minaQのつぶやき 네토미나

嫌韓(いやかん)ってホントはどうなの?

家族関係登録簿訂正許可申請書で生年月日を変えよう



韓国じゃ生年月日を自由に変えられるんだぜ
定年の公務員、退職遅らせようと年齢減らす手口に殺到



イメージ 2
[暮らしのミーナ]19日、韓国の大衆メディア朝鮮日報は生年月日を変えて定年を先送りする公務員を紹介した。

ソウル銅雀区役所で働くAさんは生まれ年月を1958年5月から1962年1月変えた。定年退職を2年後に控えた2016年10月だった。これにより、Aさんの年齢は58歳から54歳になった。突然若くなったAさんの定年は2018年から2022年に4年遅らせた。Aさんは、まだ銅雀区役所に勤務している。

退職を控えて年齢を減らす公務員がますます増えている。市民団体ウィリェ市民連帯が、中央省庁、地方自治体、教育自治体の公務員出生年月訂正事例を調査した結果、2015年1月から今年5月までに166人が生まれ年月を変えたことが分かった。このうち94.5%である157人の年齢を減らした。減った平均年齢は1年と18日であった。2年以上減らした公務員も20人もいた。



「突然若返る公務員」は、定年を控えて退職時期を遅らせるためだ。実際に定年退職をいくらも残さず出生年月を変えた事例が多かった。157人のうち114人が、50代に年齢を変えた。60歳に年齢を変えた事例も14人もいた。ソウル市江南区に勤務するチャン局長は54歳だった去る2015年8月に生まれ年月を変えた。1961年8月生まれから、1962年8月生まれになった。定年は2021年から2022年に1年が延期された。

チャン局長は18日、本紙との通話で、「実際の誕生年が書かれた系譜を2015年に見つけ変更申請をしたのであって、定年を増やそうとしたわけではない」と言いながらも「結果的に退職を1年遅れになって非常にホルホル」とした。

昇進発令直後に出生年月を修正して年齢を下げた公務員も多くあった。今回の調査で157人のうち85人が昇進直後に生まれた年を修正した。

高い給料を長く受けて定年を延長しようとする意図であることは明らかだ。公務員が昇進直後年齢を下げる高い職位で働く期間が長くなるため、高い給料を受けて定年を延長することができるわけだ。
これで退職後の年金にも影響を与える。韓国でも公務員の年金額は平均給料と在職年数が考慮される。

韓国では戸籍上の出生年月を変更する手順はとても簡単だ。変更を希望する場合には、管轄家庭裁判所家族関係登録簿訂正許可申請を提出すればよい。ただし、戸籍上の日付と実際の生まれた日は違いがあることを証明してくれる書類が必要である。

たった今書いた手書きの系図や、取り消し線で訂正した手書きの出生証明書、百日記念写真などの余白に書いた好き勝手な日付など出生年月日を釈明することができる客観的資料が必要になる。

生年月日訂正の許可事件を主に務めるイ・スジョン弁護士は「実際の年齢を証明できる書類が十分であれば、通常2〜3ヶ月程度で許可が出てくる」と話した。


(ソウル/みそっち



韓国人が生年月日を自由に変えられるのはつい最近までお役所の無い田舎などで、出生届なんてものが適当に受け付けられていたからなんですね。という建前があります。

まぁ韓国でも小学校に入った記録なんてものは大抵残っていますから、実年齢4歳で小学校入学したとか、あるいは軍籍なんてものは厳密なものですが17歳で兵役とか、そいうことになる>>>>なんてことはお構いなしなのです。 それこそ「同名の別人でしょ」なんて言い張ればそれっきりです。


関連過去カキコ


まぁほら、韓国の人は国民全員が本貫という先祖につながる系図を偽造してきた過去があるわけですよ、何処の馬の骨ともわからないのが”安東金氏”なんていうのを名乗っているわけです。
そんな先祖ですから当人たちもそれほど信心深くないんですよね、彼らの口からご先祖だといっても赤の他人というのが現実なので”他人と比較した時に自分の位置を説明するためのツール”としての系図の利用ということなのです。

この間辺りから公企業や公共機関の定年が60歳になるということになったわけです、それで駆け込みで生まれが『実はコレコレでした』という訴えを裁判所に出すのです。裁判所ではよく調べもしないで『ハイハイこれであなたは何年生まれ認定』ってやっちゃうんです。韓国では名前や生年月日を変えることなんて簡単なんですよね。
まるで暗証番号を変えるみたいなものなのです。
※住民登録番号も変わることでいざこざがあったりする、でも裁判所の生年訂正受理証明書があれば免許証やカードもその場で再発行される仕組みがある。


じつは、少し前だといわゆる”リストラ”なんですが『早期退職者にサービスどぉ~ん』なんてころがあったのです、あまりの良い条件に退職希望者が殺到してね、『生年月日を早くする』のが流行ったりしていたのです、やっぱりリストラとなれば高齢者からやめてもらうのがイイんでしょうけどそういうときに、自分の年齢をコロッと変えて退職金を手にしたのがいたんです。 

生年月日をコロコロ変えるのは慰安婦おばあさんにもいるじゃないですか、13歳じゃいかにもマズイっていうんで16歳に変えてたでしょ。それくらい気にするようなことじゃないんです。

通名っていうのって便利でしょ、それで何回も名前を変えちゃうのですね。その名でパスポートを申請すれば全く新しい前科のないパスポートが貰えるんですよ。
何度でももらえるんです。それをできないようにするというのがこの間辺りさわいでいたアレなんですがそれはまた別の機会にね   ふふっ



イメージ 2