minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

江南の あの有名産婦人科医院突然の廃業



芸能人の出産で知られた 江南の あの有名産婦人科医院突然の廃業

難民妊婦まで登場、そりゃ韓国の出生率は世界最低水準で下から4番目だし
それでもやってこれたのは保険適用外の違法施術があったから


イメージ 1[ソウルミーナ]ソン(37)さん夫婦は第二子の出産を3ヵ月後に控え、急に新しい産婦人科を探している。 この1月まで診療を受けた産婦人科が先月、いきなりドアを閉めしてからだ。 江南で有名なVIP病院に口コミを乗っていたところだから衝撃はもっと大きかった。

出産を一ヵ月後に控えたチャン(34・女)氏は、心配でたまらない。 チャン氏は出産予定日の前後2週間を、産後養生院で回復する考えで契約金79万ウォンをすでに支払った。 産後養生院側は、もっといい所を紹介してあげると了解を求めたが、チャン氏はストレスを訴えている。

芸能人の出産で名を馳せたソウル江南(カンナム)のある産婦人科が突然廃業して、産婦たちは、不意に'出産難民'になった。 連鎖作用で同じビルにある同名の産後養生院まで閉院の危機に置かれた。 産婦人科が廃業し、不安になった産婦たちが列をなして産後調理院の予約をキャンセルしたということだ。 産後調理院も今月末、廃業を決定した。

よく出ていた江南(カンナム)産婦人科に何の事ができたのだろうか。 病院を見守った周辺人たちは、当該病院が昨年から経営難を経験したと口をそろえて語った。 賃貸料が高い江南でビルの地下1階から地上3階まで使用し、結局、流れ弾に当たった。 近くのビルの賃借人と不動産業者の言葉を総合すると、4階の月の賃貸料は3000万ウォン台に上るとされた。 病院周辺人たちは賃貸料の圧迫がひどかったと話した。

本質的には少子化現象の影響と見ることができる。 国民健康保険公団の'年度別分娩室の状況'によると、2010年1050ヵ所だった分娩室は昨年755ヵ所に大きく減少した。 大韓産婦人科医師会金在妍(キム・ジェヨン)法制理事は "地方の場合、一日の産婦人科外来患者が10人前後であるほど、患者資源自体が少ない"、"このような状況で人件費など病院の運営費を考慮すれば、利害打算の継合わせは容易ではない"と話した。

分娩を主にする'正統産婦人科'を生かすためには、分娩報酬の現実化が至急だというのが専門家意見だ。 金在妍(キム・ジェヨン)法制理事は"この10年間、韓国の分娩報酬は10%の上昇に経た"、"韓国の全般的に医療報酬が低い。 整形外科など他の科は何とか持ちこたえることができるが、産婦人科は耐えられない"と指摘した。
これを見れば政府支援が伴わなければならないという声も高い。

大韓医師協会医療政策研究所の李ヨンミン所長は"分娩脆弱地域には国家で病院を新築して産婦人科の医師を雇用するやり方で運営を支援しなければならない"と助言した。 根本的には出産忌避現象を解消する画期的な対策作りだ。


(翻訳/みそっち)



全世界で韓国よりも合計特殊出生率が低い国は4ヶ所だけだ。
シンガポールが0.82人で224位最下位だった。マカオが0.94人で223位、台湾が1.12人で222位、香港が1.19人で221位だった。
ニホンは1.41人ってことなんだけどね。


んでも韓国の産婦人科ってものすごく儲かってるというハナシもありましたよね
ほら、あっちの専門家ですからね、産むよりも堕ろすほうが圧倒的に多い国なんです

◇ ◇ ◇


年間200万件施術の実績は世界一

イメージ 1[知ってるミーナ]あのローマ法王が韓国にやってきたときも真っ先にやったのが”堕胎院”とよばれるところで違法中絶で死んだ胎児のためにお祈りをしたことでした。(2014.8.16)
いちおう韓国の法律では中絶はダメってなっていますが、そこはそれ”儒教”の国ですから事実と建前が別々にあるだけのことなのです。
韓国では比較的お手軽にどこの病院でやっています、その数は年間におよそ40万件以上と言われていて、これが韓国の統計には一切現れない仕組みになっています
※現金で施術して公式には届出しないということ

1994年に韓国ギャラップの調査によると、1990年代初めには、毎年150万件の妊娠中絶が行われたと推定される。これは1994年の出生児数72万8千人の2倍に達する数値である。
1990年代初めにピークを成し遂げた中絶は、その後継続的に減少して、2005年には34万2千件の妊娠中絶が行われ、2010年には16万9千件減少した。このような時期の出生児数は2005年に43万8千人、2010年に47万人だった。

つまり野放しだったのが法律の適用で産科医から施術件数の統計をとるようになり、なぜか急激に中絶件数が減ったことになっているというのが真相です
とはいっても望まない妊婦が減ったわけではなくて、違法中絶や中絶薬をつかう手法に衣替えしただけのことで、民間の母性保護団体の統計では年間におよそ200万件の違法中絶が行われているという調査もありました。


あのローマ法王が韓国に来て真っ先にやってきた場所は


イメージ 2

▲韓国の一日の堕胎推定件数1000件を意味する1000個の十字架が並んでいる。


イメージ 3

▲ニホンで働いている韓国人女性も年に1~2回帰国することがあり、その時に済ませてくるというのが彼女らの活動サイクルとなっています。





イメージ 5