minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

無縁故の孤独死のカラクリはこうなっている

 

実際にはもっともっとひどい韓国❸

都合よく解釈される孤独死の統計 これが韓国文化

親族がどこかにいれば遺体を放棄しても孤独死にはカウントしません
国政監査で出てきた無縁故の死、言葉を変えればソウル市ではたった25人(1~9月)

 

 

イメージ 1

[暮らしのミーナ]1日、国会保健福祉委員会所属のあっちの民主党のコ・ヨンイン議員が保健福祉部から提出された資料によると、昨年、全国の無縁故死亡者は2536人で、3年前の2016年(1820人)に比べて40%近く増えた。 年度別に見ると、2016年1820人、2017年2008人、2018年2447人、2019年2536人と年々増加している。 無縁故の死亡者とは、死亡後、遺族が遺体の引き取りを拒否したり、縁故を探せなかった人たちを指す。

 

これの中でソウル市は昨年、無縁故の死亡者を486人と集計した。 18年(566人)より80人減少したというが、ソウル公営葬儀支援団体「ナヌムとナヌム」の関係者は「昨年、ナヌムとナヌムが祀った無縁故死亡者が430人余りだった」とし「公営葬儀なしにすぐ火葬場に行った方々もいる。 体感上、総死亡者は486人よりずっと多い可能性が高い」と述べた。

実際、今年8月までナヌムとナヌムを通じて葬儀を行った無縁故者はすでに昨年の水準を超えている。 この関係者は「現在の推移だと、今年末までに無縁故者が600人にまで増えるとみられる」と述べた。

 

一方、国会国土交通委員会所属のシム・サンジョン正義党議員が、ソウル市庁から受け取った資料によると、考試院で死亡したソウル市の無縁の死者は2018年46人、2019年47人で、今年1月から9月末基準でみるとたった25人だった。

ソウルにある25区ごとにみると、永登浦は3年間それぞれ15人、12人、8人で最も多かった。続いて、東大門区が8人、8人、2人であった。他にも広津区、中区、江東区などにも無縁の死者がしばしばあった。主に安価な考試院などが集まっている地域である。

毎年50人以上の考試院住人たちがなんとなく死亡するが、ソウル市がこの資料を毎年まとめてきたわけではない。ソウル市の関係者は、当初京郷新聞に「各区で処理する資料と収集されたソウル市考試院無縁の死亡者数統計は無い」としたが、シン議員室のリクエストのデータを作った。

 

ソウル市で無縁の死者が発生した場合、各区役所で、これを処理する。区は無縁の死者の性別と生年月日、登録住所、死亡場所・原因などをまとめて約1ヶ月の間に「無縁の死者公告」をする。

 

孤独死が考試院だけで起きるわけではない、似たような単身者住居で孤独死があれば、考試院で死亡したとされるソウル市の提出した考試院無縁の死者にはカウントされない。それどころか、無縁故者で死亡公告を出し、遺族が現れて、遺体を放棄しても、縁故者が居たことになるため、無縁故者の孤独死ですら無いというのがソウル式カウントのトリックだ。

 

実際に無縁故者の大半は遺族がいた。 昨年、全国の無縁故者のうち1583人(62.4%)は縁故者を訪れたが、葬儀費用などのため、遺体の引き取りを諦め、無縁故者となった。 家族たちは、大半が経済的困難や断絶した関係のため、縁に背を向けるという。 息子として仕えるべきですが、「経済的余裕がありません」「すみません。」 「私も基礎生活受給者なので生活苦で死にたい」「父に会わずに生きて15年が過ぎました」今年ソウルで火葬された無縁故死亡者の遺族が残した遺体処理委任書は他の家族の事情を推測させるしかない。

 

貧困と断絶で作られた無縁故の死が増えているが、関連政策はまだ初歩的な水準だ。 対策の土台となる統計から明確ではない。 福祉部はこれまで、公式統計のない孤独死の実態を推定するため、無縁故の死亡統計を活用してきたが、自治体ごとに無縁故の判定基準が異なっており、17年の国政監査でも問題となった。 その後、福祉部は縁故のない基礎生活受給者の遺体も無縁故の死亡統計に反映することに指針を変更したが、穴を完全に埋めることはできなかった。 実際には、昨年3月と10月に福祉部がキム・スンヒ元議員とキ・ドンミン議員に提出した18年度の無縁故者死者数も、2549人と2447人と、102人の違いがあった。

 


政府は今年3月になって「孤独死を体系的に予防·管理するための孤独死予防及び管理に関する法律」を作った。 制定された法によって、来年から福祉部は5年ごとに孤独死実態調査を実施し、結果を発表しなければならない。 各自治体も福祉部の孤独死予防基本計画に従い、年度別施行計画を立て、これを施行しなければならない。

 

しかし、死の尊厳が脅かされることはしばしば発生している。 ソウル中区(チュング)の長屋の住民だったキム某さん(74)は昨年7月、江原道春川(カンウォンド·チュンチョン)療養病院に入院して治療を受ける途中死亡した。 キムさんには縁故者がなかったが、町内の隣人がいた。 ソウル市の公営葬礼条例どおりなら、ソウルに住所を置くキム氏はソウルに運ばれ、公営葬礼の支援を受けられたはずだった。

しかし、キムさんは春川(チュンチョン)で葬儀なしに火葬された。 管轄自治体のソウル中区庁は「死亡地が春川であるため、支援できない」と判断した。 キム氏が火葬されたという事実も、死亡後5ヵ月が過ぎた昨年12月になってようやく公告された。 キム氏と共に遅くまで文を学び、野宿をしていた仲間やドヤ街の住民たちは、後になってキム氏の死亡を聞いて追慕する時間もなしに彼を送らなければならなかった。

 

ソウル市は、やっとキム氏の遺骨をソウルに移送すると言ったが、すでに春川(チュンチョン)でばらまかれた後だった。 現行法は無縁故者であるキム氏の遺骨を5年間奉安するようにしている。 ひょっとして見つけられなかった縁故者が現れる可能性があるからだ。イ·ドンヒョンホームレス行動常任活動家は「ソウル中区庁では奉安について伝えたというが、春川の火葬場では伝達されたことがないという」とし「故人と親しかった同僚たちは『私が死んでもこうなるだろう』と言いながら非常に憤り、がっかりしていた」と話した。

コ・ヨンイン議員は「無縁故の死亡者と縁故者を捜しても遺体の引き受けさえあきらめなければならない人々が増えるということはあまりにも切ない社会的悲しみ」とし「一緒に生を送った方々の尊厳な死のために最小限の別れのあいさつをできるように差別のない葬儀手続きをしなければならない」と強調した。

 

(ソウル/みそっち)

  


 

無縁故者の火葬っていうのは区役所がやりますね、骨と灰を5年に限って保管するんだそうです。ところが地方に行くと無縁故者はすぐに火葬して骨を撒いちゃうんですよ。

そういうのを丁寧にカウントするようなことは、韓国の遺体処理行政がいい加減ってことの証になりますから担当するような自治体はそういうのを隠したいですよね。

するといつまでも死んだという登録抹消が行われないのですよ。

 

 

読み返しておきたい、超が付くような関連過去カキコ

すさまじいばかりの高齢者が帳簿上で存在する韓国
韓国は100歳以上が1万4千人、150歳以上も230人
韓国政府って最高齢者発表しない理由

 

 

 

イメージ 2
 
読み返してみたらスゴイんだから