minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

セウォル号 潜水艦など外部衝撃説 再調査



セウォル号事故は潜水艦衝突が原因 

セウォル号船体調査委員会 "潜水艦など外部衝撃説、排除せず、再調査"
金昌俊(キム・チャンジュン)委員長"物理法則からも解けない問題があり"



イメージ 1
[NEWSミーナ]この13日、韓国聯合ニュースなどはセウォル号の船体調査委員会が、潜水艦など外部の物体との衝突説についても可能性を開いておいて精密調査を行うことにしたという内容の記事を掲載した。


この記事の中で、クォン・ヨンビン1小委員長は「船調委がこれまで調査した結果、セウォル号が惨事当日、左舷のフィンスタビライザー(船のバランスをとる設備)側の船尾(船の後方)から船首(船の前方)の方向へ、水中物体によって衝撃を受けたのではないかという疑問が提起された」と明らかにした。

クォン1小委員長は、”セウォル号と同じ方向で動き、速くなければならない"、"外力があったなら、潜水艦と思う"と言いました。(今日の会議は)今後追加でさらに調査する部分を決めるために、今までの調査で確認された客観的事実を整理する場だと説明した。


物理法則と真逆の答えを求める韓国型思考

船調委はこれまで、セウォル号沈没の原因を究明するための各種外部委託調査を進めてきた。最近、船首の方向を表示するジャイロコンパスが正常範囲を超えて作動した原因を分析する実験と、フィンスタビライザーが正常範囲を超えて動いた原因が何なのかを確認した検査、セウォル号ブラックボックス航海データ記録装置)の特定場面に対する委託調査などを総合した結果、外力説についてさらに調査する必要が出てきたというのが船調委の判断だ。
船体調査委員会は「正常に船が旋回すれば1秒に1度も傾くことはないが、セウォル号内部のブラックボックス映像を見ると、船が1秒に10度も傾くなど、外力が作用しなければ説明できない点が発見された」と説明した。
※韓国型物理法則では衝突のあとも何らかの力が押し続けることを想定している

過積載込みで総重量1万トン以上といわれるセヲル号に衝突して進路さえ変えさせながら船底のフィンスタビライザーを少し曲げただけという謎の水中物体が存在したことにすれば、この世のすべての事故原因が常に ”韓国人以外にある” と考えがちな韓国型思考から韓国人の同情(理解)が得やすい。

これまでセウォル号沈没の原因は過積載、復元性の喪失、固定の不良、操舵ミスなど、検察が発表した4つが定説となってきた。クォン1小委員長は「検察が明らかにした原因は、総合的に沈没原因を調査して出た結論ではなく、復元力(傾いた船を元の状態に戻す力)喪失という結論を決めて行ったものと見なければならない」と批判したりもした。

調査の結果によっては、過積載、復元性の喪失、固定の不良、操舵ミスなどが無かったことになる主張が出てくる可能性があり、”自身の責任を認めず、外力によってだけ被害を受けた” としたがる韓国型思考が具現されるものと見ることもできる。

この事故で検察は、船長のイ被告に死刑を求刑し、1等航海士ら3人には無期懲役、船を操縦していた3等航海士と操舵手に懲役30年をそれぞれ求刑した。また、見習いの1等航海士に同20年、その他の乗組員8人に同15年を求刑している。


(ソウル/みそっち)




委員会が大好きな ”韓国型思考” 
権威付けのために利用される委員会の判断は、あとから都合よく作られた別の委員会によって簡単に否定されてしまう。

今回の潜水艦衝突説焼き直しを言い出したセヲル号船体調査委員会っていうのは、船体引き揚げ後に作られた組織で、セヲル号惨事調査委員会(4・16セヲル號慘事特別調査委員會:2015年1月1日設立、2016年9月30日解散)とは別の組織です。

セヲル号船体調査委員会っていうのは ”被害者様” の権利要求をより一層拡大するために作られた組織なのです ※いまさら邪魔になってきてるけどね

被害者の定義が振るっていますよ もうびっくり なんと被害者がこんなにいるんです

3.「被害者」とは、次の各目のいずれかに該当する者をいう。
①、4・16セ号惨事当時セヲル号に乗船した人の中で犠牲者やそれ以外の人    (セヲル号船員として旅客の救助に必要な措置をせず脱出した人は除く)
②、犠牲者の配偶者・直系尊卑属・兄弟姉妹
③、①に該当する者の配偶者・直系尊卑属・兄弟姉妹

もうびっくりですよ。犠牲者の配偶者・直系尊卑属・兄弟姉妹ですから、名乗り出れば、養育費も払わず20年前に家を出て行った戸籍上の父親とかが次々と名乗り出ていたでしょ。まんまと億ウォン代のお金を受け取ったお父さんがいたのです。
そんなお父さんらが「補償金を追加で欲しい」と言い出したことに対応してつくられったのがセヲル号船体調査委員会なのです。

もちろんセヲル号の船員は死んでも加害者なのでずぶ濡れになっても補償は受けられません。

そんなセヲル号船体調査委員会のお仕事の内容はこんな感じで定義されていました。

第5条(委員会の業務)委員会は次の各号の業務を遂行する。
1.引き揚げられ、陸上掛けたセヲル号の船体の調査
2.セヲル号の船体引き揚げの過程に対する指導・点検
3.未収拾者の収拾、セヲル号の船体内の遺留品及び遺失物の収拾過程に対する点検
4.調査が終わったセヲル号の船体処理(保存の見直しを含む。 以下同じ)に関する意見表明
5.委員会の運営に関する規則の制定・改正に関する事項
6.その外に事故の直接的な原因調査と関連し、委員会が必要と判断した事項

その外に事故の直接的な原因調査と関連し、委員会が必要と判断した事項>>>ってところが今回の潜水艦説なんですね。つまり沈没原因は公式には、すでに解散した ”セヲル号惨事調査委員会” が出しちゃってるのですが、それに不満を持つ人がいて、沈没原因は潜水艦ダロと言い出したってことなのです。 すいぶんですよね


んじゃなんで潜水艦説? これはもう、アメリカの原潜が衝突したことにすれば無尽蔵に賠償が受けられると判断したためでしょう。このへんがムン政権にはちょっと邪魔なんですが、ムン大統領の肝いりでつくったセヲル号惨事調査委員会ですから次々とでてくる要求をかわすので精いっぱいみたいですよ。


遺骨の引き取りを先延ばしにしている遺族もいる

ちなみにセヲル号の遺体のうち、遺族が火葬された後の骨の灰の引き取りを拒否しているのが90体以上あるみたいで、合同納骨堂を作れと要求しています。
ほら、納骨堂に骨を置いておくだけでも永代供養料が何十万もかかるでしょ。それさえも惜しいと考える韓国人遺族様なのです。  すごいね


イメージ 3



イメージ 2