minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

ソウルメトロ9号線は良い金づるである


ソウルにいるフランス人社長➍
ソウルメトロ9号線の搾取構造 
パリ交通公社が運営?

赤字経営にソウル市が700億補てん 現代ロテムの屈辱的契約条件は永遠に続く
フランスの親会社への配当は今年も58億ウォンを超えて


イメージ 1
[ソウルミーナ]ソウル9号線運営の収益追求が行き過ぎているということはソウル市·ソウル市議会·ソウル市メトロ9号線(SPC)すべてが認めている。 特に "地下鉄9号線" は毎年赤字に苦しんでいる。

ソウル9号線運営株式会社(ソウル9號線運營株式會社)は、ソウル地下鉄9号線1段階区間(開花〜新論峴)の運営を担当している株式会社である。
フランスのパリ交通公社RATPトランス開発(80%)と現代ロテム(20%)が出資して作った会社である。ソウル市メトロ9号線でソウル地下鉄9号線の開花〜新論峴区間の運営委託を受けて営業している。

グローバル投資ファンド マッコーリーが "地下鉄料金500ウォン引き上げ" を要求した後、朴元淳(パク·ウォンスン)ソウル市長は2013年にマッコーリーの代わりにNH投資証券など国内資本でSPC(特定目的会社)を構成しようとしたが、パリ交通公社などフランス系資本が80%の持ち分を占めた9号線運営に委託を任せた構造はそのまま維持された。 
現在、9号線1段階区間の事業構造は、主務官庁のソウル市 → 事業施行会社SPC → 委託運営会社9号線運営 → 維持·補修メイン社 → 清掃などその他の下請けによる複雑な多段階方式だ。


イメージ 1


 "9号線1段階区間管理運営委託手数料適合性検証用役最終報告書" によると、市がSPCに市の税金で財政を補填すると、SPCから運営会社に年間約700億ウォンの手数料を支給した。 さらに9号線の運営が人件費などの支出を減らせば、配当も増えることになる。 9号線運営は2017年に親企業に43億ウォンを配当しており、SPC側での間接配当と見ている経営諮問手数料と履行保証手数料を合わせると、同年には計58億ウォンがフランスに渡されたことになる。

ソウル9号線運営にも韓国の例にもれず労働組合がある。いわゆる待遇改善要求だが、現在の赤字経営では待遇改善の声が小さくなるしかない。ソウル市が赤字補填をしているが、運営会社のふところに流れ込む金が増えるだけの構造だ。

ソウルメトロ9号線の運営会社であるRDTA(RATP Dev Transdev Asia)がパリ交通公団(RATP)の子会社なので、 政府が動いて9号線労働者の要求に耳を傾けろと主張した。ソウル9号線運営労働組合と彼らのストライキを支持する市民社会団体(当日は労働組合員は仕事中で欠席)は、 12月5日午前、ソウル市西大門区のフランス大使館前で記者会見を行い、 このような要求を含む「対フランス政府要求」書簡をフランス大使館に渡した。

ソウル9号線運営労働組合のパク・キボム委員長は 「フランス企業がせいぜい資本金10億ウォンで事業を始めた後、 人員補充に施設、管理に対する投資が全くない」とし 「公共性を重視して労働者の基本権を尊重するフランス企業のイメージが失墜しているのだから、 フランス政府は私たちの声を聞いて公共性のための前向きな対策を出せるように努力しなければならない」と明らかにした。


(ソウル/みそっち)



ソウルメトロ9号線は赤字経営だけど、ソウル市が赤字補填してくれるという万全の体制に ”パリ交通公団” っていうところが実態の良く分からない運営会社を途中に介在させていて、それが搾取構造だということなんですね。

ソウルの地下鉄の延伸は政府やソウル市じゃない民間企業の出資で進められているんですが、途中に入り込んだ運営会社に現代ロテムが20%しか持ち分が無いわりに80%もパリ交通公団に持ってかれちゃうってことですよ。

そんな理由は言うまでも無く現代ロテムと韓国KTXのフランス製高速鉄道導入ですよね。
技術移転したけど、表向きの支払額は抑えたいという現代ロテムの思惑に、建設予定だったソウルメトロの赤字路線(9号線)への経営参加を持ちかけたわけです。しかも表向きの出資は10億ウォンだけで、毎年フランスに送金するという搾取構造の出来上がりってことですよ。パリ交通公社の子会社だからといって車両整備や運行には口出ししませんよ。現代ロテムがひとりでやっています。しかも朝晩しか利用者の無い路線ですが、ソウル市が赤字補填するというお約束まで取りつけているということですからフランスも立派ですね。(別に日産の社長がゴーンでなくてもいいし)




イメージ 4