minaQのつぶやき 네토미나

今年もよろしくお願いします。

中古車団地火災、"委託販売"の仲介車の賠償は?



四面楚歌、五里霧中、八面六臂

保険もない、原因もわからない、現場検証さえ出来ずにいる


イメージ 4[話題のミーナ]5日、釜山蓮堤警察署などによると、警察の火災鑑識に先立ってまず成り立たなければならない建物の撤去と進入路確保作業が今回の火災の被害業者間の合意の失敗から着手されていない。

イメージ 6

▲3日深夜、釜山の中古車販売センターが全焼する火事があった:釜山では中古車まるごと570台全焼

建物と火に焼けた車両が被害事業者たちの私有財産である上、撤去費用を、業者たちが負担しなければならない状況なので、事業者間の撤去の可否、時期などについての合意がなければ撤去が進まないというのが警察と消防当局の説明だ。
現在、売買団地内の13個の焼け出された業者たちは撤去問題を議論している。 そかし被害業者たちは火に焼けた車両をどう処理しなければならないかも分からない状態だ。 ひと晩で生計の基盤のすべてを失った業者たちは前途が真っ暗だ。 13個の被害業者たちは、中古車570台余りが炎上しながら、警察と消防署推定35億ウォンの被害を受けた。
特にこの中で、高価な外車200台あまりは、被害規模がまともに算定されておらず、売買組合に登録された被害中古車は原価だけでも80億ウォンに達し、実際の被害規模は100億ウォンを超えるものと見られる。

団地周辺の官用、民間CCTV資料も一部確保したが、別段の成果を得なかった。 それと同時に警察は怨恨による放火の可能性などを開いておいて売買団地関係者と周辺人たちを中心に聞き込み捜査を進めたが、これも特別な手がかりを見いだせていない。 特に出火原因に対する手がかりがある発火地点の2階が3階から崩れてきた鉄骨と自動車などで多くの部分破壊されたという点でも火災鑑識と火事の原因の捜査は今後、難航が予想される。 釜山蓮堤警察署のオクミンホ刑事課長は"これらの業主たちが合意をすれば撤去と火災鑑識が可能であるが合意点を見つからない状況"とし、"老朽化車両から火災が起きた可能性や放火などさまざまな可能性を開いて、捜査を進める"と明らかにした。



(翻訳:みそっち)



買い取ったクルマを並べていただけじゃないんです、クルマを渡してお金を受け取っていない”委託販売”の人たちにも災難が降りかかります



売ってほしいと預けた”仲介車”賠償は誰がしようか

- 被害570台余りのうち20~30%と分析
- 委託者が、業者に要求可能性大
- 責任の所在規定なく、議論が予想される


イメージ 1
 
▲この3日、火災が発生した釜山市蓮堤区巨堤洞の中古自動車売買団地が5日、無残な姿を現している中、警察が現場調査のために統制線を設置して部外者の進入を防いでいる。

イメージ 2[ライフミーナ]この3日未明、釜山市蓮堤区巨堤洞の中古車売買団地で発生した大型火災による財産被害が甚大な中で、当該団地の中古者業者が販売委託を受けて保管していた'仲介車'に対する賠償問題がまた他の争点に浮上している。

5日、中古自動車売買業界によると、今回の火災で被害を受けた570台あまりの車両のうち、仲介車は20~30%に達するものと分析される。 仲介車とは中古車業者の所有ではないが、業者が販売を委託されて売買団地に保管していた車を指す。

委託者は車を任せることで元の損害保険を解約して保険会社から保険料の一部を返してもらう。 保険業界の関係者は"レンタカーの保険の場合、金額が大きいために販売を委託してから手数料を損害報告書でも解約し、保険料を返してもらう場合が多い"と説明した。 これによって保険会社から火災の被害賠償を受けない委託者たちが受託者である中古車商事に補償を要求する可能性が大きい。

釜山市自動車売買事業組合関係者は"通常の車両を任せる課程で委託者と受託者が火事などの事故による車の被害の責任の所在を規定していない"、"業務委託以降に被害を受けた委託者たちが車両を保管していた中古車業者に賠償を要求すれば、この問題が争点になるもの"と話した。
 
法曹界では損害賠償の責任の所在に意見が分かれるが、中古車業者の責任が大きいという方が多い。 まだ事故の原因が究明されず、釜山では前例がないケースだが、受託者として車体と鍵を全て持っていた商社側の管理責任を高く見たのだ。
ある弁護士は"放火による事故であることが確認されてもまず、受託者が賠償金を支給した後、放火犯に対して求償権を請求する形になる可能性が大きい"と展望した。

火に焼けた車両と鉄製の構造物を撤去する費用は業者と建物主が負担することになる。 建物主側はすでに市と協議を経て、まず倒れる危険が大きかった売買団地正門を去る4日午前、撤去した。 市の関係者は"火災で構造物が陥没したが、外部に崩れて近くの住宅などに被害を与える確率は低いと判断される"、"火災の原因究明のための鑑識と火に乗った車両に対する鑑定・撤去など手続きを終えれば、すぐに崩れた建物も撤去される"と話した。


(翻訳:みそっち)



警察も手出しができない?崩れ落ちた展示場



火災の原因は不明、賠償責任も不明、現場検証の見通しも不明


イメージ 3[クルマのミーナ]外車などの車両570台を燃やして消防署の推算で35億ウォンの財産被害だが、釜山の中古車売買センターの火災の原因と五里霧中である。
建物が崩れ落ちて、警察は火災発生3日目の5日現在、火災鑑識さえできずにいる。火災の原因を明らかにする閉鎖回路(CC)TV映像データは復元に困難を経験している。 釜山蓮堤警察署は「この中古車売買団地は3階鉄骨構造物で3階部分が崩れて最初の発火地点を推定される2階にアクセスすることができず、火災鑑識さえ進行していない」と5日明らかにした。
警察は、火災の目撃者と建物所有者、中古車団地関係者などを召喚して調査した結果、現在までに明らかな火災原因を特定することができなかった。警察は、建物内閉鎖回路(CC)TV 20個の映像資料が保管されていた3階のオフィスでハードディスク2台を見つけたが、毀損がひどく復元に失敗した。警察は、専門業者に復元を依頼することにした。警察はまた、中古車販売団地の外に設置された15個の閉鎖回路(CC)TVの映像資料を分析した結果、火災を前後して中古車団地に出入りした人などの疑い事案を見つけられなかった。 さらに、現在まで発火地点と推定される2階にアクセスできずおり、火に乗った車数百台を撤去するまで、火災鑑識が遅れる見込みである。これにより、火災の直接的な原因を明らかにするまでかなりの期間がかかると予想される。
一方、中古車売買業者は、今回の火災の被害のほとんどをそのままそっくり抱えることの境遇に置かれた。入居企業は13個である。比較的被害が少なく見える1階と屋上の車両も煙と炎に露出して再機能することができるかどうかは未知数だ。

これらのクルマは賠償責任保険に強制的に登録したが、対人·対物事故を補償する最低限の保険なので運転中に発生した事故に対してのみ補償を受けることができる。総合保険に加入すると、火災による補償を受けることができるが、中古車売買業者所有の車両が登録した事例はほとんどない。すぐに販売する車両なので加入していないか、または販売前の試乗と試験運転、保険詐欺などの危険要素が多く、保険会社が受けてくれないと、業界は伝えた。



(翻訳:みそっち)



韓国型災害対策ではこういう場合、近所に体育館が必要になるのですが、あいにく被災者のなかでけが人はいないわけです。出火元が2階部分らしいっとなったことで1階部分に入居していた中古車業者は「責任がないのだから撤去費用も払えない、今すぐ賠償しろ」っということです
韓国型賠償責任ではこんなときにすぐに犯人を特定して出火原因も解明しちゃうことで解決させるのですが、この中古車団地に入居している個人経営の中古車ブローカーや委託販売でクルマを置くところだけ貸していたりするわけのわからない関係者もたくさんいるみたいなので、そうなると今度は”自称、被害者”が殺到するかもしれません。  たいへんですね (棒)



イメージ 5

お探しのおクルマはきっとどこかにありますよ