minaQのつぶやき 네토미나

嫌韓(いやかん)ってホントはどうなの?

韓国の主婦は朝から賭博三昧


韓国の主婦は朝から賭博三昧

警察の取り締まりを避けて逃走しやすいように午前6~7時から屋外テントでご開帳
暴力団員など42人一斉検挙 毎回4億・計240億の賭け金推定


イメージ 1
[サイコロミーナ]全国を回りながら早朝から野山で賭博場を開設し、賭博を日常的にやってきた組織暴力団などが大量に摘発された。
京畿道南部地方警察庁広域捜査隊は賭博場所の開帳などの容疑で、キム某(44)氏など6人を拘束し、別のキム某氏(51)氏など20人を在宅起訴したと5日明らかにした。

キム容疑者らは昨年9月から今年3月の間、59回にわたり全国を回りながら山にテントを張って賭博師たちを集めて別名 'トリジッコテン' 賭博をするようにした容疑を受けている。

5枚の花札の札を受け、そのうち3枚の和と10の倍数であるような10、20、30のうち、一つを作って、残りの2枚で勝敗を分ける。 11月の雨と12月の桐を除いて1月~10月まで使用するが、カス20枚を除いた20枚とすることもあり、カスも含めて40枚で行うこともある。

イメージ 2



彼らは賭博場からある程度離れた1回目の集結地にギャンブラーたちを呼んで身元を確認した後、午前6~7時から賭博場を開き、正午前に完了するなど彼らは警察の取り締まりを避けて運営したものと調査された。

また賭博場内部の隠しカメラ撮影を防ぐために電波探知機まで動員した。

常習賭博などの疑いで立件されたイ氏などは賭博場を設置したキム容疑者らから連絡を受けて随時賭博場を出入りしており、職業はほとんどが主婦で、会社員などもあることが分かった。

掛け金は毎回4億ウォン程度で計240億ウォンほどが賭場で交わされたものと把握された。

警察関係者は "毎回100人ほどが賭博をしたものと推定したが、確認された常習賭博者だけを立件しており、賭博場を開設した彼らが賭博に参加したりもして今回の犯行としていくらを得たのかは把握し難い"、"賭博資金が暴力組織運営資金に使われたかどうかを確認する一方、このような野山賭博場に対して持続して取り締まる方針"と話した。

(ソウル/みそっち)



これはもうそういう社会なんですよ。老人憩いの家でも監視してないとすぐにはじまっちゃう
バッカス公園のお年寄りのスゴロクだって取り巻きの見物人が賭けちゃうわけです。

娯楽の少ない郡部になると、ご開帳ってだけで100人とか集まっちゃうのです。
やりとりされるのは1000ウォン札のようですが10枚で束ねてありますね。




充実した過去カキコ



韓国の独居老婆 花札の胴元を刺し殺す

加害・被害者いずれも独居老人なのに殺害されるに至った債務の恨み
隣人殺害し、遺体毀損した60代の女性検挙…被害者の遺体は一週間放置



イメージ 1
[NEWSミーナ]頼れる家族一人いない独居老人たちの会の内部で債務関係から芽生えた恨みが殺人劇に至った。

この16日午後3時頃、光州北区斗岩洞のある賃貸マンション9階の家の中でA(81・女)氏が死亡していることを区庁の社会福祉士が発見した。

捜査に着手した警察はアパートの閉鎖回路(CC)TV映像を分析して社会福祉士がA氏を最後に目撃した今月8日以降、唯一この家を出入りしたソン某(67・女)氏を容疑者に特定した。

近所のA氏とソン氏は、皆、独居老人であり、基礎生活保障需給対象者として平凡な日常を一緒に送っているこのアパートの老人会の構成員である。

イメージ 2
ただ、住民らが話す彼女らの生活には縮めることができない隙間が存在した。

比較的懐事情が良かったA氏は余裕資金を転がして、近所の間で '村金庫' の役割を果たした。 隣人の暇つぶし花札で '銭主'の役割をする時も多かった。

世情暗い老人たちがA氏を訪れる時は敷居高い銀行と違って、複雑な書類を準備する必要がなく、欲しい時には、すぐに現金を握ることができた。

ソンさんも事情がうまくいかない時は、A氏に手を広げた。 金額については '50万ウォンだ'、'400万ウォンだろ' など近所の間に記憶が分かれた。

犯行を否認していたソンさんは執拗な追及が続くと、お金のためにAさんから心が傷つけられたことを打ち明け始めた。

ソン氏は "私を中傷して無視した。 私からだけ高い利子を受け取った" とし、鈍器を持ってAさんの家へ向かった事件当日の状況を供述した。ソン氏の具体的な犯行動機を調査していると17日明らかにした。


(ソウル/みそっち)


イメージ 3

イメージ 6

花札のルールはよくわかるが社会のルールには無関心な韓国のお年寄りは問題だ


そういえば去年はこんなことが

海外逃避犯罪者らの航空機で集団送還

フィリピン逃避犯罪者47人のチャーター機で集団送還…国内初の事例


イメージ 2
[事件のミーナ]犯罪を犯してフィリピンに逃避した逮捕されて送還される被疑者47人が国籍航空のチャーター便で14日午後、仁川(インチョン)空港を通じて入国した。

韓国に入ってくる'第1関門'仁川(インチョン)国際空港。ここでは14日早い時刻から警察庁外事局職員たちは緊張した表情で忙しく行き来しながら何かを準備する姿が目立った。

イメージ 4


この航空機には、犯罪を犯してフィリピンに逃避したが逮捕されて送還される被疑者47人が搭乗していた。 もちろん一般乗客は全くない、ひたすら犯罪者の搬送のためのチャーター機だ。

現地の外国人収容所に収監されていた被疑者たちは、同日車両20台でマニラ国際空港まで護送された後、専用の出国審査台を経て、護送の航空機に搭乗した。 この国籍機は、国際法上、韓国領土であり、搭乗した直後に逮捕令状が執行された。


全国でこれらの事件を直接捜査していた刑事120人が数度の予行演習と教育を経て、護送官として参加した。 機内の廊下をはさんで左右3個ずつ配置された座席には中央の被疑者が、左右には刑事たちが座った。


イメージ 3

▲14日(現地時間)、フィリピン・マニラで出発して韓国に行く韓国国籍機にフィリピンに逃避した検挙された被疑者らと刑事たちが搭乗している。 [警察庁提供]

手錠をかけられた被疑者たちは諦めたように飛行中にずっと何も言わずに座席に座っていた。 食事はサンドイッチが提供され、刑事を同行してトイレに行ったりもした。

警察庁は、フィリピンに逃走した国外逃避犯が最も多く、フィリピンに拠点を置いたボイスフィッシング(電話金融詐欺)やサイバー賭博サイト運営など、犯罪が増加している点を考慮し、昨年9月からフィリピン当局と犯罪者集団の送還を協議してきた。


警察によると、今年一年フィリピンに逃避した韓国人犯罪者は先月末基準144人で、全体国外逃避犯(485人)の29.7%に達する。 フィリピン現地で身柄が確保されて外国人収容所に収監状態の人員のみ90人余りだ。





賭博中毒の言葉…フィリピン・カジノ漂う韓国人 '太鼓もち'まで

でへへ 大当たりでやんすョ  チャリ~~ン  へえ  ありやとごぜいやす 
卑屈になれる韓国人 小銭を投げて寄越せば器用にキャッチも




イメージ 4
[丁半ミーナ] フィリピンにはカジノで生活をしていると言われる後回しという職業があります。 その方たちは、ほとんどもう家族に被害を与えてしたくないとして、自分から連絡を切って異国の地でホームレスに生活をしています。


◀アンカー▶  海外遠征賭博に行って全財産使い込みして家族も失って現地の流浪の身に転落した韓国人らがいます。 
にもかかわらず、または賭博資金を作ってみたい、賭博場で寝た使いである、いわゆる'後回し'に転落したこれらの1日を特派員が取材しました。 


◀レポート▶  フィリピンの最高級ホテルカジノには賭博をしている韓国人の後ろに立って、ご機嫌を取り持つ人が目に付きます。   灰皿を空けておいたり、タバコのお使いをしたり、機嫌を合わせたりもします。 

"来た、来た、あ~~あっ 来ました。 ああ、社長 おめでとうございます。" 

いわゆる'後回し'と呼ばれる人たちです。 

フィリピンに来て賭博で全財産を蕩尽してもカジノを転々として一日を事実上の物乞いで延命したりします。 

イメージ 1


◀韓国人'後回し'▶  "本当に気持ち良く くれる人もいて ところが虫を見るような目で見ながら100ペソ(約2千300ウォン)一枚を全部投げつけてくれる人もいたりします..." 


睡眠は一日3千ウォンのつまらない宿舎で解決します。 

食事はご飯に水を入れて食べで済まします。 

問題はこのような状況でも賭博の誘惑に打ち勝つことができず、依然としてカジノをうかがっているということです。 

◀フィリピン同胞▶  "後ろ回しに立てば、自分がお金を得たら、それ持ってまた、博打を同じようにしてました。" 

韓国にいる家族たちからも見捨てられた場合がほとんどです。 


航空券を買うお金だけ送ってほしいと、送金してもらったお金を数回繰り返して、賭博に飛ばしては、韓国の家族も電話すら受けてくれません。 


フィリピン・マニラにいわゆる'後回し'と呼ばれ、身寄りのない人たちが数百人を超えます。 


(翻訳協力/2ちゃん番長)


 

違法なとばく場の急襲してみたら…賭博に熱中する韓国主婦ら

ここで捕まったら”負け”を取り戻せないニダ、刑札は暴力団の味方をするニカ
送り迎えから追加の資金貸し出しまで でも場所は秘密だったハズなのに


イメージ 1[ソウルミーナ]倉庫に不法賭博場を開設し、賭博を行った暴力団の一味が警察に逮捕されました。
とこでこの賭博場の常連客とはどのような人たちでしょうか。
意外にも、主婦たちが殆どでした。

-最高60倍にお金を増やすことができるという誘惑に、主婦が群がったというんですが。賭博に熱中する主婦ら。今日は、この問題を見てみます。

まず4月9日だからすぐ先週末の状況なんですよ。警察が急襲した不法賭博の現場画面で見た後話続きます。
サイコロ数字を当てるゲーム盤の一ヵ所に主婦数十人が駆けつけています。
いわゆるサイコロ賭博にすっかり夢中になっています。

イメージ 3


そこに警察が押しかけて賭け場は瞬く間に修羅場になります。

この賭博場を運営した一団は39歳のキム氏などの暴力組織員8人。この2月彼らは、京畿道光州(クァンジュ)の人跡まれな倉庫3ヵ所を借りて賭博場に改造しました。 倉庫の内部には防音材を設置して賭博の音が外に漏れて出ないようにしました。 場所を知られずに賭博師たちを運ぶため、車の中では外が見えないいわゆる真っ暗闇のタクシーも動員しました。

一日に動く掛け金は6000万ウォン程度、主婦30人余りが引っかかりました。

-光がさして出ないようにしておくために現場を警察たちが分からないということで安心をさせます。 そのためにたくさん来るようになったのに。。特に、配当率が最高60倍に達するという点のために一度に多くは30万ウォンずつをかけ、賭博に陥りました。

イメージ 5


これがどんなものですか。 -簡単に申しますと、カジノの一種類です。 多分サイコロを3つを同時に投げるんです。 それではそこに出てくる数字の合計を当てるとか、又は奇数、偶数を当てるとか。 またはその中で二つを当てるとか。 それで事実は出てくる確率がちょっと難しいほどバッティングをする割合自体が増幅されるようになるようです。

イメージ 4


見ると、今回摘発された人たちが5、60代の主婦たちなんです。 主婦たちがこれが実際に賭博に熱中する主婦らが多いでしょうか?

-そうだと見なければなりません。 私たちが一般的に犯罪件数では男性が圧倒的に優越します、特に賭博としたら、男性がもっと多いという先入観があります。
強盗、窃盗、詐欺などを見ると、少なくとも9:1の割合で事実は男性が多いのです。 女性による犯罪は10%に過ぎない。

しかしここで興味深いことに賭博犯罪は女性が占める割合がかなり高いです。 それでここ数年前から賭博事犯の割合によってもなんと40%ぐらいが女性による賭博犯罪であります。 さらに、常習賭博の場合では似たような恥である30%ほどがほとんどが主婦でした。 それで他の犯罪と大別される点が女性による犯罪性が発現することが賭けだこのように評価できるようです。



以下読まずにお進みください

そうですね。 賭博を続ける夫のためお腹を腐った妻は、または賭博に陥ることになるそのような悲惨な事故もいるということだがなぜそんなに賭博にはまっていいですか。 -家庭主婦のような場合は、いわゆるうつ病とか家庭における例えば疎外感また、40代、50代になって空巣シンドローム。このように何か寂しくてうつ病のようなものがいるからこれからの脱出のための方便で、最初は興味本位で小さな規模の賭博が開始されているということですね。 しかし、最初にこうしてスタートになった場合にこれを一時的な娯楽にとどまらなければならないが、結局一緒に通っている方たちが情緒的な共同体の役割を担当するから。 -一種の連帯感を感じ始めたんですね。 -そうでしょう。 そして現実から逃避するための適切な手段で初めてにウオンヒバッティングをしたが、そこにそれなりの成果があるという錯覚。そうしてみたら初期の好奇心が結局は中毒といった症状まで進化、発展しているわけですよ。 -実際に主婦として博打に溺れたが、今はやめた方なのに一度私達が電話で連結を一度やってみます。 匿名で連結をします。 お元気ですか。 -こんにちは。 -こんにちは。 -今はやめたと言ったが、どうして賭博に陥るようになりましたか? -さっきインタビューした住んで私も同じ場合です。 主婦の時の友達、赤ちゃんお母さんの友達が家に赤ん坊を連れて遊びに来いといって、ふたつがいると退屈だから、それを遊び半分で一緒にしたことだが、私がそれを学んでハウスに行って間の経験があります。 -だから親しい友達を付き合っている過程で知り合いが勧めてみたら一緒にするようになったこのようなお話ですが。 ところが、賭博に陥ることになると、だんだん日常生活も手によくつかない、そうじゃないですか。 どうでしたか?私もそのまま家庭生活、子供らの子供教育、こんなところにパターンが台無しになります。 それに関連すると、。 家族の管理とか。 生活のリズムが崩れているんです。 ギャンブル中毒になるからです。 何も見えませんよ。 -また家族たちには秘密にしなければならないから。 どれほどまた、心の中では気苦労多くしたでしょう。 -そうして見るから次次と嘘をつくようになってずっと生活が疲弊するのです。 人生の質が落ちて。 何の主婦の役割が、母親の役割がまたそんな役割がにならない。 -最後に一つだけもっとお聞き致します。 今この瞬間にももし、博打に溺れている方たちに一言してくれたらどんなおっしゃっていただけますか。 -私も、紆余曲折を通り過ぎました。 私がそのような一時の失敗をしたが、本人の意志があれば中毒も抜け出すことがあります。 なぜなら今はとても生活が長くからこの家庭...5、60台分をみると新しい暮らしを求められる自分の努力が必要です。 また、成果をなす見ると、本人の自尊感も高まってしたら、賭博中毒ということも十分に脱することができます。 -難しいインタビューしてくれましたが、ありがとうございます。 -お話ありがとうございます。 音声変調をしていたら、電話がとてもよく聞こえなかったが、それでも賭博を完全にまた、やめられた方のそんな直接事例を聞いたらちょっと信頼も行ってまたは賭博というのが中毒性が強いことはしかし、断ち切ることができますか。 -そうです。 ただし、重要なことは早期治療をするのが非常に重要なことです。 ところが、本人自らは私は賭博中毒者ではないとこんなに夫人をするために結局は10年以上が経過してからその次に治療を受けるこのようなものが韓国の平均状態なんです。 結局、これは基本的に脳が最初に記憶をします。 その興奮状態を。そうしてみたらこれをしなくなると、いわゆるて禁断現象が起きてその次には、いわゆる言ってこれを引き続きさらに増加しなければならないいわゆる耐性が生じるこのように表現されているということですね。 これが中毒なのに。 これが一つの意志としては確かに限界があるが、専門家の治療を受けるといえば、明確に断ち切ることができる病気だこのように評価できるようです。 -私の状況を客観的にちょっと見る必要があるね。 それが最初のですね。 -ある調査結果を見ると韓国の成人男女10人のうち8人は競馬やまたはカジノやないとできず、花札でもこのような射幸活動をしてみた経験があるこのような調査結果があるが…。 そうと10人のうちに8人が、こんな賭博中毒に陥るわけではないでしょうか。 -そうでしょう。 -どんな場合に陥ることになりますか? -まずは、誰がより脆弱なのか。 こんなに科学的に証明されなかったが、それでも研究結果によると生物学的に見たとき、テストステロン数値が高い人のような場合には喜びを感じることに簡単に衝動的に感じという点があります。 性格的に見ては、いわゆる刺激を追い求めて好奇心が多くていいように評価すれば、勝負師気質がある性格を持っている人が中毒される可能性が大きい。 またその逆の場合においては、遅くて賭博を開始した場合とか家庭の主婦においてはうつ病とか情緒の不安感がかなりひどくた場合、中毒になる確率が高いと言われています。 。実はやめたい気持ちがあっても一人はちょっと大変じゃないです。 支えられする方法があるそうですね。 -基本的にこの事実自体を明確に述べることが必要でです。 そして公式的にはその機関に、例えば韓国の賭博問題管理センター1336があります。 ここに専門的な助けを借りることができます。 -今日のお話ありがとうございます。 -ありがとうございます。


(翻訳、貼り付け:2ちゃん番長)



韓国ではお葬式のあとは花札をするというのが一般的によく知られていますが、これは鎖国をしていた朝鮮にニホンの文化が半島に伝わった19世紀末から始まった風習ですね。それまでの貨幣社会の発達しなかった朝鮮時代までは”丁半賭博”というものは全く存在しませんでした。
その後、急速に賭博文化が広まった朝鮮半島ですが、なにしろお金というものが無い世の中ですから、まさかコメを賭けたりするほどのこともあるわけがありません。
ニホンによる統治と現地で通用する貨幣の鋳造などの流通を通して徐々に貨幣社会へ変わっていったのです。つまり”賭博”を教えたのはニホンであり、賭博をするために欠かすことのできない”貨幣”を朝鮮にもたらしたのもニホンだということです。

例えがアレかもしれませんが、石器人って賭博しないでしょ。そいうことです。