minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

基本料金無料携帯、使わない人の電波止める


基本料金無料携帯、10分以上の通話しないと電波止めるからね

郵便局の節約フォン'0ウォン料金制'加入の中止…10分以上の通話なければ職権解約
2日から新規加入全面中止…"加入後通話しない人少なくない"



イメージ 1[テレフォンミーナ]今年の郵便局の節約フォンブームのけん引車の役割を果たした'0ウォン料金制(エネックステレコム)'加入が暫定的に中止された。

ムン・ソングヮン、エネックステレコム代表は4日、マネートゥデーとの通話で、"消費者たちに便宜性と選択肢を増やすため、2日から当分の間、新規加入者を受けないことにした"、"整備が完了されれば、30個以上の新しい料金制度とともに多様な端末機の構成を披露する予定"と明らかにした。

イメージ 2エネックステレコムが新規加入を一時中断した料金制は△A Zero△A2500△A6000など、計3つである。
※基本料2500ウォンで音声100分、文字400件を提供するA2500料金制と、基本料6000ウォンで音声230分、文字100件、データ500MBを提供するA6000プランがある

全体郵便局の節約フォン加入者の半分以上がこの料金制の一つを選択するほど人気が熱い商品だ。
これに先立ってこの会社は、加入者急増で、すでに受け付けられた物量に対する処理が遅延されたため、先月3日から9日まで販売を一時中断したことがある。


有償通話しないと電波切るからね? いいえそんなことはありません
特にエネックステレコムは今回の一時停止期間中に利用約款の変更も推進する。 これによって、今後、基本料がかからない料金制を加入した顧客は発信通話が二ヵ月連続10分を超えなければ職権解約を受けることになる。
これまで業界の内外では、0ウォン料金制の場合、加入者が50分無料通話を終えると、賦課される料金(秒当たり1.8ウォン、文字、一件当たり20ウォン)を引き上げることは容易でないという予測も出ている。

モン代表は"制に料金制の加入者の中で無通話者が少なくない"、"これからは実使用者が10分以上の通話するように利用約款を変更すること"と話した。


(翻訳:みそっち)



郵便局で買える格安フォンがあって、料金プランの中に基本料金が無料っていうのがあるってことですから大人気なんですよね。ところが無料と聞くと我先にと列に並ぶのが韓国人ですから、使わない人まで格安フォンを買い占めちゃったのです。すると電波や番号の割り当てが無くなるので先月初めにも販売をストップしていたようです。

いまどきはどこに行っても携帯で本人認証だそうですから、そういう使用目的で並んだ人も大勢いたようですね。

ところで基本料金無料+無料通話付きってなるとどこから支払いが発生するのかというと不思議ですよね。
実は”お電話の申し込みのときに本人の個人情報”を丸ごとごっそり戴けるのであんまり気にならないんだそうです。住所や家族構成収入から銀行口座番号にクレジットカードまで全部記入しないと受け取れないのです。
そうなるとすでにお分かりのように、韓国にはこういう申し込みみたいのができないひとが6割ぐらいいますから行列はできたけど受け取れたひとは運が良かったとするべきでしょう。

それでもなんだか基本料金無料プランってホント?みたいに思います。実はUSimを手渡されるだけなんですよね、いえいえ本体は前のを使えばイイんです、でもいろいろな設定を自分でやらないとね、便利に使えるようにするためにちょっと手間がかかるのです。しかもそれはオンラインでやることですよ、1回目の無料通信枠が吹き飛んじゃうかも(A-Zeroプランだとここで料金が発生します)

❶.データの遮断申込–最も重要な部分です。 0ウォン料金制を利用する場合、基本に与えられるデータがないため、スマートフォンなどに有心を挙げて利用する場合、1MB当たり51.2ウォンのデータ通話料金が発生し、私も知らない間数万ウォンのデータ料金が発生することがあります。 そのために必ず"データ遮断"付加サービスを申請し、無線インターネットは無料ワイファイを利用しなければなりません。
無線データ遮断方法は郵便局で申込書を作成する時付加サービス空欄に"データ遮断"を記載したり・ハッピーコールの確認の電話が来た時、データの遮断申込を要請することができます。 加入が完了した後は、インターネットホームページOlleドットコム付加サービス申請部分でデータの遮断申込をすることができ、エネックス顧客センターを利用した申請も可能ですが、この場合、お客様センター連結が遅れることがあります。
❷.0ウォン料金制U-Simをスマートフォンで利用し、無線データ遮断付加サービスを利用する場合は、携帯電話によってバッテリー消耗が早くなって不便な場合があります。 これは、スマートフォンに設置されたアプリが通信、無線データが遮断されていることに気づかず、引き続き通信網にデータ要請を持続的に行うようになって不必要にバッテリー消耗が早く行われるためです。 こういう場合にはスマートフォンのモバイルデータ設定部分で連結できないことに変えれば、不要なバッテリー消耗を減らすことがあります。 ただし、この場合MMS利用に制限があることもあり、MMSメッセージを受けた場合、スマートフォン設定で無線データを解いてMMSを伝送しなければなりません。
❸.USimだけを受け取る0ウォン料金制を選択する場合、既存の利用していた携帯電話端末を利用しなければなりません。 エネックステレコム0ウォン料金制A・ZEROはKT 3G網を利用するものと、ユーシムチップが入るSKT/KT機器と互換になってユースムが入らないLG U+機器としては利用できないので参考しなければなりません。
❹.エネックステレコム0ウォン料金制A ZEROは、基本料0ウォンに無料音声通話50分を提供し、無料の携帯、無料データは提供しません。 もっと多くの通貨と無料の文字がほしければ同じ通信社のA2500やA6000を選択することができます。 A2500は基本料2500ウォンに無料音声通話100分無料の携帯400件を提供し、A6000料金制は、基本料6000ウォンに無料音声通話230分に無料の携帯、無線データ500MBを提供します。
❺.それぞれの料金制度の基本提供を超過した場合音声は超当たり1.8ウォン、文字、一件当たり20ウォン、データ1MBあたり51.2ずつ賦課されます。


イメージ 4





イメージ 3