minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

たすきとかバトン 韓国人特有の考え方

 
もう一度言っておく 韓国には ”駅伝” が無い
 
トップが第二走者にバトンを渡すとほかの第二走者全員がスタートしちゃうぞ
そういえば世界陸上開催国がノーメダルだったことがあるんだけど 覚えてる?
 
 
イメージ 3
[ソウルミーナ]韓国には駅伝競技がありません、過去に何度か開催されましたが、駅伝のタスキを渡すというルールが多くの韓国人には受け入れられず、いずれも数回の開催だけで消えてなくなりました。  
※韓国版Wikiでは駅伝の解説が非常に少ない
 
韓国には孫なんとかというベルリンオリンピックのマラソンの英雄がいるのに、似たような駅伝競技が無いのはなぜでしょうか。 駅伝の由来がニホン原産だから?それもあります、しかし韓国に駅伝が根付かなかった理由はほかにもあったのです。
 
 
2011年大邱世界陸上で開催国の韓国はノーメダルという歴史的記録を作ったことがある
 
 
ー◇ー ー◇ー ー◇ー
 
 
他人のたすきを受け取ってから走りだすのが我慢できない
 
韓国では集団でする人気競技というものもいくつかあります、野球やサッカーなどの人気は時としてファンの武力衝突にもなったり地域対立の導火線の役目までしていますよね。もちろんこれらは個人技とチームワークも必要ですし自身の役目をよく認識することも必要です。
 
ところが韓国人に理解されないで不人気な駅伝競技には大きな理由があります。最初の走者だけが一斉にスタートしますが、あとの走者はタスキを受け取ってからスタートしなければならないという、”韓国人には理解できないルール”があるからなのです。
 
 
ましてや、箱根駅伝では二日目になれば前日の成績によってハンデタイムが設けられスタートさえできないというジレンマに陥るため多くの韓国人がその時点でテレビ観戦をやめてしまうと言われています。
 
なぜ彼らはタスキのリレーが我慢できないのでしょうか?。これは朝鮮社会に脈づいてきた身分格差構造への反発と、韓国がアジア最貧国だった1970年代終盤頃までに教育されてきた ”平等な教育機会と社会的チャンス” というものにはじまっています。
※韓国には連帯責任という言葉が無い、チーム内での不始末はあくまでも個人に帰結するという認識です。
 
親の出自や身分の上下に左右されない平等な社会こそがこれからの韓国に必要だとして時の独裁者朴正煕はいくつかの改革を行ってきましたが、特に力を注いだのが平等な教育という分野だったようです。 ところが朴正煕は韓国の改革の途中で命を落としました。結果的にみると朝鮮時代に逆行してしまったようです。じゃぁ教育ばっかり重視して走るのを罪悪視したのかというとそうでもなさそうです。
※韓国では運動会がほとんど無くなった。運動能力で成績(順位)付けするということに嫌悪感を持つ国民が非常に多い
 
 
お弁当の格差を無くした韓国型解決方法
 
学校給食のなかった時代ではお弁当持参が当たり前でしたが、どうしてもお弁当の内容には各家庭で格差が生じます、この格差を差別だと受け止めて問題の解決をしようとした制度では”弁当検査”だったり、”班食(バンチョク)”と呼ばれる、お弁当の強制混ぜマジェだったりしたわけですが、親に持たされる弁当には差別(格差)があってダメだという考えが現在の”韓国型食盆給食文化”になったり、お弁当の強制供出から班ごとに全部混ぜてしまう班食はその後になると”ビビンバ”あるいは”振り弁”へと変わっていったりしたのです。
※現在の完全給食制度は欠食児童を無くすためと言い換えられていることが多い
弁当持参⇒収入格差による内容の格差⇒弁当検査・・・弁当格差の解消⇒振り弁、混ぜ弁(班食)
(アルマイト製弁当箱+ストーブで過熱=石焼ビビンバの誕生) 給食の開始⇒食盆による提供(韓国人の7割以上が1日1回以上の食盆による給食配給を受けている)、家長による食卓独占文化⇒異物混入⇒食文化の退行 インスタント食品崇拝⇒他人の作ったメシが信用できない。
 
 
格差ではない差別
韓国ではこのように朝鮮時代の身分差別を再現するような”格差”という差別を本能的に避けてきた歴史があるのです、駅伝競技ではどう見てもタスキを渡すだけという単純な行為ですが、となりのチームが先にたすきを受け取る競技に韓国では、前の走者の成績を引き継ぐということに抵抗感があります。
 
たとえばこれは過去(2008年大田市らしい)に実際にあったハナシですが、韓国のある小学校の運動会で、父兄対抗のリレー競技があったといいます、たぶんバトンを使っての単純なリレー競技だったのでしょう。最初の走者が走り出しました、これは当たり前ですよね、トップが運動場を一周して次のランナーにバトンを渡したとき、なんと第二走者全員が一斉に走り出したそうです。
もちろんトップのランナーだけがバトンを受け取ってあとの全員は素手だったわけです。
 
これって、つまりバトンが来るのを待てなかったのか? というとそれはそれで ”韓国型行動”だと見ることができますが、待たなかった理由は、トップランナーがスタートしたのに自分だけがスタートできないのはおかしいダロっという”韓国型感情”があったものだといわれています。
※ルールの説明では”バトンを受け取ってから第2走者がスタートする”ということを説明したが、トップランナーがバトンを渡したところで第2走者全員が走り出したらしい。
 
ルールを説明してもそれを理解できないというような人たちですから、とにかく前の走者から遅れたバトンを受け取るということが我慢できないとか、となりがスタートするのを黙って見ていることができないという横並び思考が”韓国型思考”の源流だと見ることができます。
 
※最近では400mリレーなどに特化した選手の育成でリレー競技も見直されているがテレビ観戦などでは相変わらず遅れてスタートする理屈が理解できない韓国人も多い
そのため韓国の陸上チームは国際大会のリレー競技で成績を残したことがほとんどない。
 
 
イメージ 5
 
▲韓国ではガスボンベまわしが運動会の人気競技になっている。 ※高さのあるもののほうが安定して進むんだとか。
 
 
 
イメージ 5
 
▲韓国で使われているガスボンベはほとんどがニホン製の中古である
 
 
もしかすると彼らがレンジでチンが待てない理由もそのへんにあるのかもしれません
 
土曜オススメ過去カキコ
 
 
続きはまたどこかで
 
 
イメージ 8
イメージ 7