minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

韓国人 電子足輪を切ってニホンへ高跳び



韓国から性犯罪者が逃亡 潜伏先はニホン

電子足輪対象者の国外逃亡 初の事例発生…、インターポール赤色手配
性的暴行の前科者、電子足輪を切って先週末、地方空港からニホンへ高跳び 




イメージ 1
[ソウルミーナ]性犯罪などで位置追跡装置をつけなければならない保護観察対象者が当局の監視網を避けて国外に逃亡する初の事例が発生した。


29日、法務部は、先週末、電子足輪を切って日本に逃走したヒョン某(51)氏に対して、国際刑事警察機構(インターポール)に赤色手配を要請したと明らかにした。

※「赤手配書」と呼ばれる国際逮捕手配書は引き渡しを目的として、逃走容疑者の身柄拘束を求めるもの。あのチョンユラも赤色手配された。

イメージ 2



性的暴行などの疑いで実刑を受けた後、2014年に出所したヒョン氏は7年間の位置追跡装置着用を命じられ、これまで電子足輪をつけた状態で当局の保護観察下にあった。

しかし、この25日、電子足輪から伝送される位置信号の送受信が中止され、保護観察所は警察に追跡を依頼した末に彼が地方空港を通じて日本に逃亡した事実を把握した。

当局は最大風速で彼の身柄を確保し、国内に送還する計画だ。


(ソウル/みそっち)



ええと、韓国の警察がニホンで大捕り物をやらかす事は無いので電子足輪の無い韓国人を捕まえるのはニホンの警察のお仕事になります。 
ところで、韓国とニホンは犯人引渡し条約を結んでいることもあってニホンで捕まえた犯人の身柄引き渡しを要求して韓国に凱旋帰国するなんてことが非常に多いのですね。 
今回の場合には韓国国内での性犯罪者ですから、本来であればニホンへの入国はできないハズです。
地方空港と言ってもニホンに入国できる条件が緩かったとは考えられないので、偽の身分証を使った偽名を使ったなどの容疑でしか捕まえることはできそうにありません。不法入国だけっていうことです。

イメージ 3
そいじゃぁ裁判権がニホンに行っちゃうわけで、身分照会してみたら性犯罪大国からやってきた韓国人がニホンの法廷で裁かれるなんてことになってしまうのでとってもはずかしいことなのです。そいうわけで、インターポールの手配リストに載せてもらおうということなのです。
そうしておけば ”犯人引き渡し手配犯” ってことでニホンで韓国人性犯罪者の話題が記事になりにくいだろうという思惑があるのだと考えざるを得ません。

ところで韓国では犯罪者の人権のほうが優先されるので、今回も犯人の名前や人相などの資料がニホンに資料提供されることがありません。 それってつまり「大勢のうちそれがいたら尋問せずに引き渡してくれ」というとても都合の良い国際手配ってことなのです。

犯人情報がなければインターポールも赤色手配できません。 でも犯人の素性は素性は明かしたくないという韓国の事情が見え隠れしていますね。



イメージ 4




おそらく、韓国の電子足輪についてはウチの解説が一番詳しいと思います。


電子足輪は充電式、知らなかったその充電風景

"電子足輪このように充電するものだった?"、性犯罪者、実生活ショック
「ええ、夜は充電するんです、これから夏場は薄着でしょ気を使いますよ..」


イメージ 2[ソウルミーナ]性犯罪者たちが出所後、着用する電子足輪の実体が公開された。この5日に放送されたJTBC'イギュヨンのスポットライト'は実際に電子足輪を着用した性犯罪者たちを密着取材した。 放送には、日常生活の困難を吐露している性犯罪者のインタビューと制作陣が直接電子足輪の性能を試験するシーンなどが登場した。

特にユーザーたちの関心をしたのは、電子足輪が充電機器だという事実だった。
ある性犯罪者が部屋の中で電子足輪を充電する場面は6日、複数のオンラインコミュニティで話題を集めた。

男性は、電子足輪を足から切り離すことのできないため、充電器が差し込まれているコンセントの方に足を伸ばして横になっていた。 家族の目を避けて真夜中充電をしている姿だ。

イメージ 1

▲"電子足輪このように充電するものだった?"性犯罪者、実生活ショック記事の写真


普段、電子足輪を接することが持たないネットユーザーは、電子足輪は充電しなければならないのか知らなかったと驚いた。 さらに、電子足輪の充電端子は'昔の充電器'と呼ばれる24ピン標準型だった
このために、"最近あの充電器、オフラインの売り場では売ってもいない"、"電子足輪、充電器も分けてくれるのか"、"新型電子足輪は、アイフォン充電器も使用できるかな?"、"外に出るときは補助バッテリー持ち歩かなければならないようだぬ"などの書き込みが相次いだ。
あるネチズンは "充電式だったなんて…電気がもったいない" と舌を鳴らしたりもした。



(翻訳:みそっち)




イメージ 3

ひろしが万歩計を確認しているところ


◇ ◇ ◇


では韓国の性犯罪者の用電子足輪についてもういちど解説しましょう



電子足輪着用者2865人、管理者は、211人

対象者が多すぎて電子足輪が足りない、見張る係りも足りない


イメージ 1[おはようミーナ]この5日、夕食をしようとしたソウル保護観察所保護観察官のチョ某責任官は中央管制センターから急な電話を受けた。性的犯罪前歴に電子足輪をつけていた管理対象者が保育所が位置した立入禁止区域にしばらく止まっているから行って確認して見てこいという要請だった。チョ氏は"夜勤で夜明かししても翌日午前には退勤をできない場合が日常茶飯事だ。食事を一度欠かすのは大したことでもない事"とした。

2008年電子足輪の装着を通じて犯罪の再犯を防ぐという電子監督制度が導入された後、電子足輪対象者が急増し、これを管理する保護観察所担当の職員たちが、人手不足や業務課に苦しんでいることが分かった。当初、性犯罪を犯した人に限られていた対象者たちが誘拐や強盗犯罪にまでになったが、専従職員の増加は小幅にとどまっているためだ。

法務部によると、今年8月を基準に電子足輪着用者管理担当者は計211人で、電子監督制度が施行された直後の2008年48人から4倍ほど増加したことがわかった。一方、電子足輪着用者は2008年205人から現在2,865人あまりで14倍ほど増加した。


イメージ 6普通の職員1人当たり10人程度を管理することになるが、一般の収監者に対する管理はもちろん、行政業務も兼任する場合が多い。
清州(チョンジュ)保護観察所のある職員は"外国は出動業務は民間業者が処理するところが多いが、私たちは一般保護観察50件余りも処理しなければならず、出動もしなければならない"とした。米国やスウェーデンなどの電子足輪保護観察官は概ね5~8人程度管理を担当している。

さらに、電子足輪対象者の数はさらに増える見通しだ。この6月から法が改正され、強盗犯までに電子足輪対象者が拡大されたためだ。法務部は今年末、2,700人余りから来年は3,200人、2017年には4,200人あまりにまで対象者が増えるものと予想している。これにより、法務部は安全行政部に239人の人材がさらに必要だという意見を伝えたが、現在30人程度に対する人材の拡充案を置いて協議していることが分かった。

法務部関係者は"電子足環着用者の再犯に対する国民の不安を解消するためにも、人力充員は避けられない"と指摘した。電子足環着用者の再犯件数は2010年5件から2013年64件へと増加し、今年上半期だけで63件で、昨年の再犯件数にすでに迫ったものと集計された。


(翻訳:みそっち)



電子足輪といえば韓国人全部に装着が義務付けられているというわけではありません
 

電子足輪の構造、

 


イメージ 2

 
切れにくい金属入りベルトと切れたら電波がでる切断監視線


イメージ 3

신형장비 현행징비

新型装備品 現行配備品

イメージ 4

わりと簡単に切ることができる

 

◆ ◆ ◆
 

位置追跡電子装置について詳しく調べる

イメージ 1[ゴールドミーナ]普通、位置追跡電子装置とは位置追跡電子装置等を利用して着用者の位置や状態を監視する装置を言います。

同じ法律施行令ではこの装置の構成について、電子装置の構成で3つを提示しています。 

1.携帯用追跡装置
電子装置が装着された人(以下"被付者"という)が携帯するものとして衛星位置確認システム(Global Positioning System)と移動通信網を通じて被付者の位置を確認する装置
2.在宅(在宅)監督装置
携帯用追跡装置を補助する装置として、被付者の居住地に設置して被付者の位置を確認する装置
3.装着装置
被付者の身体に付着して携帯用追跡装置や在宅監督装置に電波を送信する装置(切断すると電波が出てすぐにバレる)

しばしば性犯罪者たちだけ用のものと誤解されているが、未成年者対象の誘拐犯罪、殺人、犯罪や強盗犯罪を犯した人にも埋められることあります。<特定犯罪者に対する保護観察および電子装置装着などに関する法律第2条>
※韓国人全部に義務付けられてはいない 

被付者には当然一定の義務が課せられます。
◎付着器、電子装置を身体から勝手に分離、損傷、電波妨害、受信資料の改ざん等の行為が禁止されます。
(参考の判例-最高裁2012.8.17.宣告2012-5862)
◎性暴力犯罪事件に対する刑の執行が終了されたり、免除、仮釈放になる日から10日以内に住居地を管轄する保護観察所に出席して書面で申告しなければなりません。
◎住居を移転したり、7日以上国内旅行、出国する時は事前に保護観察官の許可を得なければなりません。
付着を命じられた対象者は位置追跡装置から一定距離(1m)以上離れたり、電子足輪を切断する場合警報音が発生してこの事実を自動的に管制センターに知らすようになっています。一度充電すれば2週間ほど使用が可能で、位置追跡装置は24時間ぐらい稼動するそうです。
※充電式らしい ← イメージ 4

イメージ 7


そのために、これらを監視する保護観察所は、電子足輪と位置追跡装置を周期的に充電することを勧告しています。充電をしなかったり、外出するときに追跡装置を携帯しない回数が3回以上摘発されれば、故意性の有無を確認した後、刑事処罰が下された場合をマスコミに見た記憶があることと思います。

付着命令期間は通常下記の通りです。  

1.法定刑の上限が死刑又は無期懲役の特定犯罪:10年以上30年以下 
2.法定刑のうち、懲役刑の下限が3年以上の有期懲役の特定犯罪(1号に該当する特定犯罪を除く):3年以上20年以下 
3.法定刑のうち、懲役刑の下限が3年未満の有期懲役の特定犯罪(1号または2号に該当する特定犯罪を除く):1年以上10年以下 

付着命令判決を宣告する場合、付着器の期間を定めてさまざまな遵守事項を一緒に賦課することもできます。

◎夜間など特定の時間帯の外出制限
◎特定地域や場所への出入り禁止
住居地域の制限  
◎被害者など特定人への接近禁止
◎特定犯罪治療プログラムの履修
◎その外に付着命令を言い渡されている人の再犯防止と性状の矯正のために必要な事項

以上が位置追跡電子装置に対する主な説明でした。

これ以上性犯罪などが生じず、位置追跡電子装置制度が実効性がなくなり、歴史の中の制度で忘れ去られる日が来るのを待ってます。

 
(翻訳:みそっち)



性犯罪前科者は、電子ブレスレットとは別に、携帯電話サイズの携帯用位置追跡装置を別に所持する必要があります。ブレスレットとのセットであるこの装置は、ソウルの保護観察所に設置された中央管制センターから移動通信用の人工衛星を介して前科者の位置情報を検出する役割をするようになります。

足輪の部分からは微弱な電波が出て一緒に携行を義務付けられている発信機と繋がっています、足輪部分は防水で寒中水泳のときでも誤作動を起こしません、しかし発信機をいっしょに持たないとならないので面倒かもしれません。GPSで位置情報がどーたらというのはこの発信機が小型のケータイ端末のような役目をしているからで、充電式になっています。


ニホン初公開、韓国型電子足輪システム

イメージ 2

電子足輪本体発信機、充電器の3つがセットになっています

足輪をつけて発信装置を別に携行する、写真はその受信機

イメージ 3

足輪自体には発信機と離れた時や切り離された時にアラームを発信させる弱い電波を発信する能力がある。 つまりこれだけじゃなかったのです

イメージ 4

機能的なフォルムと洗練されたデザインは...(以下略)




 
また足輪を切って逃亡、今年5人目


イメージ 5[ニュースミーナ]性犯罪を犯して10年間刑務所で服役した40代が出所一日に電子足輪を毀損して逃げたが追跡に乗り出した保護観察所や警察に捕まった。
水原保護観察所城南支所は21日、忠清北道清州での位置追跡電子装置(電子足輪)を毀損して逃げたパク某(42)氏緊急確保して調査している。

保護観察を受けていたパクさんは、前日の刑務所で知り合った知人とレンタカーを借りて清州に向けた後、凶器で電子足輪を切断して再び城南に戻って潜伏した。

城南保護観察所迅速対応チームと警察はパク容疑者の情報を入手して、城南のレンタカー会社で待ち伏せし、同日午後、車を返却しに来たパクさんをつかまえた。
パクさんは、刑務所で知り合った他の知人チェ某氏に会ってしようと清州に行ったことが調査されたが、電子足輪を毀損した理由については、まだ明らかにされなかった。パク氏が毀損した電子足輪は、清州ミピョンドン川で発見された、電子足輪の毀損は今年に入って5件目だ。 
パクさんは1998年8月、水原の病院で看護師をセクハラするなど、性暴行犯罪の処罰および被害者保護などに関する法律に違反した疑いで懲役12年を言い渡されたが余罪が明らかになり、3年を追加で服役し、19日出所した。
彼は遡及適用が可能なように改正された電子足輪法により収監中だった昨年6月に出所日から2019年2月までの5年間電子足輪付着命令を受けた。 保護観察所は、調査が終わり次第、パク氏は城南スジョン警察署に引き渡される予定だ。


(翻訳:みそっち)


 
ソウルの地下鉄でサラリーマン風の男が足を組んだら見えちゃったとか、あわてて見ない振りをしたといったお話はよくあるようです。交通事故で怪我をした足輪対象者の足輪を治療のために切断した医師に厳重注意があったことがあります。

ソウルの保護観察センターでは慢性的な人材不足もあって異常が検知されてから被付者を確保するまでに最短でも6時間程度かかるし、すでに足輪装着者のうち数十人が切断して海外に逃亡しているということです。

 
今年から切れないステンレス製の電子足輪も登場

法務部は2008年9月に導入されたウレタン材質の電子足輪に続き、2010年には、ばね鋼を入れて簡単に切ることができないように改善した電子足輪を補給したが、切断の脱出犯罪が相次いでいる。 キムさんも工具店で買ったカッターで比較的簡単に電子足輪を切って逃げた。
去る10月、仁川·大邱(テグ)などでも電子足輪を切断逃走事件が発生した。清州保護観察所の関係者は「今年中に強化ステンレス製の電子足輪を補給することを推進している。 しかし、犯罪者がやる気になればいつでも壊すことができるから、犯罪全力者の管理·監督に一層気を使っている」と述べた


 
イメージ 5

電子足輪のひと ですか




イメージ 2