minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

飛び蹴りが出た チョ·ドゥスン出所

 

 

出てきたチョ·ドゥスン 市民たちは卵を投げつける

殺してやると言った奴らはどこに消えた? 遠くから飛んできた卵
 一部のユーチューバーが予告した私的報復などの事例はなかった。

 

イメージ 2

[NEWSミーナ]チョ·ドゥスンさんはこの日午前6時45分ごろ、ソウル南部刑務所から出所した。当初、出所時間は午前6時と予想されたが、自由連帯などの市民団体のメンバーらやユーチューバーなどの市民100人あまりが刑務所前に集まる上、一部がチョ·ドゥスンさんを乗せた車が出ないようにすべきだと主張し、道路に横になり、チョ·ドゥスンさんを乗せた車は6時45分ごろようやく刑務所を出た。

 

 

警察は100人あまりを配置し、両側にポリスラインを設置し、チョ·ドゥスンさんと群衆の直接接触を防いだが、上には卵が何個も飛んだ。

 

▲飛び蹴りのようす

 

クルマは安山遵法支援センター(保護観察所)に到着して、居住地住所を届け出て、位置追跡電子装置(電子足輪)開始申告書などを提出した後、遵守事項の告知を受けた。

 

 

行政手続きを終えて出て居住地に向かった。チョ·ドゥスンさんが乗った法務部の公用車は今日午前9時ごろ、京畿道安山市の彼の居住地の路地に入った。

 

彼が乗った車はフロントガラスが割れ、右側後部座席のドアがへこむなど破損した様子だった。 所々卵に当たった痕跡もはっきりしていた。

 

チョ·ドゥスンさんは車から降りて急いで建物の中に入り、卵には当たらなかった。

ただ彼が姿を消した後も民衆の怒りはおさまらず、一部は席に残って「チョ·ドゥスンを死刑にしろ」「安山から追放しろ」などのスローガンを繰り返し叫んだ。

チョ·ドゥスンさんが乗った車両が居住地に向かって順法支援センターから出た時、一部市民が車両の上に乗ったりもした。 これを制止する過程で、警察官1人がけがをしたという。

 

彼は刑務所から順法支援センター、居住地まで移動するのにすべて官用車両を利用した。出所者の大半は公共交通機関や個人車両を利用するが、チョ·ドゥスンは電子足輪装着直後、1対1の密着監督対象者になり、公共交通機関を利用する際、突発状況が発生しかねないため、官用車両を利用するようになったと法務部は説明した。

チョ·ドゥスンさんは08年12月、安山のある教会前で、小学生を拉致して性的暴行を加え、重傷を負わせた容疑で、懲役12年の刑を言い渡され、服役し、同日出所した。

 

 

(翻訳:みそっち)
 

 

というわけで大きな混乱も無かったようですね くふふっ