minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

韓国型発射体に名前決まる


あの韓国型発射体の名前 'ヌリ' と命名

そいじゃさ、ちょっと聞きたいんだけど ヌリってどんな意味よ
今は無きセヌリ党のヌリなんだが これって政治問題化しない?


イメージ 2
[ソウルミーナ]韓国型発射機体は1.5トン級の実用衛星を地球低軌道(600km~800km)まで打ち上げることのできる3段型宇宙発射体で、2021年に打ち上げを目標に開発中だ。 来る10月には韓国型発射体の中核部品である75トン液体エンジンの飛行性能を確認しようと試験発射体を発射する。

韓国型発射機体はこれまで別途の名称がなかった。 これに科技情報通信部と韓国航空宇宙研究院は、ロケットの新しい名前を選定するために今年4~5月国民への名称公募展を実施した。 今回の公募展には、国民約6300人余りが参加して応募作1万件以上を提出した。


応募作のうち適合性・象徴性・斬新性・発音・記憶の用意性などを基準に候補作が選別された。 以後、発射体の開発に参加している研究者、産業体関係者400人の選好度調査を通じて'ヌリ'という名前が最終選定された。 韓国型発射体の新しい名称である'ヌリ'は今後、公式名称として使用される予定だ。

'ヌリ'という名前を応募したベクスンヨプ慶尚(キョンサン)大学エネルギー機械工学科の学生は "世の中の古い言葉で宇宙にまで拡張された新しい世界を開くという意味で'ヌリ'となった"、"我々の手で作った発射体としてきた宇宙を縫って未来発展を享受することを希望する気持ちを込めた" と明らかにした。 ベクスンヨプ学生には来る7日、科技情通部長官賞と賞金が授与される予定だ。


科技情通部関係者は "名称公募展を通じて、我々国民の宇宙に対する高い関心を確認することができた"、"新しい名前にふさわしく、無限な可能性を持っている宇宙空間をわれわれ発射体に直接開拓できるように最善を尽くす"と話した。

(ソウル/みそっち)




누리=ヌリ
みそっちのハングル対談
聞き手・話し手:ハングル研究家みそっち

   
 / 純粋な韓国語だそうですが、ヌリとはどのような意味なのでしょうか?


これの意味することをお伝えするのはとても困難です。
世の中のことを昔風に言った言葉だと解説に出てきそうですが、自分自身あるいは身内や内面といった意味で比定した場合に出てくるウリ=우리という話し言葉がニホン統治期にハングルで우리と表記されたように、比較的近年になって表記する方法が定まり、その当時ごとの世界観によって意味が常に変化してきたものであると考えることが出来ます。

   
 / ハングルの翻訳の際に他局で参考になりがちな中央日報日本版でもヌリだけですね


ええ、中央日報の記者はハングルのスキルはあるのですが、それを多言語に対応させることが苦手のようで、明らかにグーグル翻訳やNAVER翻訳をそのまま引き写してきてそれで平気でいたりするので当てになりません。

そんな純粋韓国語というのは、まず、漢字で表現できませんから、朝鮮時代までの記録には全く登場しません。
それでも日帝がハングルを普及させたために1920年代頃には盛んに使われるようになりました。 ところがその頃のヌリは今と用法・用例が違う気がするのです。


いくつかの事例を並べて見ましょう

1926.02.12동아일보 5면 사회 기사(뉴스)
寡婦(과부)며누리꾀여 富者媤父(부자시부)를恐喝(공갈) 부자돈을빼아서먹으려고 부자집며누리를꾀여공갈 辯護士(변호사)도挾雜(협잡)에參與(참여) 지난일월이십일일경에충남천안(忠南天安(충남천안))읍내...


26.05.24동아일보 1면 생활/문화 기사(칼럼/논단)
(일작누리우유류)"라하고永樂太王碑(영락태왕비)에는儒留(유류)라하고魏書(위서)에는閭達(여달)로見(견)한것이니佛典(불전)에瑠璃太子... 琉璃王名(유리왕명)의本形(본형)은Virudhaka요類利(유리)는필시"...


1926.06.26동아일보 5면 사회 기사(뉴스)
지금으로부터삼사년전부터전기로시언의며누리요 찬국의안해인 문뎡화(文楨花(문정화))(二七(이칠))와비밀히정을통하여오든바 그날도 문뎡화에게서와달나는 편지를밧고 그를맛나러갓다가 그와갓치 매를마즌...



   
 / もうわけがわかりません、単にハングルが2個並んだところに何の意味があるわけじゃないことは容易に理解できますが、このへんがヌリ=누리が活字で登場したころのものですね。



ハングルは誰でもよくご存知のようにニホンが朝鮮に口出しをするようになったころに朝鮮で使われるようになったものです。 たとえばハングルの活字ですね。これの普及に当時の日帝は新聞社をつくり教科書をつくり識字率を本土並みにするために多大な費用と時間を投入しました。
口語だけで表現されてきたものを淘汰したのもこのころです。ニホンでも文語体や口語体があり漢詩があって候文がある、旧仮名遣いのようなもまであるのをニホンに先駆けて試験的に簡略化した表記としてハングルを普及させたのです。
※そうした運動の結果としてハングルが優れていると書いた明治期の学者は多い



   
 / それまでは一部の識字層だけが漢字でやりとりをしていたわけですよね。


ニホン統治期が終わり李承晩の独裁も彼の失脚で終わりを告げると、朝鮮の歴史を見直そうとする運動がはじまりました。いわゆる朝鮮戦争や文禄慶長の役での『超時空戦記』などが盛んに作られるようになりました。 そのころになってハングル専用化が進められると、それまで使われてきたハングル表記に近年になって適当な意味をくっつけ出したと捉えるのがどうやら正しいようです。
※ハングル専用化という言葉も怪しい、本来のハングル運動の名前はハングル表記であってそれ自体には意味が無い


ウリヌリ号という旅客船があります。いかにも21世紀の韓国人が好みそうな純粋な韓国語だそうですが、音韻としての価値はあってもそれがどのような意味なのか こればっかりは韓国人でもわからないと思いますよ。
そいでも韓国の方々は分からないことを知ったかぶりで過ごす習慣が身についているのでいまさら『ヌリ』ってどいう意味?なんて聞く人はいません。

韓国人ってハナシが通じないと言われますが、まさに彼らの思考原則のなかに ”分からないことを棚に上げておく” というのがあります。 他人に説明できないことは彼らにとっても恥じるべきことなので黙っています。それを問い詰めるとその途端に発火炎上するという彼らの韓国型行動で説明できます。


◇ ◇ 

韓国型発射体の名前はヌリ号と呼ばれることになった。ロシアの技術で打ち上げたナロ号には羅老号という国際的にも通用する表記がある。 あとは中国の新聞がどのような漢字表記をするのか楽しみなことだ。 
ヌリ号という名前が試験発射体だけを意味するのか今後も続くシリーズの名前になるのかはまだ明らかにされていない。

漢字表記の無いキムチやソウルといった土着語を巧みな漢字表記でしのいできた中国の碩学・新聞記者らに期待したいところだ。

ソウルの中国語(漢字)表記は首爾 、キムチは沈菜




韓国型発射体名称募集には応募はしたんですよ、facebookのアカウントだけでも応募できたのでいくつか適当にね。(アハハ)


イメージ 1

ヌリ ルリ ムリ