minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

ふくろうおばさん←今すぐ検索



韓国の高齢男女の聖地バッカス公園が様変わり
今どきの主役は ”ふくろうおばさん” たちだった



イメージ 3
[ソウルミーナ]ソウルの楽園商店街の裏側や宗廟(チョンミョ)公園一帯に集まるおじいさんたちを相手に売春していた "バッカスおばさん" が最近,警察の取り締まりで大きく消え、その空白を "ふくろうおばさん" たちが埋めている。

 "ふくろう"とは、話し相手と軽いスキンシップを与える見返りに、金を受け取る中年女性を指す鐘路一帯の祖父らの隠語だ。 夜に静かに登場すると言って、そんな名前がついたという。 猛禽類のふくろうは肉食で獰猛だという

同日、楽園商店街で会った80代のチェ某さんは、ふくろうをこのように説明した。 「夕方になると顔を白く塗りたくった老女が路地に尻尾を揺らしながら立っている。 わずか1万ウォンであれば、1時間は面白く話することができる。 どんなにけらけらとよく笑っているのか、気持ちよければ、1万ウォンも握らせて。 口紅をひとつ買えって小遣いだ小遣い。」

チェさんに付いて行った。 膝の関節が良くないという彼は足を引きずりながらゆっくり歩いた。 「こんなに年を取ったから誰が相手にするか。ふくろうたちに会って、静かな夜に茶でも一杯飲んで言葉も交わすのが私の唯一の楽しみ」


屋台店が一列に並んでいる路地に入ると、周辺をうろうろする50代中・後半に見える女性10人あまりが目に付いた。 一様に濃い化粧をした顔に派手なスカーフで精一杯おしゃれをした。 体に密着する黒いワンピースを着たふくろうは、屋台店を覗いたところ、自分を呼ぶ70代の男性の手に大騒ぎして喜んだ。

他のふくろうたちも、町を通るおじいさんたちに手を振って声をかけた。 たっぷりとした体つきのふくろうは、あるおじいさんの手首をつかんでは深みのある路地に導いた。 チェさんはこの日初めて会った"ふくろう"のキム某婆と屋台に入った。 屋台では焼酎を紙コップ1杯1000ウォンで売っていた。

2人は1時間ほど、焼酎グラスを傾けた。 チェさんが主に話しキム婆は相槌を打った。 キムさんはチェさんの肩と足を揉んであげたりもした。 チェさんはポケットから派手な花模様のブローチを取り出してキムさんにプレゼントし、キム婆は "子供のように喜んだ。 別れる時、チェさんは言った。「キムさん,また会いましょう」 彼は、キム婆の手に2万ウォンを渡した。

チェさんは "ふくろう" とデートする人たちは主に屋台や深夜喫茶店、韓国料理店を訪れるという。 たまにモーテルで行く人もいるが、大半は1~2時間だけ対話して別れとした。 彼は "体が混ざるより,心を分かち合った方がいい" と語った。


◇ ◇ 


毎日この近所を巡察するというある警察官は「’バッカスおばさん' は、以前には200~300人程度いたが、最近は数十人水準に減少した」、「代わりに恋愛するようにお年寄りたちと手を握って通って、散歩しながら話をするおばさんたちが増えた」とした。

イメージ 1


祖父たちがふくろうを捜す理由は単純だった。 精神的な寂しさを癒すことができ,"バッカスおばさん"より安価で時間を過ごせるためだ。 ある80代の男性はこう語った。 "この年でどこに行って女に会って話をするんだ。 "会話が良くなくてもいいから,僕の話を聞いてくれる女に会いたいのが男の気持ちではないだろうか。”

"ふくろう"に見せたいおじいさんたちのおかげで,新しくできた風景もある。 最近、楽園商店街の裏側の空き地には、1000~3000ウォンの'偽物'宝石の装身具を販売する移動売店がいくつか入った。 主な顧客層はふくろうに会おうとするおじいさんたちだ。

売店の主人李某(70)氏は "年を取っても、女性は贈り物好きで男はお金を使わなければならないので、懐事情がつまらないおじいさんらが、ここを訪れる" とした。 おじいさんたちは "お見合いに行く" と言って指輪やブレスレット、ネックレスを買うという。 同日、李さんの売店で40人余りがふくろうにあげるプレゼントを買っていった。


(ソウル/みそっち)




というのが2015年の記事で、バッカス公園のお年寄りはフクロウごっこ遊びをしているというお話ですね。

たしかにバッカスおばさんは10年くらい前をピークに急激に減ってきているようです。バッカスおばさんが話題になったのは1990年代初頭のことですから30年も過ぎてみれば、そのままベテラン級の怪物に進化するおばさんばかりではないので減ってゆくしかないのかもしれません。新しい人材の流入も無いし、まぁ、全体的にそのまま年齢層が上昇したことや、比較的年齢の若い新参者の50~60代のお年寄り予備軍がバッカス公園に見向きもしなくなったことが原因でしょう。

バッカスおばさんも次々とバッカスおばあさんの世代へと変わったけど新しい人材の供給もいくらかあるようです。これを韓国市民の多くは「不法滞在の外国人がバッカス公園に集合している」と思い込みたいようですが、バッカス公園にいるのは純正な韓国オモニだけですよ。

世の中の景気は全く良くないのでバッカス公園でおはじきをしているお年寄りも減ってきているようです。


次回:光化門広場のデモに参加する日当はどのくらい?


おまけ

イメージ 1

▲マスターズの優勝者予想を尋ねられ思わず破顔するトランプ大統領
となりで苦笑いするしかないのが韓国のムン大統領