minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

光復会会長の父親、独立運動功労記録が虚偽?

光復会長の父親の「独立運動功勲記録」に虚偽疑惑

いつも出てくる報勲処の功勲記録疑惑 韓国人は死んだひとになりすます
会長の父は2度死ぬ! 「1963年のキム·グンス」と「1990年のキム·グンス」

 

イメージ 1

[午後のミーナ]キム·ウォンウン光復会会長の父親、金根洙(キム·グンス)氏の独立運動功労記録が虚偽である可能性が提起された話題だ。

 

報勲処の功勲記録には、金根洙(キム·グンス)氏が1963年に大統領表彰、1977年に建国褒章、1990年に建国勲章愛国章を受章し、1992年1月に死去したことが記されている。

ところが、政府が1963年に光復軍出身の金瑾洙(キム·グンス)さんに大統領表彰を授与した当時の功績調書に、キム·グンスさんは既に死亡したと記録されていることが分かった。 キム会長本人は各種のインタビューで、1963年から1990年まで父親が褒賞を受けてきたと主張してきた。

 

f:id:ninoQ:20210625220428p:plain

▲報勲処「1963年大統領表彰金根洙功績調書」。 右上の「生存作故」の欄に「作故」と書かれている。 チョ·スジン議員室提供

 

 

 

23日に朝鮮日報などによると「国民の力」のチョ·スジン議員室から入手した報勲処「1963年大統領表彰者金根洙功績調書」(管理番号8245)「生存逝去」の欄には「故人」と記されている。 ところが、報勲処功勲電子史料館功勲録に掲載されている1990年建国勲章愛国章授与者のキム・グンス(金元雄会長亡父)氏の死亡日は1992年1月30日だ。 1963年の功績調書と1990年の功勲録の管理番号は、おなじ8245番で、報勲処は同一人物で管理してきた。

報勲処によると、1963年に大統領表彰を受けた金根洙(キム・グンス)は、1977年に再審を通じて建国褒章に昇級し、続いて1990年に建国勲章愛国章に昇級した。 功勲録の内容どおりなら、1963年以前にすでに死亡した人物が1992年に再び死亡したことになる。

 

功勲録の内容によると「1963年のキム·グンス」と「1990年のキム·グンス」は同一人物とは考えにくい。 しかも2人の金根洙(キム・グンス)が活動した時期はもちろん地域も違う。 1963年の公的調書には、キム・グンスが「1939年2月に朝鮮義勇隊に入隊」「1940年9月に韓国光復軍総司令部総務処に勤務」「1942年10月に山西·華北地区的後方地下工作」を行ったと書かれている。 ところが、1990年のキム·グンス氏の功勲録には「1939年8月~1941年3月の朝鮮義勇隊活動」「1941年3月光復軍編入」「1945年8月まで中京·河南省及び満州地方特派工作員」と記されている。

臨時政府の文書によると、出身地も違う。 キム·ウォンウン会長は「父は "キム・ソク"、"ワン・ソク"という仮名で活動し、母は "チョン・ヒ"、私は "ワン・ウォンウン" と呼ばれた」と主張してきた。 1945年12月中京臨時政府が作成した「韓国臨時政府職員棄権属教民命策」には、「王碩家族」という付記とともに「全希」と「王元雄」の名が記録されている。

 

ところがこの文書にはこれらの出身地が「平安北道」と記録されている一方、1990年の功勲録にはキム会長の父親の故郷が「慶尚南道晋州」と記録されている。 キム会長によると、父親のキム・グンスさんと母親のチョン・ウォルソンさんは、それぞれ慶尚南道晋州(キョンサンナムド·チンジュ)と慶尚北道尚州(キョンサンプクト·サンジュ)から中国に渡って独立運動を展開したという。 平安北道とは何の縁もない. 報勲処が同一人物として管理してきた63年と90年の2人の金根洙が出身地で、活動時期と活動地域はもとより、死亡時期まですべて異なるわけだ。

 

光復軍2支隊出身独立運動家の子孫の集まりである長安会イ・ヒョンジン会長(光復軍2支隊工作組長イ·ジェヒョン先生の長男)は「1963年8月14日付『朝鮮日報』2面『光復軍出身大統領表彰対象者342人リスト』にも『金根洙』という人物の前に『故』と記されている」とし「キム会長が自分の父親だと主張するキム・グンスは別人」と主張した。

このような矛盾の原因が、報勲処の単純な行政ミスである可能性もある。 しかし、単純ミスと見るには、2人の金根洙の具体的な行動があまりにも違う。 報勲処は「1963年当時、国史編纂委から移管された功績調書がたった1枚だけで、どのように公的調書に'故人'と表記されたのか経緯把握が難しい」とし「このキム・グンスと以後出てくるキム・グンスが同一人物なのか引き続き調査する予定」と述べた。

「国民の力」の趙秀鎭(チョ·スジン)議員は「歴史を正すという意味で、引き続きこの事案を調査していく」と述べた。 朝鮮日報は金元雄(キム·ウォンウン)会長に電話と文字メッセージで1963年に大統領表彰を受けた「キム·グンス」さんと父親が同一人物か尋ねたが、キム会長は応答しなかった。

 

(ソウル/みそっち)

 


 

死んだひとの子孫に成りすますっていうのは韓国ではよくあるハナシです。そうやって遺族になりすまして年金を受け取るのは当然の権利だと考えられています。

っというのも。ちょっと前までは死んでも墓を作らなかったので、死んだ痕跡はお役所の帳簿上だけってことになっていました。そうした古い記録も2009年からはほじくり返せないように法律が改正されているのです。※最近は焼いて納骨堂タイプ

そいうわけですから、これには釈明も訂正も出て来ないでしょうか?、先に死んだほうの遺族が生きていれば名前を使われたと言って裁判するかもしれませんが、なにしろ光復会会長というのは報勲処に国家有功者を推薦する団体そのものなので、へそを曲げられちゃうと貰える年金もおじゃんになるわけです。そのへんの兼ね合いで、死んだ公文書が誤記だとか、出生地はカモフラージュしたもので幼少期に云々とか、すでに建国褒章と建国勲章愛国章を貰っているのでその都度確認したハズであるなんて言い出すんでしょうね ええ、ウソだってことは本人がよくわかってるんですよ。でも韓国人は死んでも地獄に落ちるって考えませんから怖いものなんてないのです。そのかわり何度でも韓国人に生まれ変わるという業苦を背負って生まれてくるわけですよ。気にすることじゃありません。

 

あの国会糞尿投げでおなじみの金斗漢は青山里の戦いの金佐鎮の子供って触れ込みでしたが、見事な誘導インタビューで用意されていた離れて暮らしていた親子っぽい間柄ということになったまま死んでしまいました。まぁチンピラが国会議員になった成功神話の自慢話の小説になったときにでっち上げられて、小説の主人公が自分だと信じ込んでのちに映画化までされちゃったので全メディアの引っ込みがつかなくなったというのが真相だとも言われています。 そうやってウソと小説の区別ができないのは韓国人のほとんどが自身の家系図がデタラメだからなんですね。

 

ちなみに李舜臣将軍っていうのも数十年後の人のでっち上げたデタラメじゃないかと考えています。すくなくとも現在まで続く李舜臣宗家って3つくらい別々にあるんですがすべてデタラメですからね ♬

 

関連過去カキコ

3代にわたる偽独立有功者の詐欺師家族が出てきた
報勲処 偽の功労者を選り分ける全数調査はじめる
伝説の主人公はこんなの 金斗漢

 

 

 

 

イメージ 3