minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

死んだ母の香典、遺族が最後の争奪戦

 

これが韓国⓮

今度は '母親の法事、香典' で醜い争い

香典を独占した兄嫁を殴った小姑に罰金刑 兄弟姉妹同士で民事訴訟

相続放棄や遺体放棄が世界で一番多い国

 

イメージ 3
[暮らしのミーナ]死んだ母親の法事の後、香典を置いて行われた兄弟間の争いが民・刑事訴訟にまで広がって話題だ。

 

母親が死亡した後、弔問客から受け取った香典をすべて持っていった(女性からみ)男兄弟を押しのけ傷を負わせた疑いで裁判に渡された義理の妹に罰金刑が宣告された。

 

ソウル南部地方裁判所刑事3単独チョン・ジンウォン判事は傷害疑惑で起訴されたA(67女)さんに罰金100万ウォンを宣告したと12日明らかにした。

Aさんは、母親が死亡した後、受けた香典を兄嫁のBさんが全部持っていったと見るやBさんの夫(兄にあたる)を相手に民事訴訟を提起した状態であった。

※ソウル豆知識:韓国は夫婦別姓で子供は父の姓を名乗り、同じ姓同士では結婚しない、そのため母親と子供たちはほぼ姓が違う

 

彼女は昨年4月12日、ソウル南部地裁1階の廊下で民事訴訟裁判を終えて出てきた中でBさんが香典を持っていったのに怒ってBさんの顔や体を押しのけ服を引き裂くなど全治2週間の傷害を負わせた疑いで起訴された。

 

チョン判事 は "検察が提出した証拠を総合すれば犯行事実が十分に認められるのにも犯行を否認していて、被害回復がなされない点などを参酌した" と量刑理由を明らかにした。

 

(ソウル/みそっち)
 

 

死ぬでしょ、財産なんて無ければ最後の争奪戦は香典なのです。

韓国の葬儀場は病院と併設されていますよ。そこに花輪が並んだり椅子が並んでいたりします。仕出しがでてくるのはニホンと似ているかもしれないですね。

 

ソウル豆知識⑦ 泣き女っていうのはホントにいる。

泣き女ひとすじでせがれを大学まで出したなんていうお手柄話があるんですからホントなんです。

そりゃあもう、わんわん泣くそうです。弔問客がいなくなると出てくるもので腹ごしらえして、それからまた泣くのです。

 

香典は名前書いてもらうんですけど、中身は最大でも5万ウォン程度、これは結婚のお祝いも同じ水準です。お友達に招待されても5万ウォン以上を持っていくことはありません。遠い親戚を呼ぶこともありません。大学教授や病院経営者などになりすましたサクラにお金を払って出席してもらうのです。

香典ドロボウなんていうのもいますよ。

親族のような恰好をして受付のところにやってきて「交代するよ、一服しておいで」なんて言うんですが、せっせと自分のふくろにお金を入れちゃうんです。

 

んでも葬式さえ出さないことも多いですよ。相続放棄ですね。

 

 

 

ちょーウケる韓国❹

「死んだ父なんて知りません」借金の相続放棄は昨年3915件
相続された財産内で借金を解決する限定承認も4313件の最高値記録
 
 
イメージ 1
[ソウルミーナ]「受け継ぐものが借金しかない」という理由で相続を放棄する事例がいよいよ増えている。昨年、ソウル家庭裁判所を通じて行われた相続放棄と相続限定承認が過去最高を記録した。
 
相続を受ける時、積極的財産(財産・債権など)だけでなく、消極財産(債務・遺贈など)も受け継ぐことになるが、消極財産が積極的に財産より多い場合、相続人が相続権を放棄するのが相続放棄だ。
 
児童保護施設で生活していたAさん(18)は、顔もよく知らない父親の借金を抱えるところだった。子供の頃からAさんを虐待したアルコール依存者の父親は借金だけを残したまま死亡し、母は10年以上前に家を出たからである。Aさんは施設院長の助けを借りて、法律救助公団のドアを叩いて、最終的に裁判所で相続放棄申請を適用された。
 
このように「借金まで相続することはできない」という理由で相続を放棄する事例が増えている。また、相続放棄と限定承認が増えるのは「不況の断面」という分析が出ている。
 
しかし、高齢者や青少年の場合、制度をよく知らないで申請期限を逃す日まで頻発して、法律脆弱階層が借金を相続受けないように法律支援をしなければならないという指摘も提起される。
 
22日、ソウル家庭裁判所によると、昨年だけでも合計3915件の相続放棄と4313件の限定承認が引用された。2009年に相続放棄が2515件、限定承認は2590件発生したものと比較すると、最近10年の間に相続放棄は55.7%(1400件)、限定承認は66.5%(1723件)、それぞれ増加したのだ。
※ここで注意してほしいのはこの相続放棄件数はソウル家庭裁判所の管轄するところだけの合計であることで、周囲の京畿道であれば別に京畿道家庭裁判所がある。人口5000万人の韓国でソウル市には1000万人いるのだから簡単に見積もって相続放棄はこの5倍になる。
 
相続を受けるときは、財産・債券などだけでなく、借金も受け継ぐが、借金が財産よりも多いとき相続人が相続権を放棄するのが相続放棄だ。限定承認は、相続された財産の限度内でのみ被相続人の借金を返済するものである。相続放棄と相続限定承認が増えるのは、「不況の暗い断面」という分析だ。
 
江原太白市に住む基礎生活受給対象者であるB(女・78)さんは、息子が死んだ後、息子がクレジットカード会社に負った400万ウォン余りを抱えた。しかし、文字を読むことも知らないBさんは、借金が相続されるという事実も、信用情報会社が送った督促状の意味もよくわからなかった。後で、別の子供が訪ねてきて書類の内容を読んでくれてようやく息子に借金があったという事実を悟ったが、相続放棄期限の3ヶ月を超えた後だった。結局、Bさんは、公団の助けを借りて、特別な限定承認が適用された。
※78才で文盲というのは韓国では割と普通のこと。韓国では中学校教育すら義務教育化されたのはなんと2004年になってからである。
 
 
 
瑞草洞のある弁護士はこのような流れに対して「景気不況の一断面とも解釈される」として「選位相続人が相続放棄の事実を知らせなければ後順位相続人が知らない新しい負債を相続される状況が生じる可能性があり注意が必要だ」と呼びかけた。
 
 
(ソウル/みそっち)
 

 
 
ソウルで一人暮らししているのが死んでも、誰も遺体を引き取りに来ないというのが韓国では一般的です。そういうのは火葬代をソウル市が負担して骨は無縁処理されますよね。
うっかり入院して病院で死んだりすると治療費や死亡診断書などでお金がかかりますから形ばかりの葬式をして香典を貰うとそのままドロンするのだっているのです。
お役所は遺族探しするのもお仕事ですが、「どうします?」と聞くわけです。そうすると「そっちでやっちゃってください」と答えるわけです。
 
 
考試院とか長屋みたいなところで死んじゃうと部屋にあった扇風機とかの家財道具は道に出されてそれぞれが持ち帰って顔も知らない故人を偲んだりします。
 
 
 
 
再々再掲載
 
葬儀費1000万ウォン…お金ないので弟の遺体放棄します"
 
韓国型遺体放棄 '家族いる' のに無縁の死亡者急増
1960年代から強制された葬儀文化は朝鮮人には無縁のしるし
 
 
 
イメージ 3
[暮らしのミーナ]昨年8月4日、キム某(当時59)氏親子は、ソウル広津区の家で悲劇的な選択をした。 蒸し暑い夏の扉をすべて閉めたまま、練炭の火を咲かせて寝入った後翌日目を開けることがなかった。 親子の遺体は二ヵ月が過ぎて発見された。 ※液状化
 
遺書代わりに残された息子(当時27)の日記には、人生に対する意欲に満ちていた。 新たに始めようとした事業計画、運を期待したように撮っておいたロト番号6つなど。人生を生きようとしたが、死ぬしかない立場に追い込まれたこの親子に警察は'生活苦による自殺'という事件のタイトルをつけた。
 
父子の不運は死のあとにもなっていた。 警察が周辺を探して連絡を待ったが、遺体を引き取る家族がどこからも現われなかった。 警察の依頼を受けた区役所が遺体を引き取れる'縁故'基準(2親等以下)によって、在籍謄本、家族関係証明書の確認など行政力を稼動した末にようやくキムさんの姉、妹と連絡がついた。
 
しかし、やっと見つけた二人は意外な話をした。 "弟(お兄さん)と甥の遺体を放棄します" キム氏が背負わなければならなかった借金が一緒に負わせるのではと心配するのが表向きの理由だった。 事実、亡者の借金を直ちに抱えることもなかったが、これらの姉妹もキム氏親子の葬儀を担うほど余裕のある暮らしがなかった。 結局、キム氏親子は'実際'の家族はいるが、遺体を引き取る'行政上'の家族がないので'無縁の死亡者'というレッテルが貼られた。
 
親子の遺体は葬儀の手続きが省略されたまま公営火葬場(ソウル市立昇華院)に移され、火葬された。 無縁の死亡者は火葬した後、骨を拾い出す作業(収骨)だけして、骨を掃き集める作業(粉骨)はしない。 もし遅れて家族が訪ねて来ても、葬儀をして与えかねないという風のためだ。
※焼き灰には金歯などが含まれており 業者が取り合いをすることが多い
 
収骨された骨は無縁の死亡者だけが埋葬する'無縁の追悼の家'(京畿道坡州市)に移される。 その所は埋葬というよりは事実上の保管する場所に近い。 そして10年間家族を待っている。 キム氏親子のように。
※10年の保管期間が過ぎると書類上の保管の義務もなくなり灰は廃棄物として処分される
 
無縁の死亡、昨年1232人 5年の間二倍も増加
そんなキム氏親子ばかりの話ではない。 無縁の死亡者が増えている。 住んでいたところで、あるいは道端や病室で息を引き取ったが、遺族がなかったり、遺体を買収できる人がいなくなり遺体まで一人で寂しいことに残された人々。多くは遺族がいるにもかかわらず、経済的な負担などを理由に遺体の引き取りを拒否されている。 死んでまでそっぽを向かれているわけだ。 経済不況と厳しい社会が作った悲しい断面だ。
 
23日、保健福祉部によると、最近、無縁の死亡者は急増傾向を示している。 2011年682人から毎年増え、昨年は1,232人に5年ぶりに二倍に増加した。 人口が密集したソウル市は増加傾向がさらに高騰だ。 昨年全体308人だったその数値は、今年上半期だけで200人を超えた。
 
関係機関従事者たちは家族が実際にない無縁の死亡者より、最近は'遺族、縁故のない'死亡者がほとんどだと口をそろえている。 まだこれに対する正確な統計はない。
 
区役所の関係者は"警察や病院で家族を探すことができないとし、送ってくる方たち10人のうち9人は2親等以内の家族と連絡が取れますが、いざ遺体を引き取っていくのは一人や二人なるかならないかだ"と話した。 また、他の区役所の関係者も"10年前には10人のうち5、6人は遺体を引き取っていったが、最近ではは事実上誰も訪れないと考えなければならない"とした。
 
 
葬儀費がなく遺体引き取り無視  生活苦苦しむ貧困層ほど
兄弟ㆍ姉妹も、所得水準も低い 
 
これには貧困が最も直接的な理由に挙げられる。 区役所の関係者は"家族が遺体の引き取りをすると葬式場で葬儀を行わなければならないが、近年は葬式費用を捻出できずに、遺体を放棄する場合が大半だ。 結局、金が家族、遺体を放棄させる"と説明した。
 
実際の病院や専門葬儀場で葬儀を行うためには、たくさんのお金が必要だ。 公営の葬儀場を運営するソウル施設公団が市民情報提供のレベルで調査した葬儀費用は殯所使用料(3日使用基準)186万ウォン、葬儀用品及びエンバーミング320万ウォン、埋葬料260万ウォンなどを合わせて平均1,189万ウォン程度だ。
最も基本的な手続きだけを行ったとしても、優に600万ウォンはかかる。 政府が、基礎生活受給者に限って葬儀費を75万ウォン支援しているが、遺体を病院や葬儀場に一日保管するのにかかる費用にしかならない。
 
このため、家族の遺体を置いて逃げることも発生する。 この5月、大田(テジョン)のある病院は葬儀を行った遺族が母親(68)遺体を残して消えた。 2人の息子と娘が1,000万ウォン近い葬儀費を出すことが出来ないと"お金を用意してくる"と去った後、帰って来なかったのだ。 彼らは、自分たちが持っていたお金で病院費を納付して、葬儀費は香典に充てようとしたが、香典がそれだけ入らなかった。 結局、葬儀の手続きは中断され、母親は無縁の死亡者として残ることになった。
 
 
2013年、慶尚北道慶山市では、夫の出棺が2時間ほど控えて葬儀費を用意してくるとして葬儀場を出た妻のキム某(53)氏が自分が住んでいたマンション13階から飛び降りて運命を異にした。 キムさんの夫も生活苦を待たず、同じマンションで飛び降り自殺したため、切なさは加えた。 彼ら夫婦は10年近く毎月出る120万ウォン支援金に依存していた基礎生活受給者だった。 キムさんは知り合いたちにずっと"葬儀費500万ウォンをどう設けるべきか分からない"と訴えたという。 こうして夫婦とも無縁の死亡者になった。
昨年4月にも、ソウルではお金がなく、父親の葬儀を放棄しなければならなかった30代の男性がわずか数年後、同じ理由で無縁の死亡者になることもあった。
 
キムユンテ、高麗(コリョ)大学社会学科教授は "貧困層ほど、親、子ども、兄弟姉妹皆似た所得水準の確率が高く、お互いに家族の役割に充実し難い"、"このように破片化された家族の構成員たちが社会安全網からも排除されれば、完全に孤立した状態で死を迎えることになること"と診断した。
ク・インフェ、ソウル大学社会福祉学科教授は"葬儀費や病院費に押されて家族が遺体を放棄して無縁の死亡者になるのは、死以降も再び孤立すること"とし、"社会が遺体を放棄する家族を非情な人と導くのではなく、該当の問題を国家システムに運ばねばならない"と指摘した。
 
 
 
今年1月末A氏はソウル江北区庁からかかってきた電話に "兄を無縁の死亡者として処理してほしい" と要請し、号泣した。 兄の2人の息子が遺体の引き取りを放棄した後、彼に連絡がきたが、その彼も同様に、信用不良者だった。 彼が受話器の向こう見ず知らず公務員にした長い次の愚痴はもしかしたら、死んでもお金のためにやむを得ず捨てられる人たちをわが社会が無関心に放置してはならないという訴えと言える。
 
"貧しい家に生まれて幼い時代を除いては事実上他人のように離れて過ごすことしかありませんでした。 兄はソウルで、私は江原道でお互いにどのようにでも生きて残ってみようと努力したが、易しくなかったです。 毎日頑張って持ちこたえられたら、いつ行った先輩と再び身を苦しめられながら住める日が来ると思ったのに来ていないですね。 さらに、私が兄の葬儀も無事に終えてあげられなくてとても悲しくて腹が立ちます。 生きても他人達のように平凡に暮らしてないのに、死んでも人たちのように死にません。 私の兄よく送ってください。 申し訳ありません。"
 
 
(ソウル/みそっち)
 
 

 
 
 
親孝行のむすこが亡くなった親を背負って埋めに行く
 
長いこと朝鮮では、死んだら〝野山に埋めに行く〟という朝鮮文化が継承されていました。ですから 「親孝行のむすこが亡くなった親を背負って埋めに行く」というのは今でも美談として語り継がれています
その後、韓国でも葬式が行われるようになり、朴正煕のころから義務化されました。これが〝家族儀礼準則〟というものですね。 
死んだらお弔いしろ、とか、喪に服せ などといったことが明文化されたわけです。結婚式でも、やらないでなんとなく暮らすのはダメということになり、韓国と聞けば思い出すあの〝集団結婚式〟なんていう体裁が整ったりしました。 
 
しかしそういう文化ばかりではありません。
 
 
 
再掲載
 
霊安室からの帰還、家族は引取りを拒否
  
セヲル号遺族でも生存者家族と遺族の間にあった葛藤
死ぬなら死んでくれればいいのに、 生き返っても引き取り手のないおじいちゃん
   
    
 
イメージ 4
[今日のミーナ]病院で死亡判定を受けた60代の男性が霊安室庫に入る直前に目覚めた事件が発生した。
 
この18日午後1時45分に釜山市沙下区槐亭洞のある住宅にA(64)さんが倒れているのを近所の人が発見して消防本部に通報した。
119救助隊はA氏の健康状態が深刻なほど悪くて、救急車に乗せて心肺蘇生術をし、10分後に、周辺の大学病院の救急室に移った。
救急室でA氏は数十分間心肺蘇生術を受けたが、脈拍がなくなると、当直の医師は死亡判定を下してA氏を霊安室に移すようにした。
 
 
検案のため検死官を同行した警察がA氏を冷凍庫に入れる前に最後に見て、びっくりするしかなかった。
A氏の首の喉仏がもぐもぐ動いて息をしていたためだった。警察は、病院側にすぐに連絡して救急治療室にA氏を再度移して治療を受けさせるようにした。現在A氏は、脈拍と血圧は正常に戻ってきたが、意識はない状態だ。
 
Aさんは家族が身柄の引き取りを拒否したため、釜山医療院に移された。警察の関係者は "当初A氏を見た時、肌の色が黒く変わっているなどして死亡したものと見た"、
"検視の過程でしっかり見届けずに死亡処理したとすれば、大変な出来事が起きるところだった"と話した。 (防腐剤の注射とかね)
 
警察はA氏に死亡判定を下した応急室、医師を相手に過失の有無を調査する予定だ。大学病院の関係者は"A氏は病院到着前の死亡状態(DOA・Dead On Arrival)で、病院でも15分以上心肺停止状態だったので、医学的に死亡判定を下したのは当然のことだ"とし、"A氏が再び息を休んだのは奇跡的な再生であり、病院の過失はない"と話した。
 
ネチズンたちは"死亡判定60代の男性、意識も訪れられるよう、"、"死亡判定60代の男性、何事だろう"、"死亡判定60代の男性、家族たちが身柄引き受け拒否か?"などの反応を示した。
 
 
 
(翻訳:みそっち)
 

 
 
厳選再掲載
香典取りまとめて母親死体放棄…詐欺疑惑遺族立件
 
毎年無縁の死亡者が着実に発生している中で、この中で、遺族が遺体引取りを放棄して、無縁故遺体処理されるケースが増えていることが分かった。
遺体は'遺体放棄覚書'書いて無縁故処理、
 
 
イメージ 1[話題のミーナ]母親の葬儀を終えて出棺をしないまま、お香典だけ持って行方をくらました遺族が警察に立件された。遺体は'遺体を放棄する'という遺族の覚書で、無縁故処理された。
 
大田屯山(テジョン・ドゥンサン)警察署は29日、母親の病院入院費や葬儀式場費用を払わず逃げた容疑(詐欺)で、娘A(41)氏を在宅起訴した。
 
警察によると、A氏は、大田のある病院に入院していて5月5日持病で死亡した母親の葬儀を同じ病院の葬儀場で行われ後に出棺前連絡を絶った。お香典もともに消えた。
他の遺族の2人の息子は "上の姉(A氏)が香典の金だけ持って行った"、病院側に入院費や葬儀費に対する支払意思を見せなかったという。
 
病院側は、遺体を安置室へ移して詐欺の疑いで遺族を警察に告訴した。
最近、これらを順に召喚して取り調べた警察は長女に対し、詐欺容疑を適用して立件した。
警察関係者は "お金を持って行った娘に犯罪容疑があると判断して立件したこと" とし、"起訴意見で検察に送致する予定" と話した。
病院側が受けられなかった入院費や葬儀費は2千万ウォンにのぼるものとされた。
これら遺族はまた、遺体放棄覚書を書いて遺体を無縁の処理されるようにしたものと把握された。遺体はこの21日、火葬され、現在、納骨堂に臨時安置されたことが確認された。Aさんが亡くなって170日ぶりだ。
遺族たちは警察と病院側に "家庭の都合により押された費用を負担できない" という意思を明らかにしたという。
 
遺体処理に対する行政上の用語の一つである無縁故遺体処理は家族や親戚などの縁故がない人が死亡した時に取る方式をいう。
自治体は、関係法令によって日刊紙などに公告を出して遺体を火葬した後、10年間安置したあと、集団埋葬する。
 
 
 
(翻訳:みそっち)
 
 

 
 
イメージ 2
 
いろいろあるからさぁ~