minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

豚足店社長 強制執行に暴れる



建て直すから出て行けに 豚足屋社長が裸で居直り

シンナーを撒いて用役業者と大暴れ 今日も病院へ
法務部執行官や救急隊員も出動 見物客でごった返す


イメージ 2
[NEWSミーナ]ソウルの代表的観光地である鍾路区西村の豚足店で用役業者が強制執行を展開する衝突が起き、お店の主人が居直ってシンナーを撒いた。※鐘路 西村:景福宮の西側の低層の店舗と住居が無秩序に立ち並ぶ一角


9日、現場関係者らによると、本家宮廷豚足社長、キム某氏は、同日午後4時55分に建物賃貸人イ某さんが雇った私設人材派遣会社の職員(用役業者)たちが店を空けるための強制執行を試みると、鉄製の調理台をつないで激しく抗議するなど左手を負傷した。

イメージ 5


請負業者と法務部執行官など10人余りは同日、30分ほど強制執行を試みたが、豚足店店主キム氏が上着を脱いで体にシンナーを投げつけ抵抗すると、執行不能を決定して撤収した。


イメージ 6

キム氏側は "豚足店を2009年から運営してきたが、昨年初め、この建物を48億ウォンで買収した建物主(大家)が、突然建物を空けて70億ウォンで(建物を)出そうとする"、"店舗を空けることにしようとわざと賃借料も延滞させた" と主張した。

キム氏側によると、あたらしい大家は昨年1月、キム氏に建物を再建築・リフォームするとし、店を空けるように要求しながら、改築後には保証金3千万ウォンを1億ウォンへと引き上げ、賃貸料月297万ウォンを1千200万ウォンに引き上げると通報した。

これにキム氏が応じないと、大家は最近、3ヵ月間、家賃を払う口座を教えてやらない方式で賃借料を受けとらず、これを根拠に明け渡し訴訟で勝訴して強制執行を試みたということだ。
※この手の明け渡し訴訟はよくある、法務部執行官がいちおうやってくる



病院に運ばれたキム氏は比較的元気で興奮しており手が付けられない状態だという


韓国の法律である ”商店ビル賃貸借保護法” では家主が店子の契約更新要求を正当な事由なくお断りしないように規定して、店子を保護しているが、'大家が再建築のため、建物の占有を回復する必要がある場合' を例外規定としている。

大家側は先月10日も、午前6∼10時1次強制執行を試みたが、店の関係者たちと市民団体会員が抵抗して防いだ。 当時、強制執行の時にはキム容疑者を助けていた市民団体関係者1人が顔にけがをした。


イメージ 3

先月のようす

イメージ 4

黒い服のお揃いのベストを着ているのが用役業者
※もちろんアルバイト(日当は3万ウォン~)



(翻訳/みそっち)



う~ん ソウルですよね。こういうことがほぼ毎日繰り返されています。


イメージ 1


イメージ 7


イメージ 8
イメージ 9

イメージ 10
イメージ 11








現地ガイドも"食べちゃダメ"という 謎の韓国食⑦
 
 
おそるべき韓国屋台の真実
 
イメージ 1[トンソクミーナ] 数十年間豚足と出し汁を一度も捨てないで、長い歳月水と材料を補充して維持することがすぐに豚足ゆでるノウハウと知られている。だが、前豚足専門店運営者は'不満ゼロで'"このねあるソース(出し汁)でだけ継続してみるから汚いです。かびが出る時もあって腐敗します。そのような水を二番煎じとあることです。臭いが漬かったにおいがします"と明らかにした。 
異臭出し汁を常温保管して一日何度も沸かすことが全部で、豚カスと油が漂う豚足出し汁の状態を'不満ゼロ'が分析した。 

'揮発性塩基質素'の量は肉類新鮮度を判定する指標となる。 揮発性塩基質素20mg%が移れば腐敗が始まる。 '不満ゼロ'では総13ヶ所の豚足専門店で豚足出し汁を回収'揮発性塩基質素'量を分析依頼した。 実験結果は衝撃的だった。 13個の豚足出し汁中20mg%を超過したことは総6個、そのうちの二つが29mg%、最高37mg%に達する出し汁もあった。 29mg%はもちろん37mg%程度なら非常に腐敗が進行された状態であった。

 
一発で当たる危険食品が毎日出てくる韓国型衛生事情

イメージ 3肉類の初期腐敗状態がさらに危険な理由は直接確認が難しくて、それ(彼)によって腐汁がずっと再使用することになるということだ。
 
※これに当たると帰りの飛行機は特別隔離室(トイレ) に自主的篭城となります、さらに成田の伝染性隔離病院(ご存知のひともいるかな)で1週間のお泊りという事態になります、おみやげは全部没収、同行者も"検便"が強要されます。
 
その上初期腐敗だけなっても毒素ができ始めてこの毒素は沸かしてもなくならない。 また、取材結果豚足業者の50ヶ所中出し汁再使用期間が1年未満の所はただ1ヶ所だけだった。 1~10年は16ヶ所、10~20年10ヶ所、20年以上が23ヶ所に達した。 

また、出し汁を回収した11ヶ所の豚足とソウル·京畿(キョンギ)地域有名豚足集6ヶ所を含んだ17ヶ所の豚足を検査した結果、幸い揮発性塩基質素が20mg%を超過するのはなかったが、大腸菌群が何と11ヶ所で検出された。


イメージ 2'不満ゼロ'が大腸菌群が検出された原因を探した結果有名豚足路地でその原因が難なく確認することができた。 すぐに覆い(ふた)一つなく路上に陳列しておいた豚足状態や出し汁ですくい出した豚足が冷ますようになる所は他でもない台所底だった。 豚足を人生妻は出し汁には豚油カスと澱粉にはうじが共に沸いていた。 

足がキタナイ
 
特に豚ソクは足の爪間にはさんだ土や異質物の除去が必要だ。 また、料理研究者の話によれば豚特有の悪臭をなくすために初め野原澄んだ水に一度沸かした後薬味出し汁に入れなければならないと話す。 しかしほとんどの豚足専門店ではこのような豚ソクを血液を抜いて表面だけ洗った後すぐに出し汁に入れていた。 秘法という(のは)認識の下当然視されている豚足出し汁再使用と豚足料理過程で捉えられた衝撃的な非衛生現場が17日午後6時50分'不満ゼロ'で放送される。





イメージ 12