minaQのつぶやき 네토미나

実はお酒飲めないんです ウソ

新コロの検査はこんなふうにやってるょ

 

これがコロナの検査だ、ドライブスルー式もあるよ

どの国よりもリードしている優秀な検診能力、そして透明で強力な防疫システム

 

 

イメージ 1

[NEWSミーナ]韓国メディアのカメラが大邱の選別診療所を訪れた。コロナ19感染を把握するために、検体を採取するところ、これが選別診療所だ。

 

取材陣は安全装置を着用して、保健当局の協力を得て診療所の内部を取材しました。

 

感染の危険にさらされたまま黙々と激務に耐えている医療スタッフの日常、感謝と激励の気持ち込めて、視聴者の皆さんにダイジェストでお届けします。

 

 

    ▲簡単な問診のあと、鼻の粘膜に綿棒をグイグイ入れてゆく。

 

検体採取は陰圧テントで行われます。

「鼻にはこれが最後まで入れるのに一歩たらいない。じっとしていただけます」

鼻に綿棒を入れ入れよう不便で痛むこともあります。

 「おわりました? くしゃみもいいですか?」

続いて咳も出ます。

医療スタッフは、常に感染の危険にさらされるしかありません。

 

 

 

 ▲自身が最も汚染されているとは微塵も考える事はない 断じてないのが韓国人だ。

 

一人が終わるたびに、テントの内部を入念に消毒している。

疾病管理本部は消毒時間を30分に推奨しているが、検査が押される場合には、この時間を守ることは困難です。

代わりに2時間ごとに30分の間、テント消毒と換気をします。

採取された検体は、1日3回に分けて検査機関に移されて、結果は2〜3日後ぐらい通知されます。

 

 

      ▲集められた検体を運ぶひとは普段着でやってくる。

 

大邱市にはこのような選別診療所が20ヶ所以上あります、200人余りの医療陣がこのようにコロナ19を克服する最前線を守っています。

 

 

こちらはドライブスルー検査の様子

 

 

   ▲運転席とは離れた助手席側から近寄り簡単な問診をしている

 

 ▲たまに助手席側に座ってるひともいる 運転してきたのだろうか

 

 ▲体温計が毎回消毒されていなことに失望してはいけない 平熱に感謝しなさい

 

 

 

▲あとは手早く、のどや鼻に綿棒を押し込み、検体を取り解放される手順となっている

こちらの消毒はかなり手ぬるいようにも見える。

 

今日午後4時現在の韓国国内の新型コロナ確定患者数は7000人を超えた。

 

(ソウル/みそっち)

 

 

どうですか? この手際の良さ  でも確定した感染者を十分に隔離できないのが韓国社会なのです。

 

感染者の動線(出歩いたところや時間の情報)を公開することは国民の基本的権利を損なうものだと言い出す国会議員もいる国です。(ヨホドマズイコトガアルンダナ)

 

 

 
イメージ 3
 
ホントだよ