minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

韓国型原子力潜水艦、第一歩踏みはずす


韓国型原子力潜水艦開発も視野に入れた事業団始まる

2014年11月、大宇海洋造船が建造を開始した3千トン級潜水艦、張保皐-Ⅲ
2016年1月、ようやく設計を担当する事業団が結成される

イメージ 1[国防ミーナ]韓国海軍が3000t級潜水艦を建造するためのの事業団を発足させました。原子力推進潜水艦の開発を念頭に置いたことで知られています。

韓国型潜水艦3千トン級の張保皐(チャン・ボゴ)-Ⅲを開発するための次期潜水艦事業団が発足しました。
防衛事業庁長直属で、海軍准将を団長とする潜水艦の専門家など40人あまりで構成されました。 この2014年11月、大宇海洋造船が建造を開始した3千トン級潜水艦、張保皐(チャン・ボゴ)-Ⅲシリーズ9隻の設計と建造を預かることになります。

[キムシチョル/防衛事業庁報道官:次世代潜水艦の開発のために防衛事業庁長直属の次世代潜水艦事業団が2016年1月1日付けで新設されました。]

3千トン級潜水艦は今の海軍主力の1800トン級より潜航能力と作戦半径で二倍以上優れています。 射程1千km以上の潜対地ミサイルを海の中に隠れて発射できる垂直発射台10基を搭載して敵のレーダーと衛星監視を避けることができます。
1番艦は2018年進水し、2020年に実戦配備されます。 2、3番艦も2020年代序盤の戦力化を終える計画です。 3番艦まではディーゼル推進潜水艦だが、軍は4番艦から9番艦の動力システムはまだ決めてません。

軍の宿願事業に挙げられてきた原子力推進潜水艦の開発を念頭においたのです。 この2003年、海軍には362事業団という原子力潜水艦の開発のための秘密組織が設置されたが、周辺国の反発に押され、1年ぶりに解体されました。


(翻訳:みそっち)



というわけでしてね、通常型潜水艦はドイツから設計図とエンジン・モーターを買ってきて韓国で組み立てる式で十分なギジュちゅの蓄積ができたから3000t級のを作っちゃおうということで1年あまり前に起工式があったのです。
鉄板を切り出していましたから設計図面はどこかにあるんでしょうけども、その詳細はほとんどわかっていません。 


▲韓国の現有1800t潜水艦に搭載されているディーゼルエンジン


とくに垂直発射管部分についてはドイツ製には無いものなのでどこかの国からパクってくるしかないんですが、それがどうやらフランス製を念頭に入れているみたいですよ そういえばフランス製の3000t級の潜水艦は原子力推進でしたね。
このあいだの北朝鮮の垂直発射管による弾道弾発射実験は韓国中があせっていましたよね。隣の国にあるものはなんでも欲しくなるというのが韓国型思考なのです。

あの独島艦がベースの船体設計がフランス産ですから、そういうルートでどうにかなるんだという考えが出ていますね。※独島艦の8000馬力のディーゼルエンジンは基本設計がフランス、発電機とか排水ポンプや武装もフランス製ね

んとね、通常型潜水艦っていうのは燃料の重油をたくさん積むわけですよ、潜水艦は水中にほとんど沈んでいますから燃料が減ったら燃料タンクに海水を入れて釣り合いを保つんですね。そしてディーゼルエンジンとモーターがあって充電しながら潜水したらモーターで進むんです。
韓国では原子力エンジンだと空気の無い海中でもどうにかなりそうだと考えているらしくて3000t級の原子力潜水艦っていうハナシなんですね。お手本にしたいアメリカやロシア製だともっと大きなのばっかりですからあまりまねっこできないですよ。
そこでフランス製なのかな。
原子力エンジンと言ってもプルトニウムで軸が回るわけじゃありませんよ。原子炉の熱でタービンを回して進むんです、これわね言うなれば蒸気式なんですね、蒸気機関車のような石炭をつかうかわりの核燃料は補充がいりませんからとてもいいんですが蒸気機関車の石炭補給を思い出してください。石炭と一緒に水を補充してたでしょ。
あれと一緒で、原子力で回す蒸気タービンには真水が必要なんです。海水だと具合がわるいんでしょうね。そこに大きな落とし穴があります。原子炉ですから熱はいくらでもありますよね、海水を蒸発させて真水を作ることも可能でしょう、タービンを回した蒸気が冷めるのを待っていれば水は補給しないでも良さそうでしょうか?
タービンをまわす蒸気は高温高圧ってことになっています。タービンの向こう側まで高温高圧だとタービンは回りません。あっち側が低温常圧じゃないとダメなんです
その高温高圧な蒸気を冷まして水に戻してそれをまた蒸気にするんですね。これってあの”韓国式エアコン室内設置型室外機”というものとおなじことですよ、蒸気を水にもどすには冷やすわけです、冷やすには船体の外側に無尽蔵にある海水を使います。海の底でやっていれば敵にバレないって? そうですか。 そう思う方はそうだと思っていてください。


◇ ◇ ◇


ノムたんの時代に原潜開発計画があった 362事業って


イメージ 2[泳ぐミーナ]この2003年6月2日、チョ・ヨンギル当時国防部長官は、故盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領に核推進潜水艦建造計画を報告しました。 チョ元長官の計画は、フランスの核潜水艦シュフラン級をモデルにした韓国型核推進潜水艦3隻を2020年の前に実戦配置するということでした。 故盧大統領は、チョ長官の報告を快く承認しました。

最初の韓国型核潜水艦開発事業は、このように大統領に報告した日付を取って'362事業'命名されて秘密裏に着手されました。 計画通りなら、韓国海軍はもう核潜水艦2隻を確保したが、惜しくも362事業は1年ぶりに終了しました。 秘密事業だったが、あるマスコミの報道で外部に露出されたからです。

362事業が挫折してから11年が経った今年、韓米原子力協定が改正され、核潜水艦開発に向けた韓国のすそ狭い道が開かれました。 韓国軍も核潜水艦開発を望んでいます。 北朝鮮に致命的な脅威になる圧倒的な武器体系であるからです。 周辺国の反対、技術的限界など、越えなければならない峠は多いが、十分に挑戦してみる夢です。

●韓国型原子力潜水艦の夢、362事業
362事業は3兆5,000億ウォンを投じ、韓国型核潜水艦3隻を建造する計画でした。 2006年まで概念設計を終えた後、2007年から建造に着手して2012年1番艦を実戦配備するところでした。 2~3年間隔で2番艦、3番艦を進水するという青写真を持っており、計画どおりだったなら2015年現在は2番艦が戦力化された時点です。

事業には、海軍と国防科学研究所(ADD)、韓国原子力研究所などが参加しました。 海軍造艦壇の下362事業団が設置され、設計や乾燥、武装と関連した懸案を検討して作戦要求性能(ROC)を樹立し、ADDは潜水艦設計を担当しました。 原子力研究所は核推進機関を研究しました。
362事業を率いたムングンシク、ソルトワークス副社長(予備役海軍大佐)は"潜水艦に搭載する原子炉はロシアOKMB社の源泉技術で開発されたスマート原子炉を確保していた"と述べました。 艦体はフランスの核潜水艦の4,000トン級のバラクーダ?をモデルとしました。 文副社長は"ディーゼル潜水艦も独自に設計、製作したことない韓国が核潜水艦を建造することは、非常に難しいことだった。"としながらも、"11年が経った現在は、状況は様変わりした。"と言いました。

●韓米原子力協定改正と張保皐(チャン・ボゴ)-Ⅲ事業
そうです。 状況が変わりました。 韓米原子力協定が改正されることにより我が国もウランを20%未満濃縮できるようになりました。 20%濃縮ウランは核潜水艦の動力源として使用できる限界線です。 米国、ロシアのような国の核潜水艦は、濃縮も90%のウランを燃料で書くが、フランスの核潜水艦は、濃縮20%ウランを使用します。 濃縮20%ウラン基盤の核潜水艦も実戦能力が立証されました。
最初に、潜水艦の設計と建造にみんな私の技術が適用される張保皐(チャン・ボゴ)-Ⅲ事業が成功すれば、核潜水艦の船体も開発できるとムン副社長は主張しました。 張保皐(チャン・ボゴ)-Ⅲ事業は2020年代3,000トン級潜水艦9隻を建造する海軍最大のプロジェクトです。 現在1~6番艦の動力システムはディーゼルで決定されたが、7~9番艦の動力システムは未定です。 韓国軍は核推進潜水艦建造の希望を隠さないでいます。

●険しい核潜水艦の夢
核潜水艦は、北朝鮮に致命的な脅威です。 連続水中作戦期間がほとんど無制限です。 敵の領海深いところに長く隠れていても偵察衛星で探知しにくく、突然潜対地ミサイルで攻撃するために敵が対処する時間もありません。 米海軍の核潜水艦が国内に入港すれば、北朝鮮が激しい反応を示しているのもこのためです。
それでかならず持ちたい武器体系だが、テクニックと国際政治力学などの問題で実現不可能な夢という主張が多いです。 韓国は核潜水艦を連れていくことが超精密小型原子炉を開発する能力がなく、米国が中国、日本、ロシアなど周辺国の反発を憂慮しているという名目でわが国の核潜水艦保有を許可しないということです。 間違った言葉ではありませんが、だからと核潜水艦を放棄するには北朝鮮の脅威だけでなく、周辺国の核武装の速度が恐ろしいほどです。
中国は核推進潜水艦だけでなく、核ミサイルを発射できる戦略核潜水艦も建造しました。 性能面で落ちるのはするが、韓国海軍が3,000トン級を保有する頃になると、なかなか安定的な戦略核潜水艦を確保することが予想されます。 日本も侮れません。 すでに潜水艦に搭載しても遜色のない小型原子炉を開発して水上艦に放り込みました。 4,000トン級のそうりゅう型潜水艦はいつでも核潜水艦と変身する準備をしています。 北朝鮮核武装に血眼です。
周辺国の反発よりも、周辺国の脅威を懸念しなければならない立場です。 韓国は世界5位の原発大国です。 原子力を触る技術があなどれませんでした。 核潜水艦の夢、あきらめるにはもったいないです


(翻訳:みそっち)




というふうに、韓国脳では”原子力エンジンユニット”を通常型機関と交換すればすぐにでも原子力潜水艦が出来上がると思っているようなのです。
しかもすでに原子炉の核心ギジュちゅも手に入れていると主張してるんですね。

どころでニホンの原子力推進って ふじ?  いえいえ むつでしょ

さあ2020年だそうですからもうじきですよ。またたのしみがひとつできましたね
ぁ2020年って40だ(´;ω;`)



イメージ 3




イメージ 4