minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

今日の『韓国するな』城楽園



ソウルの名勝 200年守られてきた朝鮮後期の別荘 城楽園?
調べてみれば1950年に作られ、会長の経歴も嘘でした。



イメージ 2
[暮らしのミーナ]今年4月より200年ぶりに一般公開された『朝鮮三大庭園』で知られる、ソウル城北区城北洞にある城楽園 は、ソウル都心に残っている庭には、まれに風景がよく保存されており、1992年12月23日、大韓民国の史跡第373号に指定され、2008年1月8日には大韓民国の名勝第35号の再指定された。

イメージ 2


ソウル市と文化財庁、建物を所有する韓国家具博物館はこの6月11日まで城楽園を初めて一般に一時的公開した。


イメージ 1
▶19世紀の朝鮮王朝第25代の哲宗王在位当時の吏曹判書のシムソンウォン(沈相應)の別荘であった城楽園は、ニホン植民地時代には親王李堈殿下(朝鮮高宗の五男1877年3月30日〜1955年8月16日)が離宮として使用していたところである。
※本邸は渋谷区常盤松町101番地にあった

以後、1950年シムソンウォンの子孫である故・シムサンジュン済南企業の会長が買収した後、 城楽園という名前を付けた。 
朝鮮時代の別荘様式の面影を今に残す歴史的に貴重な建築物として高く評価されている。


◇ ◇ 


ところで200年ぶりに一時的に一般開放された韓国の3大伝統庭園「城楽園 ソンラクウォン(ソウル城北洞)」が裁判所の競売市場に出てきたことが確認された。

これは最初の所有者であったシムソンウォン(哲宗の時の吏曹判書を務めた)の子孫が資金難を経験している影響である。


「いやぁ、あれは1950年に建てたもので、由来は全部嘘っぱちですよ」

実は李親王は存在したという記録はあるが、場所はここではなく1927年の火災で消失されて原型を知ることができません。親王がここに日帝時代の35年を実際に住んでいたのか正しく考証されていない状況です。

城北洞谷の別荘が初めて世の中に明らかにされたのは、1961年6月のことだった。東亜日報が連載した「ソウルの新しい名所 "という連載記事で初めてこのソンラクウォンが紹介されたものである。(当時は成楽園)

イメージ 4

ソンラクウォンこの世再び知られているのは、1992年12月26日、当時の文化部がソンラクウォンを史跡第378号に指定されたときからだった。当時、文化部の根拠資料がどのような独自の調査結果ではなく、「所有者の自己の記憶」に基づくということだ。



イメージ 3


裏庭の建物も1953年にシム氏が作ったものと記録されています。
1961年の記事を見ると、シム氏はこの一帯を観光施設を備えた近代的な公園に造成しようとしており、その時に建物と池を作りました。
城楽園という名もシム氏が付けたものです。
結局、城楽園で朝鮮時代と推定されるのは、人工池の霊壁紙と泉、岩に刻まれた文等だけです。しかし、金正喜(号・秋史)の文字と知られているそれぞれも議論が起き文化財庁が再調査中です。 秋史 金正喜:朝鮮末期の割と有名な書家

[文化財庁関係者] ""秋史 金正喜の書」なのか、それも私たちが今見ているのです。正直今の状況で何が合って正しいと間違っているというのに..."

もっと不合理なのは歴史的な起源だ。ソンラクウォンは吏曹判書を務めたシムソンウォン(沈相應)の別荘と知られたが、これを根拠する明確な資料がないことが分かった。
純祖の時にこの場所を造ったファンジシャ、哲宗の時にこの場所を所有したというシムサンウン。どちらも歴史の中で見つけられない人物だということだ。

シムソンウォン(沈相應)という人物名は、承政院日記に出てくるが、哲宗の頃ではなく「高宗」の時であり、官職も吏曹判書ではなかった。つまり全くの別人だ。

シム氏宗親会は「シムソンウォン(沈相應)」という人物が系図に記載されておらず、高い官職に上がった人物が系図から落ちることは極めて珍しいという立場を明らかにしたりもした。

また文化財庁もこれに対して公式記録はまだ見つからなかったと釈明した。それにも文化財指定の後、20年以上にわたり、ソンラクウォンを「吏曹判書を務めたシムソンウォン(沈相應)の別荘」で紹介しており、議論が起きている。

文化財庁は、ここを使用した資料を追加で確認するなど、全面的な再検証作業をしていると、結果を総合的に発表すると明らかにした。


(ソウル/みそっち)



なにしろ1代で財を成した方だそうですから、韓国じゃそっちのほうが偉いのです。
韓国じゃそれが普通ですから問題になることはありません。

成功した企業の創業者がイイところに別邸を建てて庭を造ってその由来を創作しただけなのです。朝鮮末期の吏曹判書のシムソンウォン(沈相應)っていうのが実在しない人物で、そこを買い取ったのが5代孫と名乗る会長(故人)がご先祖をでっち上げていたということです。 
吏曹判書っていうのは正二品 まぁ今でいう次官級


あるいは資料とかも幾度もの戦乱で焼けちゃったのでしょう。そういう ”都合” で出来上がっているのです。


城北洞っていうのはソウルの北の方で、各国の大使公館なんかがあるところです。
近くにはニセモノ贋作の宝庫と呼ばれる ”潤松美術館” がありますね。

あのほら”朝鮮風俗画帳”みたいのを発見したところですよ。 あれも強欲な収集で文化財のすべてを収奪した日帝時代には存在していなかったニセモノですからね。





ブログバナー

鬼ころの歌がきこえる