修さえも予算難でいつになれば実施できるのか不明だということなので。かなりいい加減だということがわかります。
インドネシアを引き止めておくためにも”アメリカ政府の許可の必要ないろいろ”が無いとダメなのに、そのへんのところは厳しそうなんですね。


イメージ 2