minaQのつぶやき 네토미나

実はお酒飲めないんです ウソ

韓国人14人のうち一部帰国に大統領専用機派遣

 

クルーズ船の韓国人14人のうち一部だけ帰国希望

羽田空港に韓国の大統領専用機を派遣 初めて聞いた「空軍3号機」
あのときに受け取ったインドネシア製CN-235が大統領専用機なのだ

 

 

イメージ 2

[NEWSミーナ]韓国政府は18日午後にも、大統領専用機である空軍3号機を投入して、クルーズ船ダイヤモンドプリンセス号内の韓国人14人のうち、帰国希望の搭乗客を国内に搬送する案をニホンの厚生労働省と電話協議したと17日明らかにした。

 

▲韓国空軍3号機はインドネシアに輸出した武器類の代金の代わりに受け取ったインドネシア製の輸送機。

 

政府は早ければ18日午後にも、ニホンに大統領専用機を送って横浜にあるクルーズ船'ダイヤモンドプリンセス'号の韓国人たちを連れてくる方法をニホン政府と協議している。

 

このクルーズ船には乗客9人と乗務員5人まで合わせて計14人の韓国人が乗っているが、一部は韓国に行きたいという意思を示している。

 

政府は現在、移送規模と迅速対応チームの構成、臨時生活施設をどうするかなどの事項は、現在政府が日本側と協議している。 彼らが帰国しても、先立って、中国武漢から帰ってきた僑民たちと同様に14日間隔離されるものとみられる。

 

 

(ソウル/みそっち)
 

 

 

パイロットがいない

CN235は民間機じゃありませんから空軍のパイロットが操縦しますね。ってゆうか民間人で、軍の輸送機の操縦をする人はいません。これは大韓航空から借りている大統領専用1号機B-747の操縦者が大韓航空所属や空軍の退役パイロットだと知られていることとちょっと違います。

韓国の大統領専用機を誰が操縦しようと関係ないハナシですが、空軍のパイロットには羽田空港まで操縦してきたのがいません。操縦の資格さえもあいまいな韓国空軍がCN-235を海外に飛ばしたのは2018年の平壌が唯一のようです。

そうなると海外の民間飛行場に降りたことのあるパイロットがいないわけで、それでも彼らは自信家ですからそのへんのことを調整をしているのでしょう。あるいは退役軍人で民間路線経験のあるパイロットを探してくるかもしれません。

もちろん大統領専用機1号機は大きすぎるし、2号機のB-707でも大きすぎます。費用の安いLCCも検討されたようですが、パイロットや随員を14日間隔離しなきゃならないとなるとそっちの費用負担がでてくるので国内用の大統領専用機を飛ばすことにするという報道なわけです。

 

CN-235って

韓国空軍は1994年にスペインから12台、2002年にインドネシアから8台のCN-235輸送機を導入した。 このうち政府輸送機で2機運用中のVCN-235は、初等練習機KT-1の輸出と引き換えにインドネシアから導入したCN-235Nで、対向シート仕様で最大35人乗れるCN-235を4列シートの貴賓用の座席を設置して最大22人を乗せて3500キロを飛行することができる。 最初は大統領専用機という意味で、空軍3・5号機と呼ばれたが、2008年3月から首相や長官たちも使用し、政府輸送機に名称が変わった。2018年には平壌まで飛んだことがある。

 

途中で落ちちゃうことは?

これがね、一番たのしみですよ。派手に墜落してくれるとイイんですけどね。 ふひひ

ちなみにすきま風仕様の迷彩柄対向シート機じゃない機体も軍の所属です。

 

 

 

イメージ 4
 
んもう 待ってるから