minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

貧しすぎる韓国の雨傘事情

 
 
皇室御用達 最高級ビニール傘まであるニホン
輸入品しかない? 韓国の貧しすぎる雨傘事情

 
イメージ 2
[ソウルミーナ]雨が降る季節にG20大阪にあらわれたムン大統領の雨傘が黒かったことで日韓両国のネチズンから嘲笑を買っている。
 
あいにくの雨模様だったG20大阪だったが、ムン大統領の黒い雨傘が印象的だった。
 
 
イメージ 1
 
▲8本骨の黒い雨傘で現れたムン大統領 黒い雨傘は儀典で決まっている
 
 
ニホン製の雨傘に対する評価が高い、ビニール傘と言えば韓国でも安物のイメージがあるが、ニホンでは先進素材を使い「これ以上の傘は無い」とさえ言わしめるビニール傘が製造されている。
 
この ”皇室御用達” の雨傘は選挙シーズンになれば選挙候補者の街頭演説でも使われる。皇室御用達はニホンのみならず世界的にも高い評価を受けている。
絶対折れないホネは200㎏以上の荷重にも耐えると知られ、そのビニール層は三層構造であると知られている。(.40口径の実弾を確実に受け止めるらしい)
 
しかし、韓国には傘を製造するメーカーは一つも無い。輸入部品・材料を組み立てるよりも完成品を輸入するほうがはるかに実利的だからだ。
 
買ってきて並べる式なのである。 買ってきて並べる以前には傘が無かったのだ。
 
 
 
◇ ◇ 
 
 
 
 
そういえば韓国には落下傘も無いのだ
 
もう韓国に国産パラシュートは無い

輸入した落下傘しかない、ジェット機の時代に出来た国だから
 
イメージ 1
[国防ミーナ]韓国には落下傘を作る業者がない。 それでも防衛事業庁にパラシュートを納品する会社はわずか1社。 数十年前のモデルである円形パラシュートを作るそこを除けば,現在"落下傘を生産する"と言えるほどの規模を整えた所はない。 

"戦術用パラシュート"と呼ばれる長方形のパラシュート,これを改良したスカイダイビング用パラシュートはほぼ100%輸入だ。 軍用を全て合わせても,需要があまりにも少なく,市場性がないのだ。
 
そうした中にも"国産パラシュートを作る"とあきらめない職人たちがいる。
 
全てのスカイダイバーは主落下傘が開かない時に備え,予備パラシュートを持つ。 主パラシュートはダイバー本人が折る。 しかし,予備落下傘は,必ず資格証のある専門家が止めなければならない。 その専門家がまさにリーガーだ。 彼らは,パラシュートが絡まず,できるだけ早く開くように止めるノウハウを持っている人々だ。
 
韓国スカイダイビング協会が認めるリーガーは,韓国にわずか7人。 李ヨングォン(50)さんもその一人だ。 03年から"天下り"の国産化にこだわってきた。 イさんは"国内の全てのスカイダイバーはジャンプする前にリーガーに予備パラシュートを送る"と話した。 リーガーは,パラシュートを新しく畳んだ後,そこに直筆署名をし,自分の固有番号が記された鉛の塊に封印する。 いくら高い天下りや卓越した技量を持つダイバーでも,リーガーが包装した予備パラシュートがなければ,絶対ジャンプできないのだ。
 
 
◇ ◇ 
 
 
 
パラシュートが不足した特戦降下部隊
 
ひとり一個が全然足りない 国内唯一の製造メーカーは不良企業
200個しかないパラシュート 降下訓練もできないなんて一体なにが
 
 
イメージ 1[ミリタリーミーナ]戦時に高空浸透が主任務である特戦司令部にパラシュートが不足したことになりました。
 
軍用パラシュートの製造が独寡占構造である、韓国の防衛産業の現実のためです。
 
 
イメージ 2
 
 
落下傘降下を利用した高空浸透は特戦司令部の主要任務です。しかし、この5月、特殊戦司令部の主力戦術、落下傘の保有率は半分水準まで落ちました。
 
イメージ 3
 
 
 
軍需司令部が作成した文書を見れば、空挺旅団の部隊の編成人員1300人余りが落下傘200個余りだけで浸透訓練をして、不足した物量は近くの旅団で借りたりもしたことが明らかになりました。とり急ぎ旧型落下傘で訓練したが、落下速度が速すぎて怪我をする隊員たちまで続出しました。
 
 
 
 
特戦司令部は、防衛事業庁に落下傘供給契約を急いでほしいと要請しました。
問題は落下傘を供給する適格業者がなかったという点です。
30年以上軍用落下傘を独占供給していた企業は不適格業者で、適格業者は今年初め、倒産してしまいました。
結局、防衛事業庁は先月、この不適格業者と再契約を結びました。
 
<インタビュー>アン・キュベク新政治民主連合の国会議員:"(特戦司令部)の任務遂行が制限的であるしかありません。従って、国防部は、特殊戦司令部要員たちの安全と生命を担保するために、より高い関心を傾けなければなりません。"
契約後、陸軍特殊戦司令部の落下傘の保有率は74%水準まで回復したが、安定的な代案が設けられない場合、'落下傘のない特殊戦司令部'問題はいつでも繰り返されることができます。
 
 
 
(翻訳:みそっち)
 
 
◇ ◇ 


イメージ 10
 
空軍校長射出事件(落下傘降下)
 
 
 
 
イメージ 2

ころころ おにころ