minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

あの郡議員海外旅行の暴行 56億ウォンの訴訟へ


韓国郡議員の暴行 56億ウォンの損害賠償訴訟に

現地ガイドの国籍に基づいて、米国で提起 腕利きの弁護士は 韓国系
暴行の動機に焦点 ”性的風俗要求が挫折すると、敵対的感情に変わった”



イメージ 1
[ソウルミーナ]パク・ジョンチョル(54)醴泉郡議会議員に暴行された米国国籍の韓国人現地ガイドが、パク議員などを相手に50億ウォンを超える巨額の損害賠償訴訟を出すことにした。

このガイドの弁護を引き受けたローウェインシュタイン&ソーン法律事務所は23日(米国現地時間)ワシントンDC(DC)近くのバージニア州事務所で記者会見を開き、パク議員や同僚議員などを相手に500万ドル( 56億4千万ウォン)を超える訴訟を進行すると明らかにしたと、25日、分かった。


イメージ 2


この法律事務所は、損害賠償請求額を当初の200万ドルと発表しましたが、再び500万ドルで高めた。法律事務所の方は当時、「閉鎖回路(CCTV)映像を見ると、朴議員がガイドを偶発的に一回殴ったのではなく、2〜3回殴った。周辺にいた人たちも、このような状況を見ているだけあった。共犯として見ている」と述べた。

法律事務所の方では引き続き「刑事と民事訴訟を同時に進行する予定であり、被害者が受けた非経済的、または経済的な損失を計算し、損害賠償額を500万ドル以上に決めた」と付け加えた。

有罪判決時には財産の差し押さえするように

この訴訟は、裁判管轄権の問題が複雑で長期化する可能性がある。暴行が発生したのはカナダであり、暴行を受けたガイドは米国国籍の韓国系アメリカ人、加害者は韓国の国民である。米国の裁判所で刑事有罪判決が出れば朴議員や同行の議員には、国際的に逮捕令状が発行され、民法上では、朴議員と仲間の議員などに対して財産の差し押さえ措置が下される可能性がある。
醴泉郡議会は「まだ、米国法律事務所から書類を受け取ったり、連絡してきたことはない」と述べた。

イメージ 2

朴議員(当時副議長)は、同僚議員8人と一緒に米国東部とカナダでの研修をしていた昨年12月23日、カナダのトロントのバスの中で現地ガイドの顔と頭を打つ傷を負わせた。

醴泉郡民は国際的な恥をもたらしたその議員の辞任を要求したが、暴行の当事者であるパク・ジョンチョル議員は自ら辞退はないという立場を固守している。


イメージ 1
麻薬など凶悪犯罪検事出身の◀ノ·スンフン·ローウェインシュタイン&ソーン弁護士は "現場でパク·ジョンチョルを積極的に制止しなかった人たちも共犯" とし "醴泉郡議会として来たので組織にも責任がある" と述べた。

この弁護士事務所は、”事件の前日には宿泊先のカナダで、現地ガイドに 不法女性ホステスを呼ぶよう複数回要求した” とし ”現地ガイドが違法な性的風俗案内要求を拒絶し、当該の醴泉郡議員は現地ガイドに敵対的感情を持つに至った」と述べた。

訴訟対象は、被害者を暴行したパク·ジョンチョル醴泉郡議員だけではない。イ·ヒョンシク、クォン·ドシク、キム·ウンス醴泉郡議員、キム·ハクドン醴泉郡議会議長も含まれている。 


(ソウル/みそっち)



米国の裁判所に事件が受理されると、加害者側に通知し、3〜4ヶ月後に聴聞会と心理が進むと予想される。

もし有罪判決を受ければ朴議員の国際的な逮捕令状発給が可能。

韓国を離れて海外に出て行く瞬間逮捕されることがある。

また、賠償判決を受ければ米国の裁判所が、私たちの司法当局に通報して韓国内の財産を差し押さえるする措置をする可能性も排除することはできない。


というわけで降りかかってますね♩



イメージ 4