minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

工場の爆発 今週はいくつあった?



今週は工場の爆発が多かった韓国  日常なんだけど多すぎた
過去にはフッ化水素違法搬出もみ消しのため工場から漏れたことに



江陵科学団地内の工場で水素タンクの爆発... 2人死亡・4人負傷

イメージ 2
今日午後6時22分ごろ、江原道江陵市デジョンドンにある江陵科学産業団地内の江原テクノパーク江原ベンチャー工場で水素タンクの爆発事故が発生した。この事故で2人が死亡して、4人が負傷した。負傷者は江陵峨山病院に緊急搬送されて治療を受けている。
爆発が起きたのは、ディスプレイの工程装置用セラミック部品を製造するメーカーの工場で400㎥規模水素タンク3基を試験している間の事故が発生したと伝えられた



蔚山港化学工場では過酸化水素漏れ

イメージ 3
去る21日午後7時47分ごろ、蔚山蔚山港近くの化学工場で過酸化水素が漏れた。

この事故で、過酸化水素30kℓ程度が漏れたとされ、安定剤を分散させた後、他のタンクに移し、人命被害は発生しなかった。

過酸化水素は、強力な酸化力を持った環境にやさしい製品で製紙・繊維産業の脱色漂白用に使用される。この日の事故は、過酸化水素不純物除去する過程で圧力フィルタが爆発して、フィルタ内の過酸化水素が漏れたことが分かった。



清州市梧倉の工場でも爆発事故... 3人の重軽傷

イメージ 4
忠清北道清州の半導体部品メーカーの研究室でも爆発事故が発生して労働者3人が負傷した。
21日午後2時52分ごろ、清原区梧倉邑にある半導体部品メーカーの研究室で爆発事故が発生した。この事故で実験室にいた労働者のアさん(37)が全身にやけどを負い、病院に運ばれた。また、ウン氏(37)など2人の顔などを痛め、病院で治療を受けている。
忠北道消防本部の関係者は、「工場棟配合室で薬品をまとめていたのが突然爆発した」は、通報を受けて現場に出動してこれらを救助した」とし「火災は発生しなかった」と説明した。



堤川ディスプレイ材料メーカーの爆発事故重傷者2人追加死亡... 死者3人目

イメージ 5
去る13日午後、堤川市 旺岩洞のディスプレイ用材料の生産メーカーで発生した爆発事故死亡者が3人に増えた。忠清北道堤川警察署は、今回の事故の重傷者3人のうち2人が病院で治療を受けている間に死亡したと21日明らかにした。

去る13日、午後2時27分ごろ、堤川市旺岩洞のディスプレイ用材料の生産メーカーで爆発事故と推定される火災が発生し、大企業あ社正社員である李氏(38)が死亡した。また、この会社の従業員のチェ某氏(46)ら3人が全身に火傷を負って病院に運ばかけた。続いて20日午後6時ごろ、この事故で重傷を負ってソウル漢江誠心病院で治療を受けていた材料メーカーの従業員チェ某氏(46)が死亡した。去る16日にも、同じ病院で治療中の大企業ㄱサ所属職員のチェ某氏(56)が死亡した

警察関係者は「国立科学捜査研究院から、これらはすべて火傷で死亡したと1次所見を受けた」と明らかにした。


慶北亀尾電子部品工場も出火···”4時間で大きな炎消す”

イメージ 6
20日未明、慶北亀尾地域の産業団地で火災が発生し、4時間後に大きな炎がようやく消えた。人命被害はないことが分かった。この日の午前3時36分ごろ、慶尚北道亀尾市ゴンダンドンの電子部品工場で火事が起きた。この場所は、塩酸100ℓを保管していた。
風が強く、近くの工場で火が拡大されるなど、消火に困難を経験しており、消防当局はこの日午前5時07分対応2段階を下した。また、近くの工場の有毒(フッ酸100t・過酸化水素8t・硝酸40t)を別の場所に移動することを指示した。

以降消火作業に集中した消防当局は、午前5時25分対応1段階引き下げて、火が出たか、約4時間後の午前7時20分ごろ、大きな炎をした。この工場は8棟が火に乗った。



1200tもあった忠清北道鎮川炭工場の火​​災... 75時間後に自然鎮火

イメージ 7
忠清北道鎮川郡の炭工場で火災が発生し、木材などをすべて乗せ75時間で消えた。

消防当局は「膨大な量の炭製作のための材料が一度に燃え上がり乗って自然燃焼が避けられず、完全に消火まで長くかかった」と伝えた。

鎮川消防署は16日午前1時ごろ、忠清北道 鎮川郡 徳山面 花上里の炭工場で発生した火災は19日午前4時ごろ、鎮火したと発表した。

火は2階建てのプレハブパネル工場1棟の一部(850㎡)を焼いて消防署推算3800万ウォン余りの財産被害を出した幸い人命被害はなかった。
消防当局は火が1000tに達する炭製作用木材に移って1200度に達する熱を吹きだすとすぐに自然燃焼を選択した。



忠南瑞山ハンファトータル工場で油蒸気流出... 周辺住民126人の病院の治療

イメージ 1
忠清南道 瑞山市 大山邑にあるハンファトータル工場で流出した油蒸気が周辺の村に広がり、住民が相次いで病院を探している。
この事故は17日午後1時17分ごろ、ハンファトータル工場内のスチレンモノマー工程屋外タンクからオイルミストが流出した。
150tサイズのタンクから出油蒸気は40分の間に、風に乗って拡散しながら工場はもちろん、周辺の村に広がった。
現在までに600人以上から被害申告を受けている。


(ソウル/みそっち)




ということなんですが、ぼちぼちと死者も出てきています。記事へのコメントには ”安全不信” ”故人の冥福” みたいなことを繰り返しているばかりで再発防止なんてことはこれっぽっちも思い浮かばないようです。




イメージ 9

ずずず~っ