minaQのつぶやき 네토미나

嫌韓(いやかん)ってホントはどうなの?

韓国型創業と事業形態、出資者はひみつ


ルームサロン、投資は一般人-管理は事業主、営業はマダム

徹底した役割分担企業のように運営 娘調達、いわゆる'室長'息強い


イメージ 3[NEWSミーナ]組織暴力団体幹部級であるA氏とB氏は共同で、ソウル江南(カンナム)にあるLビル地下1階~地上7階を借りて遊興店を運営した。 地上8階~10階はモーテルに改造して性売買営業も並行した。 1日平均150人の客が訪れ、1人当たり平均32万~39万ウォンを使った。 1日の平均売上はいつも5000万ウォン以上、一ヶ月に15億ウォン以上は大丈夫だ。 建物の賃貸保証金6億ウォンと毎月家賃が出たが、投資金はわずか数ヵ月ぶりに回収した。

風俗店は共同で創業する場合が一般的だ。 投資資金を多く必要として、おねいさんを募集して管理する担当常務、あばれる客の処理と問題発生に備えた組織員、経理職員など人材がかなりたくさん必要だ。
韓国刑事政策研究院が最近発表した'組織犯罪団体の不法地下経済の運営実態と代案研究'資料によると、風俗店は、運営は企業型で行なわている。
 
いったん投資資金の規模が大きいため、'投資者'が挟まっている場合が一般的だ。 彼らは投資した持ち分だけの収益をもらって行くだけで、営業に関与しない。 仁川(インチョン)でルームサロン事業をする30代半ばのC氏は、"投資者は、組織暴力の生活と関係のない人々だ"とし、"ゴルフ場の社長、ロータリークラブ会長、国で地位がある人、信じて任せられる人たち、中小企業社長などが主に投資した"と説明した。
 
投資者たちは、脱税、性売買などで不法収益を得ていても処罰される場合はまれだ。 投資と運営が区分され、投資者の不法行動が確認されていないからだ。
'パンツ社長'(名義上の所有主)をおくことも風俗店では一般的だ。 事業主が不法運営に対する責任を回避するためだ。 パンツ社長は一定金額を受け取り、脱税、性売買あっせんなどによって問題が発生する時、法的責任を代わりになる。 ソウル北倉洞でルームサロンを運営した40代D氏は"運営がうまくなる店は税金が賦課される時期を考慮して、概ね1年単位でパンツ社長を変える"と説明した。

事業は、業主とマダムを中心に行われる。 事業主は投資者を募集して事業を管理する。 マダム管理、真相客の処理などの業務をする専務、常務など職員を雇用するのも事業主の責任だ。 マダムは営業を務める。 マダムは女性接客員(おねいさん)を管理してお客様に文字や電話で広報する。 仁川(インチョン)でルームサロンを運営した30代のE氏は"マダムを3~5人ほど置いたが、営業はマダムだけうまく管理すればよい"と話した。 業務が明確に区分され、ふたりで5対5で収益を分ける場合が多い。

最近は店に所属されたお姉さんがいないためにお姉さんを管理し、店に出勤させる女性部長(取締役や室長)の役割が重要になったというのが風俗店関係者の共通した説明だ。
ソウルでルームサロンを運営しているF氏は"室長たちが午後2~3時頃になるとお嬢さんたちに個別に連絡して出勤するかどうかを確認する"、"出勤する娘が不足する場合、愛人バン(過去カキコ:韓国の出前文化、同伴女性も配達します)を通じて追加で供給される"と説明した。
釜山(プサン)で大型ルームサロン常務として働いた20代半ばGさん(女性)は"室長が10~15人いたが、1人当たり平均25人の娘を管理した"、"毎日出勤する娘を150人程度確保することができた"と話した。

風俗店で働くお嬢さんはインターネット広告や友達紹介を通じて入手するのは一般的だ。
D氏は"お嬢さんは夕方7時以降出勤して翌日の明け方3~4時まで働いて、当日、現金で日当をくれるのが一般的だが、週4日勤務した場合、固定給の形の給与を与えることもある"、"インターネットの広告などを見て'バイトをしたい'と、尋ねて来る場合が多い"と話した。

風俗店そのものは、合法的な事業だ。 しかし、事業主たちは収益率を高めるために脱税、性売買斡旋などをしていて、法律の審判を受ける場合が多い。
脱税の方法は現金領収証の未発行の、遊興接客サービス料を縮小申告、酒類販売量の縮小申告などを通じ、総売上を減らす方法で進行される。 このような方法で江南(カンナム)の飲み屋は3年間22億4700万ウォンの税金を脱税した。

俗称'2次'と呼ばれる性売買の場合、風俗店の売上に客がカード決済ができるようにする。 しかし、性売買斡旋費用を遊興業店が別々に受けないとの関係者たちは説明する。 釜山(プサン)で風俗店を運営した30代半ばH氏は"ルームサロン事業主が売春をあっせんして斡旋費を手にする場合はほとんど見られなかった"、"マダムやお姉さんだけが知って,私たちは酒の値段だけで受ける"と話した。


(翻訳:みそっち)


◇ ◇ ◇


お姉さんの収益月600万~800万ウォン…盛業フルサロン一日お客さん250人も


イメージ 1[ソウルミーナ]組織暴力事犯で刑務所に収監されている30代前半のB氏は保証金500万~600万ウォンに月々50万~60万ウォンのオフィステル5つを借りてお嬢さん15人を連れて、現代のヤクザの間に最もホットな'オーピー'(オフィステルでの売春)事業をした。 お嬢さん1当たり1日4~5人の客を相手にするようした。
※P屋というのはニホン式の言い方、兵隊やくざなどでよくでてくる

1人当たりの売春費用は15万~20万ウォン!
お姉さん1人が1日60万~100万ウォンほど売り上げを上げた。 おねいさんは一度性売買をするたびに10万ウォン程度、一日40万~50万ウォン程度受けた。
姉さんたちは1日ずつあいだを置きながら働く場合が一般的だ。 これらは月に600万~800万ウォンずつもうけた。 B氏は各種運営費用を除いて毎月3000万ウォン程度得た。

イメージ 2


■性売買業種別でオーナーとおねえさん、収益分配それぞれ
基本的に風俗店は地域ごとに運営主体や収益分配構造が違っていた。 オフィステルは初期基本投資費用多いため、20~30代が主に運営した。 おねえさんと事業主と収益は7対3ないし6対4程度に分けている。 おねえさんたちは一ヶ月に400万ウォン以上稼いているケースが多く、業主は1000万ウォン以上も獲得した。
タイ、フィリピンなど外国女性を観光ビザで入国させて不法売春をさせる場合も多かった。 タイ人女性を雇用して、オーピー営業をしたC氏は"タイ店のお嬢さんを3ヵ月に月給300万ウォンの条件に連れて来たら私たちはその10倍が越えるお金を稼ぐことができる"と話した。

'風俗店'は最も代表的な性売買業者だ。 飲み屋のうち'ルームサロン'は接待性売買のための場所であり、'フルサロン'は類似性行為と性行為がすべて含まれた営業で、ソウルで最も収益が高い性売買営業というのが性売買事業をする人たちの一般的な考えだ。
酒代のほかに売春費用で遊興店は15万~25万ウォン、ルームサロンでは20万~50万ウォン程度受けている。 このうちおねえさんは、売春費用だけで18万ウォン程度持っていく。 おねえさんと事業主が5対5で分ける場合もある。 ルームサロンを運営した30代C某さんは"風俗店で2次をしない店は絶対にない。 誰がお酒の値段だけで20万~30万ウォンを払って'2次'のない店に行くのか"と反問した。

フルサロンは地方にはなく、ソウルと首都圏の一部の地域のみにある業態である。 居酒屋ひとつで類似性行為から性売買まですべて行われる形だ。 ソウルでプルサロンを運営した30代後半E氏は"1あたり1時間に32万~34万ウォン程度受けて、類似性交、売春を全部できるようにした"、"一日お客さんが250人ほどだった"と話した。 1日の売上だけ8000万ウォンが超えるという話だ。

▶'条件付の出会い'も組織的売春に発展
=類似性行為をしてくれる'テタル部屋'、'キス部屋'などは、客1人当たりの7万~8万ウォンずつもらって営業をした。 テタル部屋はおねえさんと事業主が6対4~5対5の割合でおねえさんがより多く収益を手にする。 おねいさんが服を全部脱ぐ場合が多く、業務強度(?)が強いからというのが業種従事者の説明だ。 一方、キス部屋はお嬢さんに毎月、給料をする”月給制”の場合もあれば、収益配分では4対6で店主が多いお金を得ている。

目を引くのは、'条件付の出会い'も、組織的な営業が行われる業種という点だ。 初期投資費用がほとんどないため、10代がスマートフォンアプリケーションなどを通じて営業をしている。
売春費用は平均10万~15万ウォンほどだ。 性売買を通じた収益は性販売者と組織暴力団が2対1または3対2で分配する。 売春は主に10代後半の組織暴力団が運営していますが、性販売者も主に10代だ。


(翻訳:みそっち)



ソウルの街すべてがこんなふうになっているわけではありません、ほとんどの場所がそうなっているということで、飲食店などではほとんどの店がおねえさんの手配をしてくれるそうです。
ソウルの男性すべてがこういうところにあししげく通うわけではありません、ある程度の収入があったり、交際費が会社の経費でどうにかなる人たちが利用しています。

ソウルの街を歩く女性のすべてが性売買に従事しているわけではありません、しかしすべての年齢層でまんべんなくいることがよく知られています(関連過去カキコ:"韓国の家出した10代の半分が売春"報道)。



イメージ 4

まぁそのぉ




イメージ 5



イメージ 6