minaQのつぶやき 네토미나

嫌韓(いやかん)ってホントはどうなの?

天安艦2周年記念投稿②

東亞日報が びっくりの新人物を発掘してきた、なんと魚雷部品引き揚げ船の船長を名乗る不審人物だ、これまでに魚雷部品引き揚げでは太平海運の専務というのが数回登場したが、デタラメの核心を知る人物なのか、連れてこられた"韓国型善意の証人"なのか興味のあるところだ
戸籍(戸籍ないけど)洗浄や偽名捏造で有名なアノ国では時折こういう人物が現れる彼の経歴は不明だしおそらく国情院所属だった経済破綻者のアルバイトだとも言われている
以下は一問一答"魚雷部品捏造班の主犯"とされたキムチョンドとの会話である
 
はえ縄で海底を捜索する?  翻訳がおかしくなければ"底引き網"だということの訂正は間もなくかもしれません 魚雷部品って泳いでるニカ?
 
 
当時探索救助本部キム・チョンド団長-はえ縄漁業漁船キム・ナムシク船長会う
 
イメージ 1[メディアミーナ] 23日昼間12時軍港都市である慶南(キョンナム)、昌原市(チャンウォンシ)鎮海区のある飲食店.天安(チョナン)艦爆沈事件の時失踪者捜索、船体引き揚げ、魚雷残骸探索および引き揚げを指揮したキム・チョンド当時探索救助本部団長(58·海士31期)と沈没原因を明らかにするのに決定的証拠であった魚雷プロペラを取り出してあげたはえ縄漁業漁船大評11号船長キム・ナムシク氏(50)が2年ぶりに会った。 ‘全然身動きができない証拠’である魚雷プロペラを探そうと西海(ソヘ)を検索した核心人物だ。

キム団長は先月29日合同参謀本部次長(中将)を最後に転役した。 キム船長は依然として大評11号を乗って済州(チェジュ)近海でマグロ密猟を生業としている。 これらは“どうか国力を浪費する奇怪な論争を止めてほしい”と国民にお願いした。

北朝鮮仕業という政府発表が疑われると考える人が多い。
 
 
イメージ 4▽キム船長=私が掘り出した北朝鮮魚雷が政府が倉庫に使わずにおいておいて取り出した物という奇怪な言葉も出てきた。さらに友人も“君が引き上げたのが合うか”というほどだ。大清湖(テチョンホ)船員25人と国防部が組んでしたことだという言葉まで聞いた。もし疑惑を提起する勢力に“事実私が取り出したのではない”と嘘をつけば直ちに英雄になり得ることだ。 ところで直接引き上げた魚雷なのにどうするか。

イメージ 2
▲完全に図面と一致するとされた魚雷部品はこれまでに2回以上入れ替わっている、また諜報部員が独自入手したとされる魚雷図面に至ってはその存在を見たものは誰もいないことが明らかになっている
また魚雷部品は海軍第2艦隊基地倉庫にあったものだという証言も出てきている
 
 
国連安保理で無視された韓国だけの主張 いったい彼らの脳にどんな虫が湧いたのだろうか
 
イメージ 3
 
▽キム前団長=発見当時魚雷はほとんど新しいものだった。キム船長が直接魚雷プロペラを回すとすぐに容易に動くほどであった。魚雷が腐食されたことは海水で取り出した後空気と接触したためだ。過去戦史と魚雷試験発射過程で爆発現場近辺にプロペラは残っているという確信があったので証拠物を捜索して5日ぶりに探すことができた。

―沈没原因に対しても各種言葉が出回る。

▽キム船長=野党推薦で‘天安(チョナン)艦民軍合同調査団’民間委員で参加した人は腹が暗礁にぶつかって座礁したという話をする。暗礁にぶつかって真っ二つになることはできない。海軍将校で勤めたという人がとんでもないことをして葛藤を膨らませた。

イメージ 5
▽キム前団長=北朝鮮でなければ私たちの領海にきて誰があえて魚雷を撃つということか。陰謀勢力が事実を否定して天安(チョナン)艦で国民を組に分けている。

―済州(チェジュ)江亭の村海軍基地を囲んで摩擦を醸し出している。

▽キム前団長=済州道(チェジュド)は我が国南方海域の生命線だ。海上物流量の中で輸出入の98%ほどが海に通じる。
海は戦時はもちろんで周辺国と利権関係により大きい影響を与えることができる。周辺国である中国と日本もあちこちに海軍基地を作っている。

▽キム船長=妻と家族が済州(チェジュ)に住んでいる。済州(チェジュ)近海で漁業をするので周辺海地形を誰よりよく知っている。離於島(イオド)や中国問題だけでもそうだ。済州(チェジュ)で状況が発生した時釜山(プサン)や鎮海で海軍が出動すれば状況は終わった後だ。海軍基地は100%必要だと共感する。
 
(翻訳:みそっち)


済州島海軍基地建設賛成意見にまとめちゃうのがスゴイでしょ ドンドン基地作ればイイんです大賛成ですよ
 
 
キタ朝鮮武器輸出幽霊会社を考えたのゎ誰??
 
その魚雷パンフレットがどうしてキタ朝鮮製品の武器カタログだと断定できたのであろうか、 国防部まで実際に見に行って確かめてきた民主党議員がいる。南側政府高位関係者がある話を引用した<韓国日報> 2010年6月23日報道によれば、北側合作会社の名前がGreen Pine Associationと書かれているといったが、チェ・ムンスン議員は会社名は話さなくてAssociated Corporationだと記されているといいながら合作会社といった。あえて韓国語で翻訳すれば青松合作会社(Green Pine Associated Corporation)と呼ぶことができる。 合同調査団関係者の話によれば、青松合作会社が北側の魚雷輸出会社というものだ。
¥¤¥᡼¥¸ 3▲不思議な引き揚げシーン お揃いのヘルメット姿が印象的だ、少なくともこの船が漁船ではないことが確認されている ※漁船が駆けつけたことになってるんだけど
 
 
ところでチェ・ムンスン議員の話中で注目するのは、合同調査団が北側魚雷輸出会社と指定したその会社は‘Green Pine Associated Corporation’という英文の名前以外に何も知らせたのがない幽霊会社という漸移だ。そのような英文の名前を持った会社が北側会社なのかでなければ米国会社なのかでなければ英国会社なのかを明らかにする根拠はどこにもない。 それでチェ・ムンスン議員は“(Green Pine Associated Corporationの)住所もなくて、北朝鮮だと確証できるのが全く無く”甘いことを知って、合同調査団関係者に“これを見てどのように北朝鮮のものなのか知ることが出来るか?”と問い直したという。
すると質問を受けた合同調査団関係者は“この会社が北朝鮮の対外輸出事業をする会社であることを証明するという英文の保証書をの中にあったのでとするが、その英文保証書に“北朝鮮商工会議所名儀と住所と電話番号が書いていた”ということだ。合同調査団関係者がどんな文書を読んでこんがらかったのかは分からないが、北側に商工会議所があるという言葉は初耳だ。    とにかく思いつきだけで取り繕っているのがありありと見えるような事ですね。
 
魚雷ゎニホン円でも一億円~もっとする高価な旧式に値する武器ですがその詳細な設計図面をCDのかたちにして海外に公開するなんてことがある   っと妄想した韓国人にゎ あたまが下がります  高価格な武器を海外に輸出しながら、魚雷設計図面まで譲り渡す国があるだろうか?常識的に判断しても、1級軍事機密に属する新型武器設計図を輸出用CDに添付して外国に提供する国はこの世の中にない。
 
<朝鮮日報> 2010年5月28日報道によれば、5月15日魚雷推進機残骸が出現する前までイ・ミョンバク大統領は“心配が大きかった”とする。<朝鮮日報>はその記事で“大統領府関係者たちもこれを心配するとすぐにイ大統領は‘韓国には国運がある。決定的な証拠が出てくるから見守ろう’という話をした”とした。
 
“魚雷部品ゎこれでイイだろぉ もう一つ証拠が欲しいな そうだ君の処でちょちょいっと描いちゃってくれないか”
 
そんなやりとりがあったのでしょうね
 
イ・ミョンバク大統領の話は、彼が魚雷推進機残骸が発見されるという暗示を誰から受けたのでそのように予言したことではないかというおかしな感じを抱かせる。イ・ミョンバク大統領の‘驚くべき予言’のままに、除去作業最後の日の15日はえ縄漁業漁船が劇的に魚雷推進機残骸を海の中からすくい上げた。<朝鮮日報> 記事は、魚雷推進機残骸が劇的に発見されるとすぐに“大統領府では‘大統領の言葉のとおり国運があるようだ’などの話が出た”とした。誰が作って事故現場に持って行ったのか分からない疑惑だらけ物が決定的証拠で出現した、それこそ劇的な場面を見ながら、イ・ミョンバク大統領と彼の補佐官らが国運があるとし喜んだというから実に驚くだけのことだ。
 
 
¥¤¥᡼¥¸ 1¥¤¥᡼¥¸ 2
▲寸分の狂いもなく完全に一致したと主張された魚雷部品と流出図面 もしもクイズで間違い探しだったらどうだろうか入学前の幼児でもわかるような虚構性に満ちている、これが韓国型脳の正体だ。