minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

対馬観光に韓国が大騒ぎするしかない理由

 

対馬がなぜ韓国人の人気観光地だったのだろうか

独島だけじゃない”朝鮮の地” という韓国人の主張? ううん違うよ
統計上の”海外旅行経験者”を増やすために仕組まれた対馬観光

 

 

イメージ 1
[グルメミーナ]対馬? どこそれ?? 鉄砲伝来?? あれは種子島ですよ。いえいえ古くは、日朝交易の拠点であり晴れた日には釜山が良く見えると言われがちなところですね。韓国人に言わせれば「対馬を訪問する外国人の99%が韓国人」ってことですから、韓国人にとってはとても大切な海外渡航先なのです。これが年間30万人程度ですが、韓国が大騒ぎするのには大きな理由があったのです。
 

韓国人に対馬が人気を集めている第一の理由は、近く交通の便が多様であるという点である。釜山から船で最短1時間10分で行くことができる、最も近い海外旅行先であり、北部比田勝港と南部厳原港厳原港)に一日に7〜8編の往復船便が運航している。近いので韓国人の対馬観光日程は65%以上が日帰りで行われている。

第二には、トレッキング、釣り、海水浴など、主に自然を活用した観光地が多い。肉眼で釜山を見ることができる韓国展望台が韓国人がお気に入りの観光地だ。生涯初の海外旅行で対馬を訪れたし、観光客は、「たった1時間後に海外旅行を体験することができ、本物の和食を味わうことができるなんてとても不思議だ」と満足感を示した。

第三に、ショッピングである。短い時間で気軽に免税店利用が可能で、医薬品、食品、化粧品など日本の商品を購入できる点が大きな魅力だ。対馬路線を運営するた海運会社の調査によると、対馬観光の主な目的のために買い物を挙げた韓国人観光客の割合が80%に達した。対馬至る所で短期の旅行にふさわしくない大きな袋を所持した韓国人観光客を難なく見つけることができる。

 
 
ハナシは少しまえに戻りますが、2012年ごろ韓国も海外旅行者の数字を気にし始めました。韓国人の海外旅行者数ですよ。韓国では海外旅行の自由化が1980年以降段階的に進められてきました、2017年の韓国人海外旅行者数は3000万人には足りませんでしたが、「国民の55%が海外旅行をする時代」とまで言い出したのです。これだけ見ると「やっぱ先進国並みだね」なんて勘違いしそうですよね。「韓国人は海外旅行が好き」「韓国人売春婦のいないところは南極大陸だけ」「ビザなし渡航国は190か国」なんて喜んでいましたからね。
 
 
海外旅行者数が多いのは先進国なのだ?
 
ところが同年の「海外旅行経験者比率」では何と、「海外旅行を経験した韓国人」はわずか20.1%という調査結果が出ました。13歳以上では26.5%という数字も出てきています。 つまり海外旅行者数は増えているがそれは同じ人がいつも海外旅行をしているだけ。ということなのです。韓国では海外旅行とは全く無縁な低学歴低所得非識字層は国民の80%以上なのです。
 
そこで「海外旅行をしたことがある韓国人」を増やすために最も近い「外国」である対馬に人気が集中したわけです。
 
これで、韓国人の「初めての海外旅行経験者」は確実に増えるハズでした。対外的にも「海外旅行をしたことがある」と答えることが出来るのです。そしてたしかに「海外旅行をしたことがある」と答えた日帰りで手軽な海外旅行者を増やすことが出来たのです。ところが対馬を訪れた韓国人はそのほとんどがこれ1回だけで海外旅行に満足しているというアンケート結果もあります。
 
安くて近い海外旅行ですが、韓国人にとっての海外旅行とは「海外旅行をしたことがある」と答えるためのステップでしかないわけです。そしてそれは一度キリなんですね、その先が無い。
対馬を訪れる韓国人に「海外旅行の経験」を聞いて見るとその90%以上が初めてということです。(まだ10%くらいは何度も往復している)
毎年調査の行われる「海外旅行をしたことがある」と答える韓国人を増やすために韓国産業観光部が高速船運行会社に支援金を与えて統計的な海外旅行者数を増やしてきたマジックを自ら放棄したのも韓国です。手軽で身近に海外旅行にカウントされる場所が無くなることでダメージを受けるのは韓国だったのです。
今年急減した対馬への旅行者で、「初めて海外旅行する韓国人」が減ることは確実です。日帰りの国内旅行のような感覚で「海外旅行」にカウントされてきた対馬への渡航が無くなれば、今後も韓国人の「海外旅行経験者」の比率は大きく増えることは無くなるだろうという観測です。
 
(ソウル/みそっち)
 

 
というわけで、対馬の観光産業は焦土化なんて言っている韓国がもっともダメージを受けてしまうというわけなのです。
 
ちなみにニホンではこんな感じです、越後の鬱老人でもマッターホルンとか行くのにね(ホントカ)

f:id:ninoQ:20191014060844j:plain

 
 
 
イメージ 5