minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

K診断キット米で使用中止 韓国内では未承認だった

 

 

韓国の婿が購入したK診断キット、不良が多く使用中止

50万個104億ウォン分を輸入、現地メディア「相次ぐ偽陽性反応で信頼度問題」
この米国に輸出された当該診断キットは、疾病管理庁の緊急使用承認を受けておらず、現在国内では使われていない製品

 

イメージ 1
[朝ころミーナ]今年4月、米国に輸出された韓国産コロナウイルス感染症(コロナ)診断キットで偽陽性偽陽性)判定が頻発している。これによりボルチモアにあるメリーランド大学の研究室はそれらの使用をやめた。

 

当時、この診断キット50万回分を900万ドル(約104億ウォン)で輸入した米国メリーランド州知事は、「韓国の婿(嫁が韓国系)」と呼ばれ話題になり、韓国政府はこの出来事を「K防疫の成果」として広報した。

 

メリーランド州最大の日刊紙「ボルチモア・サン」は18日(現地時間)、「メリーランド大学研究所は韓国で絶賛を受けた韓国産診断キットの使用を偽陽性判定頻発で中断」という記事を掲載した。(すでに診断キットは米国疾病予防管理センターが開発したものに変更している)

 

その英文記事:

 

ボルチモア・サンは記事で「4月にラリー・ホーガンメリーランド州知事がファンファーレを鳴らしながら韓国から大量輸入した韓国産コロナ診断キット数十万個が信頼度問題を表している」と報道した。 「信頼度問題」の内容については、「メリーランド州一帯の療養施設で虚偽の陽性判定が頻発したことによるもの」と説明した。 多数(several)施設で偽陽性判定が続出したという事実を現地療養施設の代表団体が確認したという内容だ。

 

ボルチモア·サンはメリーランド大報道官の話として、「メリーランド大ボルチモア·キャンパスの研究所で、(韓国企業の)"ラボノミックス"診断キットである"ラボガン"に対する検査数千件余りを行った結果、この診断キットを使用しないことにしたことが確認された」と書いた。 メリーランド大学は4月、州政府から250万ドルの費用を受け取り、コロナ診断検証作業を行う機関だ。

 

ラボノミックス社の診断キット·ラボーンは4月、ホーガン州知事が検査キットを50万回分を大量輸入し、現地でも話題を呼んだ。 輸入価格は900万ドル(約104億ウォン)だった。 韓国政府傘下のKTVは当時、「韓国の"KT防疫"が全世界から注目されている」と報じた。 米ニューヨークタイムズも当時、「交渉過程でホーガン州知事の夫人ユミ·ホーガン女史が真夜中に電話で話しながら大きな役割を果たした」という趣旨で報道したりもした。

 

しかし米国に輸出された当該診断キットは、韓国疾病管理庁の緊急使用承認を受けられず、現在国内では使われていない製品だ。

 

ラボノミックス側はボルチモア・サンの報道について、21日に本紙の電話取材に対し「われわれも該当報道を確認した。 しかし、メリーランド大学研究所側から問題について一切連絡を受けたことはない」と述べた。 ラボノミックス関係者は「大学研究所側の精密調査結果を待っている」とし「検査過程での汚染である可能性に重きを置いているが、出る結果によって対応する予定」と話した。

 

(ソウル/みそっち)
 

 

ってことがあって、K防疫ニダ、韓国の婿ニダだったのが、「韓国疾病管理庁の緊急使用承認を受けておらず、現在国内では使われていない製品だ。」ってことなんですね。

 

いえいえ、韓国製の診断キットの信頼性ってものは、韓国人のこころの中にあるので絶対的なんですよね。だから「検査過程での汚染である可能性に重きを置いている」なんてことを言い出すんですよ。

 

 

 

 
イメージ 4
 
ジョニ黒の大樹氷割りは絶対ダメ

 

 

f:id:ninoQ:20200924105527p:plain