minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

配給のマスクには住民番号が必要だ

 

韓国じゃ看護助手が配給マスクを買ってきてくれる

入院患者の住民番号を盗用して韓国人看護助手が近所の薬局でマスクを購入
マスクが全国的に不足している韓国では 5部制でマスクを配給している

 

イメージ 1

[暮らしのミーナ]自分が勤めている病院の患者たちの住民登録情報を盗み出して公的マスクを購入した看護助手が警察に逮捕された。

 

仁川三山警察署は13日、医療法と住民登録法違反の疑いで看護助手のAさん(40)を去る12日から取り調べていると発表した。

 

警察によると、Aさんは、去る12日午後3時43分ごろ、勤務先の患者の住民登録番号を調べた後、薬局で公的マスクを複数枚購入した疑いを受けている。現在までに警察に通報された被害者は2人であり、これらは母娘の間だと警察関係者は説明した。

 

 

「마스크 5부제」の画像検索結果

▲住民登録番号を提示して配給のマスクを買っているところ。韓国では去る9日から配給マスクの購入に5部制を採用しており、生年月日の末尾の数字によって薬局でマスクを買える日が決められている。

 


Aさんの犯行は、患者のBさんが配給マスクを購入するために薬局を訪れて発覚した。

Bさんがマスクを購入するため薬剤師に住民登録証を提示すると、「他の地域で購入履歴がある」という答えが返ってきたからだ。 Bさんは自分と娘の住民登録番号が看護助手のAさんに盗用されたことを知り、これを警察に通報した。

Aさんは通報を受けて出動した警察に「患者の同意を得てマスクを買った」と供述している。 警察は慎重な捜査を経て盗用の疑いが確認されれば、Aさんを立件する方針だ。 また、通報された被害者の他にも被害者はいないか調査中だ。


警察は、Aさんにマスクを販売した薬剤師のCさん(61)も物価安定に関する法律違反の疑いなどで取り調べる計画だ。 警察の関係者は「緊急需給安定措置によると、配給マスク販売先には身分証を確認するよう義務づけられているが、これに違反すれば処罰する条項に基づいて調査している」と述べた。

 

同様の事件はコロナマスク5部配給制が施行された今月9日からたびたび発生している、大邱市でも、白衣を来た女性が複数の住民登録番号を持っていくつかの薬局を訪れ「代わりに購入したい、本人が入院しているので代わりに来た」と話し、薬剤師に「買えるのは本人か保護者だけ」と言われて帰ったことがあるという。

 

(ソウル/みそっち)
 

 

という韓国のマスク奪い合いですね。まさに平壌運転ってことです。スゴイナ

 

んで、看護助手ですが、「看護助手は大学に行かなくても私設の学院を通じて学ぶことができる。そこで科目を履修&実習の2ヶ月を含めた1年の課程を修了すれば看護助務士資格試験を受けることができる。 試験は60点を超えれば良い」とあります。もちろん試験に記述問題は無いし、解答欄には○を付けるだけです。

主として看護助手が行う仕事は、医師又は看護師の指示、監督の下に、治療又は看護に必要な物品の準備、病室の整頓、検査物や結果表の伝達、患者の入退院手続等の看護補助業務を行う。最近では規制緩和され注射もできるようになった。この資格は海外向けには区別されず、看護師資格と同様に保険医療関係従事経験者として入国審査書類に記載することができる。

 

 

 

 

 

   f:id:ninoQ:20200311131830g:plain