minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

国軍大邱病院では生理食塩水を注射しました

 

ワクチン韓国軍兵士には生理食塩水を接種

なぜ? 生理食塩水のお注射はミス?
毎日発表しているワクチン接種者数もウソまみれなの?

 

イメージ 7[国防ミーナ]軍が将兵たちに「新コロ」ワクチンの代わりに生理食塩水を接種し、議論を呼んでいる。 団体接種を受けた将兵の中で、食塩水の接種を受けた将兵も区分できず、再接種が避けられない状況だ。

 

14日、201迅速対応旅団に服務しているという将兵によると、フェイスブック「陸軍訓練所の代わりにお伝えします」に「10日、国軍大邱病院で団体接種を行ったが、一部の人員が生理食塩水だけが入った注射を受けた」とし「国軍大邱病院から再接種の通知が来たが、誰が生理食塩水だけが入った接種を受けたのか分からず、全員が再接種せよという荒唐無稽な状況になった」と述べたという。

 

この将兵は「当日21人の将兵が接種を完了したが、15人は正常にワクチンを接種し、6人は食塩水注射を受けたが、現在、国軍大邱病院で正常なワクチン接種者と生理食塩水接種者を区分できない状態」とした。

これに対し国軍医務司令部は「今月10日、ファイザーの予防接種期間に6人が原液が少量だけ含まれたワクチンを注射するミスが発生した」とし「6人を特定することができず、同時間帯に接種した21人全員を再接種することにした」と述べた。

 

これに先立ち、新コロワクチンを接種した20代の兵士が突然死亡し、軍と保健当局が調査に乗り出している。 軍関係者によると、ソウルにある陸軍某部隊所属のA兵長が13日午前、生活館で意識を失って発見され、病院に搬送されたが死亡した。

A兵長は今月7日、部隊で米ファイザー社が開発した「新コロ」ワクチンを接種したという。 軍当局は7日から、30歳未満の将兵のうち、希望者を対象にファイザーワクチンの1回目の接種を行っている。

軍関係者は「(A兵長の)死亡原因など細部事項を調査中」とし「コロナ19ワクチン接種との因果性はまだ確認されていない」と説明した。 軍と保健当局は、A兵長の死因究明のため、解剖を実施する計画だという。

 

(翻訳:みそっち)
 

 

薬瓶や注射器の中に残る有効成分を無駄なく利用するためにこういうことをするわけですね。すると一瓶で余計に接種できるというお手柄になるわけです。

ところで、今どきの注射器は使い捨てが普通ですが、それの最小残量注射器は韓国国内で品薄なんだそうですよ。それ以前にワクチンによっては生理食塩水で薄める必要があったりします。その辺でも韓国型もったいない思考が遺憾なく発揮されてみると。こういうことが起きるってことですよ。

 

 

 

イメージ 4
 
最小残量注射器が足りないって