minaQのつぶやき 네토미나

今年もよろしくお願いします。

ソウルの地下鉄じゃ年末は給与未払い状況

 

65歳以上無料と給与未払いとくソウル地下鉄赤字

行く先も無いお年寄りが座るだけ、無料運賃の補填は? 困った韓国の地下鉄
乗客すべてが利用料金を支払えば、地下鉄の赤字6千億ウォンが削減

 

 

イメージ 1

[暮らしのミーナ]慢性赤字に苦しんでいた地下鉄が「新コロ」事態に揺らいでいます。 社会的距離を置くことで在宅勤務が広がり、移動が減るにつれ、有料利用客は急減した反面、防疫費用などはむしろ増えたためです。

 

ソウル地下鉄1~8号線を運営するソウル交通公社は、今年も1兆ウォン台の赤字が予想されます。 毎年短期社債で、年末に返済期日が回ってくる債務に耐え切れず、2年間、ソウル市に緊急資金の支援を要請してきました。 今年は年末に支払わなければならない賃金性の一部手当ても、事実上未払いが避けられない状況です。

 

イメージ 2
 

 

釜山、大邱、仁川、光州、大田など他の大都市の地下鉄運営機関も事情は似ています。 これら6つの運営機関の「新コロによる運営損失」は5,388億ウォンと推算されます。 とうとうこれら6つの交通公社と労働組合が赤字構造の解決を求めて共同対応に乗り出した。 また、慢性的な赤字構造の最大の原因とされる「ただ乗り」の損失について、政府が責任を負うべきだということです。

 

イメージ 2
イメージ 4
老人無料が問題視されると不正乗車も話題に出てくる
 

 

ただ乗りを導入した中央政府…損失補てんは国家公企業「KORAIL区間のみ

地下鉄のただ乗りは「無償福祉」という言葉さえ耳慣れなかった1980年代に始まりました。 今のように誰でも65歳になれば、地下鉄が無料に乗れるようになったのは1984年からです。 翌年には国家有功者、1991年からは障害者へと対象が拡大されました。 交通弱者のための「普遍的交通福祉」という時の政府の人気取り政策でした。

 

 
イメージ 3

ところが、毎年増える対象者の増加によってこのただ乗り乗客が大幅に増え、地下鉄の運営に負担になり始めました。 1980年の老人人口の割合は5.9%に過ぎなかったが、今年はこの割合が15.7%、5年後には20%を超えます。

問題は増える負担を地下鉄運営機関がそのまま抱えることになるということです。 ソウルの場合、昨年発生した赤字のうち、無賃損失額の占める割合が63%、釜山の場合が92%に達しています。本来受け取れるべき運賃がそのまま損失になっているのです。

イメージ 4
 
 

地下鉄各社の運営機関は「都市鉄道のただ乗りは、全国民を対象に国家が設計した福祉制度なのに、その費用を運営機関が負担するのは不当だ」と主張しています。 さらに、国家公企業のKORAILだけには政府が損失補てんをしているとし、「公平性に欠ける」と強調しています。

 

例えば、地下鉄1号線KORAIL区間のソウル駅~清涼里で乗車した高齢者のただ乗り費用は政府が支援します。 一方、南営駅や回基駅から乗車した老人のただ乗り費用は政府が支援していません。 1号線には韓国鉄道公社の列車とソウル交通公社の列車が一緒に走り、乗客は区別なく利用していますが、政府の支援は区別される状況です。

 

昨年、政府がKORAILに補填した費用は1,764億ウォン、ただ乗り損失額の61%ぐらいです。 6つの地下鉄運営機関の運営区間と重複する乗客が多いので、同じレベルの支援をするなら国費3,400億ウォンが必要になります。 6つの公共交通機関は法を改正し、ただ乗りなどの公益サービスを提供する場合、費用を「原因提供者」が負担するようにし、その対象に地下鉄運営機関も含めるよう要求しています。

 

老朽化した施設の交替費用だけで1兆5千億ウォン必要

運賃の損失問題は地下鉄の安全性まで脅かしています。 ソウルの地下鉄の主要な施設、約2万3900個のうち、1/3はすでに耐久年限を過ぎたか、30年以上使用されています。

電線路も7,400kmの半分を超える4,245kmが耐久年限を過ぎたか、30年以上使用されています。 277駅の消防施設の53%はすでに30年を超えているため、交換なしで使用しています。 地下鉄の電車の3分の2は20年以上走っています。 全体が耐久年限内の設備は光伝送設備が唯一です。

 

6つの都市鉄道運営機関は老朽化施設を交換するために、年間1兆5,495億ウォンが必要だと推算しています。 この6つの機関は、「ただ損失の増加により発生する構造的な運営難のため、適期に施設を交換するための再投資費用を確保するのが難しく、施設の老朽化や市民の安全が深刻に脅かされている」と主張しています。

 

無賃乗車制度維持76% 中央政府の支援がなければ、料金引き上げの手順

--無賃乗車制度に対する国民の考えはどうでしょうか。 国民は地下鉄無賃乗車制度そのものについては維持すべきだという立場の方が多いです。 6機関が社会文化発展研究院に依頼し、先月、全国の成人1千人を対象に実施した世論調査によると、22.3%だけが「廃止すべきだ」と答えました。 30%は維持、46.3%は変更が必要と回答しています。

地下鉄のただ乗り費用は政府の支援が必要だという意見が多いです。 ただ乗り制度を知っている市民では、その費用を「国が負担すべき」という意見が70.7%でした。 国と自治体が半分ずつ負担すべきだという意見が46.8%で、国が全額負担すべきだという意見も23.9%でした

しかし、中央政府は都市鉄道の建設費を支援したので、運営費は自治体と運営機関が負担しなければならないという立場です。 現実は、広域自治体のうち財政自立度が最も高いソウル市も、来年度予算案に初めて地下鉄運営支援に500億ウォンを編成しただけです。 1兆ウォンを行き来する年間赤字規模に非常に足りません」

そのため、5年連続1,250ウォンのソウル地下鉄の料金を引き上げる可能性が出ています。 実際、ソウル市と市議会は10月末、地下鉄料金を200ウォンほど引き上げる内容の市民公聴会を開催する案を検討したりもしました。 しかし、新コロ状況と補欠選挙を控えた状況のため、再び日程が無期限延期されました。

 

(翻訳:みそっち)
 

 

ソウルじゃ地下鉄の初乗り運賃がカード1,250ウォン現金1,350ウォンですね。いえいえ50ウォン玉なんていうのは見たことありませんよ。そういう設定があるだけで、駅の精算窓口でもたぶん相手にしてくれないんじゃないかな。

カードへの課金はコンビニとかで出来るようです。

 

これが割とどこまで乗っても安くて、明洞ロッテホテルそばから2回乗り換えて川向こうの江南まで30分乗っても1350ウォンなんですよ。(タクシーだと15,000ウォンくらい)

 

その乗車カードなんですが、無料お年寄りにも発行されるんです。それを持って軽い荷物を持って運ぶ仕事がありますよ。交通費無料ですからね。

 

 

 

 

 

 
イメージ 5