minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

こんな 脱韓国もある

 
 
韓国の背にして日本に向かう若い医師たち
 
 
[ソウルミーナ]"医学部生時代、実習で日本の大学病院に一ヶ月間であったが、大きな衝撃を受けました。 韓国医師らはほとんど病院に暮していると言うが、日本ではインターン(修練医)が午前8時30分に出勤して午後6時30分に退勤して、当直も一ヶ月で多くても4回程度でした。"
釜山(プサン)大学医学部を卒業したカンヒョンギョン(31)氏は公衆保険医として働き、日本の医師国家試験を1年間準備した。 試験に合格し、日本の医師免許を手に握っていた彼は2015年に日本に渡り、現在、京都大学病院で整形外科後期研修の(韓国の専攻の概念)として働いている。
最近、医者の間で'脱韓国'風が吹いている。 診療より売上に執着する雰囲気、激しい競争と高い業務強度に嫌気を感じた医師らが日本に目を向けているのだ。
ここ数年の間'JMLE KOREA'、'日本医師韓国医師'など日本医療界進出のノウハウを共有するインターネットカフェも多数生じた。 日本厚生労働省(韓国保健福祉部に該当)の2014年の資料によると、日本で医師国家試験を行った外国人の中で15%は韓国人で、中国に続き2番目に多い。
'日本医師韓国医師'カフェの運営者であり、内科専門医であるホンムンキ(34)氏は"日本進出を準備し、昨年2月カフェドアを開いたが、1年ぶりに(医師)会員数が850人になった"とした。 ホン専門医は医療人団体が主管する日本進出の説明会と関連して"2~3年前までも日本医師試験説明会受講者が20~30人レベルだったが、最近は100人以上が来る"と話した。 2011年大韓公衆保健医協議会と大韓専門医協議会が共同で開いて需要が少なくて消えるようだった'JMLE(日本の医師試験)の説明会'は昨年再び復活した。

◇'たくさん働いて稼ぐように'より'適当に働いて適当に儲けると、'
国内の医学部を出た医師たちが日本に離れる理由はお金のためではない。 専攻別の差をさておいても月給をもらっている限り、韓日両国の医師の平均年俸を比較すれば、韓国がむしろ高い。 保健福祉部と厚生労働省資料によると、2014年基準の韓国で給料を受け取る医師の平均年俸は1億6500万ウォンである反面、同期間、日本で給料をもらっている医者たちの平均年俸は1154万円(ハンファ1億1600万ウォン相当)で韓国が4900万ウォンほど高い。
それにもかかわらず日本に行く理由を持って、医師らは'人間らしい暮らし'を挙げる。 先月17日発表した日本の医師国家試験に合格し、翌日東京に去った医師イテフン(31)氏は"韓国で研修医は命じられたことは文句なしにしなければならない'奴隷'だが、日本では教えるべき'教育生'に接してくれる"、"(修練医に)何かをさせるよりは教えてくれることに注力する"と話した。
実際、日本の医師らが言う日本の専攻医の週当たりの労働時間は50~60時間あまりだが、韓国は昨年12月末になって、一週間あたりの勤務時間を80時間に制限する'専攻の特別法'を施行した。 しかし、人手が足りず困った病院現場ではこれさえもまともに守られていないという訴えが出ている。 2015年大韓医師協会医療政策研究所の専攻のアンケート調査の結果、韓国専攻のうち52.7%は週当たり80時間(休日を除く1日平均16時間)を超過して勤務しており、週100時間以上勤務した専攻のも27.1%に達した。 日本で働いている医者、カン氏は"日本内科は一日に担当する患者も4~6人程度のものであるため、勤務の強度が韓国と比べると比較的低いようだ"と話した。
日本進出は20~30代の年齢の若い医師や専攻医らだけの問題がない。 ホン専門医は"(日本の医師韓国医師)カフェの加入会員(医者)の半分ほどは40代以上"とし、"還暦に日本進出を準備中の医師もいた"とした。 実際、日本進出を準備中の約40代の整形外科専門医の金民錫(キム・ミンソク)(仮名)氏は"韓国で病院長と話すれば診療の話より売上の話を主とする"、"一方、日本の医師らと会って話してみると、サラリーマンじゃなく医師として生きていくのが感じられて、日本進出を決めことになった"と話した。
 
◇準備期間は2~4年、最も難しい関門は'日本語診療調査能力試験'
韓国で専門医資格証を持っているとしても、日本で医師として働くには、日本医科大学の学生たちが見る1年に一度だけの医師国家試験に合格しなければならない。 さらに、医師国家試験を見るためには2つの関門をまず経なければならない。 書類審査と日本語診療調査能力試験だ。 書類審査では基本的に日本語能力試験(JLPT)1級資格証と韓国医師免許、医学部科目履修時間の証拠資料などを要求する。 書類審査をパスして見られる日本語診療調査能力試験は医師国家試験より難しい関門として挙げられる。 日本語で診療と診断、チャート作成が可能かどうかを面接官に口述で評価されるからだ。 ホン専門医は"この段階で浪人が最も多く発生する"、"日本語が上手ても専門性が判明した診療能力は、また別次元の問題"と説明した。 この段階に合格すれば、日本医学生と一緒に医師国家試験を見ることができる資格を与えている。
このように全ての関門を経て、日本医師免許を手に入れるまでかかる時間は通常2~4年だ。 今月日本医師国家試験合格の通知を受けた医師イテフン氏は"日本語能力試験だけに6ヵ月を投資しており、書類審査と日本語診療調査能力試験で一度ずつ離れて計4年がかかった"、"3年間の公報の時代、残りは余剰時間の大半を日本の準備に投資した"とした。 さらにイ氏は"日本語診療調査能力試験と医師国家試験も日本でしなければならず、書類受付さえも厚生労働省試験免許室で現場受け付けしなければならない"、"日本進出には多くの労力と時間が必要だ"と強調した。

◇日本医療界が韓国より余裕があるできる背景は?
日本医療界が韓国より相対的に余裕を持つことができる背景に医療界では高い'医療報酬(醫療酬價・医療機関が、患者と健康保険公団から受ける医療サービスに対する対価)'を挙げる。 医療行為の測定基準が異なるため、両国の報酬を正確に比較するのは難しいが、2016年、日本の医療報酬表(診療報酬点数表)を2016年の告示された韓国の数が表と単純比較してみたとき診察料と集中治療施設(ICU)入院、検査、注射、手術料などの全体水準で約5倍程度高い。 また、日本では医科大学を卒業した医者の修練費用相当部分を国から支援している。 支援対象には専攻のだけでなく、指導専門医の人件費まで含まれる。
※医療報酬が安いのに医者の給料が多い理由は何だろう
 
しかし、韓国では診療報酬点数の引き上げや医師研修費用支援は簡単に行われにくい状況だ。 国民の健康保険料の引き上げや健康保険公団財政負担の増加につながるという点で'社会的合意'が要求されるためだ。 実際、先月の14日、国会議員会館で開かれた'専攻の育成や研修環境の改善に向けた政策討論会'で'医療サービス'を公共財で判断し、米国や日本のように予算支援をしなければならないという医療界側の主張に保健福祉部医療政策担当者は"現在としては困難だ"、"患者と国民に専攻医研修費用支援でどのような付加価値が導出されるか十分に立証されなければならない"と明らかにしている。
 
 
(翻訳/みそっち)
 


あのほら、韓国のほうが大卒の初任給が高いってあったでしょ すぐさま論破されてたようだけど   いえいえそういう事実もあるんです ”医者の給料は韓国のほうが高いけど研修医はニホンのほうが待遇がイイ” ってことなんでしょ まぁお医者さんがハングル名前だったら待合室が半分に減るとおもうけど
 
ちなみに日韓では医師免許の互換性が無いわけで一安心ですが 韓国人医師がニホンで楽をして韓国にもどっても韓国ではよそ者扱いされるだけなのでダメでしょうね
 
 
 
 
イラストも無し