minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

大邱ではアパート丸ごと隔離 (゚∀゚)キタコレ!!

 

大邱達西区にはシンデレラ235人が住むアパートがある

今回はここが舞台となるお話である。

 

「12時前に必ず帰宅しなければならない…"だから自称、シンデレラと呼びます"」
「夜10時以降には、外部者立入禁止で入居者の母親でも寝て行くことはできません」

 

 

「自称、シンデレラです。 夜12時まで家に行かないと大変なことになるんですよ。」

「このアパートには33歳未満の働く女性ばかり235人が住んでるのです。 朝に100人余りの若い女性たちが出勤する行列を見てあそこはいったい何をするところかといぶかしむ人が多いよね。」

「夜12時ころになると、また、珍しい風景が演出されます。 アパートの前の道路に車がすごくたくさん停車するんですよ。 彼氏がアパートの前まで送って来たのです」

「家賃より電気代、水道代、暖房費などがもっと多くかかります。 信じられません」「施設はあまり良くはないよ。 隙間風がひどいんです。 ボイラーをつけても寒いんですから」

「そう、いくつかの部屋はリフォームしてくれました。 そこに住む人々は完全に羨望の対象です」

「知らない人と一緒に暮らせるから大変なこともある。 お互いに合わないので喧嘩する家もあります。 防音がよくできなくて喧嘩する音が全部聞こえるんですよ」「でもルームメートがいるから寂しくなくていいです」

「そしてここはワンルームに比べてセキュリティの心配がなくて安心です」

 

 大邱でアパート最初のコホート隔離(大邱=聯合ニュース)キム・ヒョンテ記者=新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が拡散する大邱で国内初のマンション対象のコホート隔離が施行された。 130世帯が住んでいること伝えられたがアパートで、これまで46人の確定が出てきたことが分かった。 7日は、アパートの様子。 2020.3.7 mtkht@yna.co.kr

▲5階建てエレベーター無しで100世帯がある、ここに部屋ごとに1人か2人で住むことで160人程度まで暮らすことができる 

 

▲アパートの横長く見える窓は階段の踊り場で、各世帯には引き違い窓がこちら側にひとつある 

 

 

大邱市達西区聖堂洞に位置したこのアパートは33歳未満の未婚の低所得の女性勤労者が入居する公共賃貸アパートだ。(現在は35歳未満となっている)

 

大邱(テグ)の一部アパートの分譲価格が3.3平方メートル当たり(坪当たり)1千万ウォンが上回る状況だが、このアパートの賃貸料は想像以上に安い。 保証金1万1千400ウォンに月賃借料5千700ウォンだけ払えば済むことになる。 計100世帯であり、世帯別面積は36.3平方メートル(11坪)だ。※つまり11坪タイプであれば保証金12万5千400ウォンに月賃借料6万2千700ウォンってことになる。(6000円なのである) 

 

世帯別に部屋2個とキッチン、トイレ、ベランダを備えているが、大きな部屋に2人、小さな部屋には1人が居住する。 つまり3人一緒に暮らす仕組みだ。

 

33歳未満の女性勤労者らが数人集まって住むアパートだから、守るべき規則が多い。

夜12時を過ぎると入居者も勝手に出入りすることができない。

また、男の接近はないと思えばいい。 たまに目に付く男は引越しセンターの職員、配管、電気工などがすべてだ。

 

夜10時からは部外者の立ち入りも禁じられている。 たとえ入居者の母親だとしても宿泊は駄目だそうだ。 そして33歳を超えれば、無条件に出なければならず、風俗店従事者や精神疾患者は、入居が不可能だ。

 

家賃が安くて安全だからいい。

このアパートの長所は断然家賃が安いということだ。 保証金一万1千400ウォンに一ヶ月5千700ウォンという賃借料を払って買えるところがどこって言うのよお入居者たちは口をそろえる。 賃借料より電気代・水道料金・暖房費などが1当たり2~8倍ほど消費されるほどだと。

 

대구 달서구엔 신데렐라 235명이 사는 아파트가 있다!

▲入ってすぐにキッチンと水回りが合理的に配置される

 

 

安全管理やセキュリティが徹底していることも強みとなっている。 アパートを管理する総合福祉会館の建物とバウンダリー内にあり、外郭警備は請願警察が担当している。 セコムも設置されている。 また、大邱(テグ)市で賃金を支払うアパートの管理人が3交代で24時間守ってくれるだけでなく、CCTVが24時間稼動される。

 

入居者のソンさんは「以前はワンルームに住んでいたが、実は少し不安だったんです。 "ここは外部者の出入りが徹底的に統制されるだけでなく、安全管理も徹底しているため安心しました。 両親と彼氏も安心しています」と語った。

この他にも、すぐ隣にある総合福祉会館で運営するウェルビーイング料理、実用キルト、ベリーダンスなどの各種講座を低価格で目前にして利用できるというのも魅力的だ。 頭流公園が近くて散歩にも良い。

 

 

대구 달서구엔 신데렐라 235명이 사는 아파트가 있다!

▲これが階段側からみえる引き違い窓の部屋、広さは6畳くらい 窓にカーテンは無いちなみに床には温水暖房が入っている

 

 

"うちもリフォームしたら"

しかし、1985年竣工された後、35年が過ぎたアパートと施設は老朽化した。

入居者の意見によると、大きな部屋は冬に寒く、小さい部屋は夏は暑い。 隙間風が強く、ボイラーをつけても暖かくないという。 "底は熱いけど、手が冷える時があるって。

また、台所が狭くて2人以上入れないという。 浴室には便器のすぐ隣に洗面台があって、最初は不便を感じた"と打ち明けたりもした。

 

대구 달서구엔 신데렐라 235명이 사는 아파트가 있다!

▲階段部分は物干し場として使用されることになる

 

 

老朽化した施設で生活環境が悪化し、総合福祉会館は予算を調達してリフォームに突入した。 しかし、事業費が足りなくて、現在100世帯のうち25世帯だけリフォームをした状態。 今年、また5世帯を追加で改築する予定だ。

 

 

대구 달서구엔 신데렐라 235명이 사는 아파트가 있다!

▲トイレと洗面台だが、ここにはシャンプー・リンス・コンディショナーが見えるしシャワーヘッドもあるので、ここで髪を洗うらしい

 

 

入居者のキム・ウンミさん(26)は「友達がリフォームされた世帯にいて、行って見たけど、一面の壁はポイントビョクジて窓も二重サッシです。 それですきま風もないし。 "底も違うようです。 本当にうらやましかったです。 今回も数軒だけリフォームするというので私の家にもしてほしい」と述べた。

 

大邱市総合福祉会館の崔昌植(チェ·チャンシク)館長は"なるべく今年中にリフォーム事業費をすべて用意しようと努力しています。 リフォームが1日も早く完了し、すべての入居者がより快適な環境で生活できるよう力を入れていきます"と明らかにした。

 

このアパートに最初に入居する女性はみんな2人で共同使用する大きな部屋を使うことになる。 たまに、友達や姉妹の間でも大きな部屋を使う場合もあるが、ルームメートが全く知らない"他人"であることがほとんどだ。 そのため、2人も住むことが不便そうとし、入居を放棄する場合が多い。

 

대구 달서구엔 신데렐라 235명이 사는 아파트가 있다!

▲こちらはベランダ側のようす。洗濯機が鎮座しているのがわかる

 

事実上、一つの世帯内に住んで争ったり、仲の良くない入居者もたびたびいる。 最も多く争う理由は"掃除"のためだ。 皿洗いをさぼり外食に行くとか、部屋を散らかしたという理由だ。 お互いに掃除を延ばしたためか、共同使用空間である居間は一世帯の中で最も汚い所だという。 また、"通勤時間の差が大きいと、仲が悪くなることもある"とも話した。

 

대구 달서구엔 신데렐라 235명이 사는 아파트가 있다!

▲炊飯器と湯沸し(電源を切れと書いてある)

 

入居後に発つ場合もある。 入居取り消しの理由のうち、最も大きな割合を占めるのは結婚だ。 その他は、帰郷、期間満了、職場移動、居住地移動、個人事情などの理由でこのアパートを出る。

退室するケースも非常に多い。 警備員のキムさんは、"午前0時以降、立ち入り禁止などの規則を随時破ったり、賃借料を払わないまま行方が分からなくなった人の場合、退室することがありました。 ここで6年ほど仕事する間に3~4度そんな場合を見ました"と話した。

 

その反面、このアパートにもっと住みたいという人も多い。 アパートの管理担当者、大邱市総合福祉会館の公務員キム·ヨンスクさんは「もっと暮らせるよう期間を延期してほしいという要請も多い。 実は今も何人か出ていないんです。 強制的に追い出すのもそうで、督促をしているのが実情です」と説明した。

 

대구 달서구엔 신데렐라 235명이 사는 아파트가 있다!

 ▲韓国には遮光カーテンという概念がない、模様ガラスなのでプライバシーは気にしない 横長の窓は階段の踊り場になっている これで100世帯ある

 

ハンマウムアパートは男女雇用平等法第22条及び同法施行規則に基づいて1984年に着工し、1985年竣工された勤労女性青少年の賃貸アパートだ。

 

竣工当初は城西(ソンソ)工業団地に勤める生産職の女性が大多数を占めた。 ところが、時代の変化によって職業も多様になり、最近は看護助務士、個人会社の事務職および生産職、ウェブデザイナーなど多様な職業の勤労女性が住んでいる。

 

 

            ◇ ◇ ◇

 

 

そして丸ごと隔離 キタ━(゚∀゚)━!

感染者46人大邱(テグ)のハンマウムアパート

コホート隔離… 調べてみたら92人が新天地

 

イメージ 1[ソウルミーナ]大邱達西区ハンマウムアパートで新種のコロナ・ウィルス感染症(コロナ19)確定者が46人発生して、コーホート隔離に入った。 大邱市は「このアパートの入居民142人のうち92人が新天地の信者」と説明した。

 

大邱市は7日達西区、大邱(テグ)総合福祉会館内の賃貸アパートについてコホート隔離に入ったと明らかにした。

 

コホート隔離とは、感染病の拡散を防ぐため、感染者が発生した場所に職員と患者が内部にいるまま封鎖する措置だ。 韓国の場合には感染者と未感染の接触者を一緒に隔離する事を言う。患者と医療陣の両方を同一集団(コホート)にまとめて全員隔離し、感染病拡散の危険を減らす方式で、これまでは普通病院や集団感染が発生した療養院を相手にコホート隔離が進められた。

 


国内でアパート丸ごとを対象にしたコホート隔離措置は今回が初めてだ。 ハンマウムアパートは先月21日確定者が初めて発生すると、入居民にお知らせメールを送った。 以来、この4日、全ての入居者対象にコロナ19の感染検査検体の採取と疫学調査が実施された。 同時にアパート側でも放送を通じて「来る15日まで隔離される。 出勤するな」と案内した。


以来、この6日に入居民たちは「現在のハンマウムアパートは3月15日までコーホート隔離措置によって入居民の出入りは統制され、宅配、配達なども統制される。 隔離期間は後ほど延長される可能性がある」というメール通知を受けた。 エレベーターの無い5階建てが2棟、100世帯に142人が入居しているこのアパートには35歳以下の未婚女性だけが入居が可能である。 周辺にある大邱総合福祉会館も出入りが禁止された状態だ。

大邱市の関係者は「現在、どのような経路で住民が大挙感染したのか疫学調査を進めている」と述べた。

このアパートは最近、患者10人が発生した大邱達西区ムンソン病院と道を挟んで建っている。 文成病院は先月24日の駐車管理職員が、最初は確診判定を受けた。 この職員は文成病院建物11階にある文成教会に通う信徒だ。

 

6日午前7時基準で文成病院の確診者10人は看護助務士1人、物理治療士1人、駐車管理職員1人、看病人1人、患者2人、文成教会関係者4人だ。 したがって、大邱市は病院8階と9階にコホート隔離措置をした。 そのへんには現在患者と医療陣など33人がいる。

 

 

イメージ 6