minaQのつぶやき 네토미나

嫌韓(いやかん)ってホントはどうなの?

フンコロガシ求ム 50匹 5000万ウォン!



韓国の環境部 フンコロガシ、高価買い取りマス

絶滅危険種復元センターが 'フンコロガシ5000万ウォン分を購入します' 公告出した
'5000万ウォンで、モンゴルからコガネムシ50匹もたらす方願います'


イメージ 1
[甘いミーナ]環境部が先月末、変わった入札公告を出した。 フンコロガシ50頭、大陸鹿5頭をそれぞれ5000万ウォンと2億ウォンに購入するという内容だ。 コガネムシは、契約日から10ヵ月、大陸鹿は12ヵ月以内に求めて来なければならない。


■フンコロガシ・大陸鹿を探せ '大作戦'

イメージ 4
環境部が購買入札に乗り出したのには理由がある。 政府は慶尚北道英陽郡英陽邑デチョンリに敷地面積255万平方メートルに達する '国立絶滅危機種復元センター' を建設することを決めた。 時間がかかるうえ、収益性が低く、民間ではよく研究されていない韓半島の絶滅の危機、動植物を復元するためだ。 
チョウセントノサマガエル▶

復元センターは、来年にオープンする。 
環境部は、ここで来年から5年間で復元を進める動植物にフンコロガシ、大陸鹿、金カエル、風蘭を選定した。 



イメージ 5

Sedirea japonica(Linden&Rchb f。)Garay&HR Sweet、ラン科)


ところで復元に必要な個体を確保することが問題だった。 金カエルと風蘭は復元センター推進団が自主的に確保したが、フンコロガシと大陸鹿は '母' になる個体を見つけることができなかった。 二つとも元々韓国ではありふれた生物種だが、今はほとんど絶滅した。 大陸鹿は、ロシア、中国、北朝鮮だけに住んでいてフンコロガシはモンゴルでしか購入できない。 今回の入札は外国でこの動物たちを買ってくる動物の貿易商を探すためのものだ。


イメージ 3


生物の種を輸入するには複雑な手続きが従う。 推進団は大陸鹿5匹を受け取るため、ロシアと2年半にわたって協議をした。 '大陸鹿購買が2億ウォン' はロシアを訪れ、大陸鹿を安全に連れてくる費用だ。 推進団関係者は "鹿をつれてくるためには、自主的に飛行機を浮かせなければならず、各種の検疫などを通過しなければならないため、そのすべての経費を2億ウォン水準に算定したもの"と説明した。


イメージ 2

▲大陸鹿亜種(Cervus nippon hortulorum)。写真www.biolib.cz


大陸鹿と違って、フンコロガシは、落札を受けた契約者がモンゴルに行って直接得なければならない。 しかし、旅行客がコガネムシを採集してもたらすのは事実上不可能だ。 モンゴル政府から採集・搬出許可を受けなければならず、生物学者水準の知識がなければ採集できないうえ、韓国政府の植物検疫も通過しなければならない。 
安全に韓国にもたらした後も越えなければならない山がある。 大陸鹿とフンコロガシは推進団に引き渡された後、6ヵ月以上生きていなければ約束された金を受け取ることができない。


■フンコロガシが消えたのは牛糞からだ、良質の牛糞を冷蔵庫に備蓄

後足で牛糞をボールのようにな転がすフンコロガシは韓国人に親しまれた昆虫だ。 しかし、なぜ政府が巨額を払って購入しなければならず、見つけるのも難しくなったのだろうか。 '絶滅' の原因である彼らの生息地である '牛糞' にある。 チョン・セホ済州民俗自然史博物館長は "1970年代後半から飼料や抗生剤を飲ませて牛を育て始めていたが、フンコロガシは抗生剤を食べた牛の排泄物を食べると死ぬ" と説明した。 フンコロガシの権威者キム・ウンイル誠信(ソンシン)女子大学名誉教授が10数年間、コガネムシを探そうと韓国全域を探したが見つからなかった。 

牛糞大好き昆虫の中でもボールを作って運用する王フンコロガシ、フンコロガシは消え、アシナガフンコロガシも発見しづらくなった。 これを復元するためには、'良い牛糞'が必要である。 復元センターは国内牧場と契約を交わし、放牧して育てた牛の糞を供給を受けて冷蔵庫に保管して置く予定だ。


鹿とも言われる大陸鹿は体に花のように梅の模様があり朝鮮時代に'メファロク(梅花鹿)'とも呼ばれた。 近ごろ農家で飼っている鹿は日本や台湾から輸入したもので、環境部が蘇らせようと言っている韓半島固有種とは違う。 政府が探しているのは、韓半島に住んでいた大陸鹿亜種(Cervus nippon hortulorum)だ。 

国立生物資源館のチョウンコクウ研究官は "鹿は、わざと捕まえて殺さなければよく消えない"、"日帝が大陸鹿を理由なく人間に有害な鳥獣に指定して捕ってしまったことが(消えた)一番大きな原因とみられる" と話した。 日帝強占期には、犬のような家畜までの皮をむいて戦時物資として活用した。 鹿も同じ理由で犠牲されたものと見られる。 解放以降、韓国戦争と混乱期を経験し、無差別狩猟が行われたことも原因と推定される。


(ソウル/みそっち)


 
 
ニホンなどの先進国では絶滅危惧種の保存に予算をかけているからウリもやるニダ
探しても見つからないから業者に金払って探させるニダ 持ち帰って6か月生き延びなければカネは払わないニダ  ってことです。

西方浄土孫悟空三蔵法師みたいな   違っ

その学名に ”nippon”、”japonica” なんて書いてあるところには触れていませんけどね



◇ ◇ 


糞を貨幣に転換して使用する都市づくり研究'弾力'

人糞の価値は9兆ウォン 人糞バイオエネルギー食堂まで


イメージ 6
[朝からミーナ]大便を売って仮想通貨に転換して使用する'の糞本位貨幣'を都市に適用するための研究が開始されます。

蔚山(ウルサン)科学技術院(UNIST・ウンニスト)は今年中に糞本位貨幣の適用に向けた'生活型実験室(Living Lab)'をキャンパス内に設置すると9日明らかにしました。


イメージ 7

蔚山科技院の糞本位貨幣化粧室(紙のかわりに葉っぱで拭くらしい)

研究室はトイレが設置された住居空間(約16平方メートル)3室と、人糞をエネルギーに転換する装備を備えたバイオセンター、バイオエネルギー食堂などで構成されます。

研究者はこの空間で人糞が暖房、温水、食堂調理器具の燃料として活用されるのを直接経験して研究します。

トイレの便器は小便(pH、糖とタンパク質濃度などを測定できるセンサーを設置し、健康状態もチェックできるように設計します。

生活型実験室は一般人たちも体験できます。

研究を率いるチョウンシ都市環境工学部教授は "この実験室を拡大して、バイオエネルギー食堂、人糞エネルギーマイクロバス、人糞堆肥を活用した都市農業などの糞本位貨幣を基盤とする村共同体を建設する計画だ"、"糞エネルギー、尿が循環する環境経済システムの可能性を見せてくれるだろう"と強調しました。

今回の糞便事業には未来創造科学部が今後5年間研究費100億ウォンを支援する計画です。

UNISTはこれに先立ち、昨年5月に校内に小規模の糞本位貨幣実験室である 'サイエンスウォールデンパビリオン' を開いて昨年末まで運営して2千900人あまりが訪問しました。

当時、この実験室内設置されたトイレで大便を見ると、洋式トイレの下に設置された乾燥機、粉砕機を通じて大便を粉にして飲んだり、これを微生物のエネルギー生産施設で暖房または食堂調理器具の燃料として活用可能なメタンガスに変換させるようにしました。

また、トイレ使用者には'蜂蜜'というサイバーマネー支給し、実際、校内でコーヒーなどを買って飲むことができるよう、システムを構築しました。

研究チームは "人が一日に排泄する人糞の価値は500ウォン程度に換算され、、韓国の全ての国民が糞本位貨幣を使うと約9兆ウォンに達する価値を創出することができる" と紹介しました。


(翻訳/みそっち)

◇ ◇ 


チョウセンフンコロガシって韓国人のことでしょ?  ええそうですよ、練炭が無かった頃は燃料や壁につかうために奪い合ったそうですから

湯気が立ってるのも? 土壁のすきまを埋めるのによかったんじゃないですか

人糞だけじゃなかったんだ  



イメージ 8