minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

小・中・高校卒業の学歴検定試験




ソウルで小・中・高校卒業検定試験やってるよ

携帯持ち込みで”不正行為”?、視覚障害者もまさかそこまでは
服役者も19人が弁当持参でお受験することに


イメージ 1[四谷ミーナ]今年初の小学校・中学校・高等学校卒業の学歴検定試験が来る12日、鍾路慶雲学校をはじめ、ソウル市内の14つの試験場で同時進行される。

イメージ 2

ソウル市教育庁は7日、今年初の小・中・高校卒業の学歴検定試験に計8037人(小卒472人、中卒1705人、高卒5860人)が受験すると明らかにした。 検定試験は正規の小・中・高等学校に進学しなかったり、学業を中断した人たちに新しい教育の機会を付与するための卒業の学歴を認定する資格試験だ。

障害人受験生53人のための試験場は蘆原区ソウル市立視覚障がい者福祉会館 (視覚障害者)とソウル慶雲学校 (肢体障害者・聴覚障害者・その他)にそれぞれ設置されて代読・代筆・拡大問題用紙などの便宜が提供される。

今年から改訂された小学校卒業資格認定試験

ソウル市教育庁は、ソウル市中学校入学資格検定試験規則の一部改正案」を来年2月1日から施行すると31日明らかにした。
受験生と一般人の混乱を減らすために、ソウル教育庁は「中学校入学資格」検定試験の名称を「小学校卒業学歴」検定試験に変更する。
これと共にしていま検定試験受験資格は、告示の施行年度3月1日の時点で満12歳以上で、来年6月1日から告示の施行年度1月1日の時点で11歳以上に緩和される。
これ小学校6年生(11歳)学校外の若者が検定試験に合格すると、次の年に同年代と一緒に中学校に入学することができる資格を得ることができるようになる。
また、願書など外国人登録番号の表示を追加して、証明書式の住民登録番号を生年月日に置き換え表記するなど、いくつかの書式を変える。
ソウル教育庁の関係者は、「今回の改正で、既存の検定試験で入学と卒業の混在に伴う請願人の混乱を防ぐことができるようになった。していま受験年齢制限の基準の緩和で学校外青少年の正規中学校進学を誘導して、公教育の正常化に資するすることが期待される」と述べた

また、服役者たちも検定試験に受験できるように別途試験場を設置して19人が試験を受ける予定だ。 すべての受験者は試験当日受験票と身分証を必ず持参し、中卒・高卒の受験者は、コンピューター用水性サインペンと弁当を一緒に準備しなければならない。
当日、試験場は、車を駐車できないので、大衆交通を利用しなければならず、試験の途中、携帯電話など通信機器を所持する場合、使用するかどうかを問わず不正行為と見なされる。 今回の検定試験の合格者合格証書は来月12日から2日間、市教育庁内の学校保健院1階で配布を受けることができる。


(翻訳:みそっち)



大学進学率だの義務教育だのといってもそーいったところとは無縁のひとたちもたくさんいるわけです、そして韓国人といえば切り離せないカンニングですが、そーいったところとも無縁な人たちなんですけどね


はいっ過去カキコから”韓国型カンニング事情”ですよ



試験とくれば韓国人の考えることは不正行為のカンニングなのですが、韓国人にとってTOEICとは一体何なのでしょうか、 (テストオブイングリッシュインターナショナルコミュニケーション)

ある就職準備生は”経歴書に一行書き込むだけのスペック”だと言います、受験熱を煽っておいて就職先は無いのが現実ですからね

ちなみにカンニングが見つかると、お金を受け取った主犯は懲役ちょっと(1~2年)に執行猶予が必ず付きます、容疑は”業務の妨害”かな、お金を渡した方はテスト結果の無効というだけのお手軽な処罰となっています。
つまりスポーツ感覚でやってるんですね



毎年進化するカンニングの手口とか


イメージ 8

ひとり当たり200~400万ウォンだったりする


イメージ 2

襟首に小型カメラを仕込んで外部に試験問題を流す
彼の役目ははテスト問題の撮影係だけである


イメージ 3

骨折したぁギブスのなかに入れてみたり

イメージ 4

石膏のギブスにスマホを埋め込んだりピアス式イヤホンのために穴を開けたり (直径2㎜サイズの超小型音響受信装置)

イメージ 7

イヤホンが禁止されると”振動”で答えを知らせます


イメージ 5

電子機器の進化はこういうところでも役立っているよ


イメージ 6

カメラで写して画像を見ながら再現中、解答はマークシート式なんだ

費用は100~300万ウォンって言いますから高いような気もしますが”満点”がそれだけで買えるというのは韓国人にとってなによりもありがたいことのようです。
TOEICの成績は企業などへの就職の際に添付されるわけですが、就職先の無いようなご時世でも受験者数が変わらずあって大盛況だということの裏には”就職なんかよりも試験でイイ成績を取る”ということだけが目的になっているようにも見えます。




っというわけなんですが『生まれたばかりの婆さんが(ここでは慰安婦おばあさん)川から山に落っこちた、それをみていためくらのおしがあわててつんぼにでんわした』ということの無いようにしたいですね♪


関連過去カキコ



イメージ 3

日曜日ニダー