minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

済州島の電気自動車充電ステーションがもうヤバイw


廃墟になった電気ステーション、炭素ゼロのはずの済州島がひどい

2011年からはじまった電気自動車の楽園、充電器も故障で放置は当たり前
助成金でクルマは安くなってもインフラ整備は韓国人に苦手な分野


イメージ 5[NEWSミーナ]<炭素ない島>を標榜した済州島には現在、韓国電気車の40%である2千4百余台が運行されています。 ところで、多くの電気車充電施設がつぶれたり故障したまま放置されており、利用者たちが不便を訴えています。


イメージ 1

済州市郊外のある電気車充電所です。 充電器と見られないほど、さびたまま放置されています。 この2011年1億ウォンを投じて設置したが、5台のうち1台だけが使用することができます。

<録音>充電所の案内職員(音声変調):"(いつから修理しますか?) それはよくわかりません。 隣に新再生エネルギー広報館(充電所ががあります。 そこに行って。"


イメージ 2


しかし、案内を受けて訪れた充電所も状況は似ています。 5台のうち、故障した充電器が3台... 充電機1台は、壊れたまま倒れています。 安全には問題がないか確認してみました。 220ボルトの電気が流れています。 、命を失いかねない危険な状態だが、警告文一つありません。

<インタビュー>のチェ・ヨンソク(ボプアンチョン融合研究所研究企画部長):"感電死する可能性がかなり高いです。 街燈のせいに漏電して人が死亡したように、似たような現象が現れることがあります。"


済州島のいたるところで、このように使用できない充電器を容易に見かけることができます。
済州(チェジュ)韓国電力の駐車場に設置された電気車充電所です。 5台のうち4台が故障して1月中旬まで修理予定だったが、今まで不通です。 陸地にあるメーカー各社が充電器を設置した後、事後管理がうまく行かなくなっています。


イメージ 3

<録音>韓国電力の関係者(音声変調):"(陸地の)会社の人たちがやってくるのに不便なのです。 一つや二つ持って下るのが。 ASできる会社がひとつでもあれば、管理がまともになるだろうに"

済州(チェジュ)には現在、充電機の修理をできる会社が一ヵ所もありません。 電気車の使用者らは不便をそのまま抱えています。

<インタビュー>カンユンテ(済州市二徒2洞):"(充電しようと)5台ずつお待ちしてそんなこともあります。 (どれくらい待たなければならないんですか?)(一台当たり)1時間ずつ充電していれば待つことができません。"


イメージ 4


今年には電気自動車4千台をもっと普及する計画である済州道は、充電器管理問題を、民間に延ばしています。

<インタビュー>キムヒョンウン(済州島電気自動車育成担当):"管理事業者や管理を行う民間事業者らが徹底的に管理をすることにしていてます"

この2011年から済州道の電気車充電器の設置にすべて104億ウォンが入りました。


(翻訳:みそっち)



充電スタンドがひどいそうです。カードでお支払いなんですが、済州島は潮風の島ですから箱モノの傷みがすごいんですよ。自販機なんかも錆サビの真っ赤なのが置いてあったりします。
済州島は大きさが手頃ってことで電気自動車の普及のテストケースにお手頃だったのです。クルマのメーカーは作ったら売れるまでが担当ですから、補助金が出る済州島だけに電気自動車を運び込みました。充電スタンドは”韓国電力”なんかが作ったのですがこちらのノウハウがないので外部に丸投げしたのです。これも作ったらそれっきりということですね。それでも済州島は今年も補助金を出して”炭素ゼロ”の島にしたい野望は捨てていません。

◇ ◇ ◇

関連過去カキコ 
まさに"電気自動車"の墓場
韓国型3輪警察車両が実は厄介者②
電気自動車、起亜も健闘、その他にランキング中 






イメージ 6