minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

インフル予防接種 今日だけで6人追加

 

毒インフル続報 今日だけで6人、計9人死亡

怯える国家無料予防接種対象者 インフルエンザワクチンは良いワクチン 
当局「ワクチン事故を残念に思い、関連調査を徹底的に行う」

 

 

イメージ 1

[NEWSミーナ]韓国で国家無料予防接種対象者がインフルエンザワクチンを接種した人が死亡するケースが相次いでいる中、21日、済州(チェジュ)、大邱(テグ)、京畿(キョンギ)でも接種後に死亡者が出た。
インフルエンザ予防接種後の死亡者は、仁川(インチョン)や全羅北道高敞(チョンラブクド·コチャン)、大田(テジョン)に続き、7人目だ。
 

済州道が21日に明らかにしたところによると、この19日午前9時ごろ、済州市の病院でインフルエンザの無料接種を受けたA氏(69)が、この日午前1時10分ごろに死亡した。 済州地域でインフルエンザ予防接種後、死亡した初めての事例だった。

 

済州道保健当局は、A氏は国家無料予防接種対象者だったが、A氏が普段高血圧など基底疾患を患っていた点から、死亡とワクチン接種の関連性があるかどうかを究明するための疫学調査に入っている。


大邱(テグ)でも前日、インフルエンザワクチンを接種した78歳の男性が死亡した。 ワクチン接種と死亡との直接的な関連性は認められなかった. 大邱で死亡した男性は国家無料予防接種対象者で、20日大邱市内の民間医療機関でインフルエンザワクチンを接種し、この日の夜上級病院に搬送された後、21日0時5分に死亡した。

 

死亡した男性が接種したワクチンは、(株)エルジ化学の「プロプラステトラプリフィールドシリンダー」で、流通経路で常温の露出が疑われる製品ではなく、白色沈殿物が検出された製品でもないことが分かった。

 

インフルエンザワクチンで、今度は沈殿物を発見...消費者」不安でない迎え「

▲白色沈殿物の発見されたインフルワクチン 複数の製薬会社の製品から見つかっている。

 

またこの日、京畿道でも接種後に2人が相次いで死亡した。京畿道の保健当局によると、死亡者はそれぞれ光明と高陽で接種を受けた。

 

これに先立ち、仁川(インチョン)市の18歳の高校生が、インフルエンザワクチン接種から2日後の16日に死亡したのに続き、全羅北道高敞(チョルラブクド·コチャン)の78歳の女性と大田(テジョン)の83歳の男性の3人が、ワクチン接種後に死亡した。

 

78歳の女性は19日午前9時ごろ、全羅北道高敞郡上下面(チョルラブクド·コチャングン·サンハミョン)の町内医院でインフルエンザワクチンを受けた後、翌日午前7時ごろ、死亡した状態で発見された。 大田83歳の男性は20日午前10時ごろ、ワクチンを受け、同日午後3時ごろ死亡した。 遺族によると、この男性は10年前に大腸がんと胃がんの手術を受けたことがあるが、最近は特に疾患はなかったという。


保健当局は、死亡者3人はいずれも常温にさらされたり、白色粒子が発見されて回収されたワクチンを接種したケースではないと明らかにした。 彼らの死亡がワクチン接種のためだったかどうかは、1週間ほどかかる保健当局の解剖検査を経て明らかになる見通しだ。

 

この日、キム・ガンリプ保健福祉部次官は中央災難安全対策本部の定例ブリーフィングで「無料接種に対するインフルエンザ·ワクチンに対する多くの国民の憂慮に対して私たちも残念に思い、厳重にこの事実を見守っている」とし「現在としてはこれまで一部流通過程での不適切な問題が発生した点、そして白色沈殿物が現われたこうした事例などを通じて相当な憂慮があると聞いている」と述べた。

 

ただ、最近仁川(インチョン)や全羅北道(チョンラブクド)などで相次いで発生しているインフルエンザワクチン接種直後の死亡事例については「明確にその死亡の原因を明らかにすることが前提にならなければならない」とし「現在としては疾病庁を中心にこのような死亡の原因を明らかにするための解剖などの調査が進行中であるため、断定的に何とも申し上げることは難しい状況」と述べた。 さらに「追加的な調査や分析を通じて国民の皆様がより安心して予防接種を受けられるようにワクチン接種を徹底的に調査し、最大限迅速に知らせる努力を傾けていく」と述べた。

※このブリーフィングの後、慶尚北道安東でも70代の女性1人が死亡したと把握されてワクチン接種後の死亡はあわせて10人になった。
 

 

(ソウル/みそっち)
 

 

インフルエンザの予防接種の現状

インフルエンザの予防接種の現状は、10月21日の時点で、現在までにすでに1297万人が接種をした。この中には、国の予防接種事業の対象者は836万人接種を完了をしました。国の予防接種対象者としては、9月25日から開始したが、12歳未満の1回目接種対象の子供は328万人接種を完了して68.8%の接種率を見せている。

妊婦の場合には約10万人程度が接種を完了し34.1%が接種をしました。先週10月13日から開始した13歳から18歳の対象者は、現在までに137万人が接種を完了して48.2%の接種率です。

今週の月曜日から開始したお年寄りたちには、現在までに329万人程度が接種した31.1%の接種率を見せています。この接種者の現状と接種率は、無料接種と有料接種をすべて含むような数である。

 

インフルエンザの予防接種異常反応申告現況について

今年のインフルエンザワクチン接種後の異常反応は、10月20日の時点での合計431件報告があり、まだ予防接種を受けて、少しでも体が異常であると報告したので、予防接種との因果関係は確認されなかった疫学調査と被害調査班などを通じて検討中です。申告された異常反応は、現在有料接種対象者が154件、無料接種対象者が277件であり、局所反応が111件とアレルギー116件と発熱が93件、その他が104件でした。

 

死亡事例として報告されて件数は、10月20日までの4件報告されて調査が進行中であり、10月21日の今日、追加で5件が追加で届け出があって合計9件の死亡報告が調査が進行中だ。

ワクチンの流通および白色沈殿物と関連して回収対象のワクチン接種に関する異常反応申告事例は、現在までに累計84件です。ほとんどの症状は局所反応、発熱、アレルギーなどの軽症が報告されています。

 

現在までに死亡事例は合計9件報告され、その中の7件について疫学調査と因果関係を明らかにするための解剖などが進行する予定だ。

また、1次的に同じ日に同じ医療機関で同じワクチン製造番号で接種を受けた接種について異常反応の発生するかどうかを監視している。まだ調査が進行中だが、数件の局所異常反応以外に重症以上の反応は確認されていないが、継続調査が進行中です。

また、予防接種登録システムを介して、そのロット番号、製造番号で接種を受けた接種の数を把握し、その接種中に異常反応を申告した件数についても調査をした。

 

 

 

 

といった感じで、調べてないから因果関係は証明できない。また、既往症や持病あるいは高齢者といった死亡者が出ていることについては、抵抗力が低下してるだけダロという判断である。

 

疾病管理庁は予防接種被害調査班会議を今日午前に開催し、今まで把握した調査内容を基に、異常反応との因果関係、また重症異常反応発生時の該当ワクチンに対する再検定または予防接種事業中断の必要性について議論を行いました。 本日午前までに報告された6件の事例について、被害調査班で事例別の議論がありました。

 

議論した結果、ワクチンとの直接的な関連性、そして予防接種後の異常反応と死亡との直接的な因果性は確認されておらず、特定ワクチンにおいて重症異常反応事例が高くあらわれない点などを考慮すると、全体予防接種事業を中断するほどの事案ではないと判断されました。 調査中の事例の中で2件程度についてはアナフィラキシーの可能性を排除することができず、また、残りの申告事例についても追加的な解剖結果を見なければならず、義務記録調査中の追加調査を通じて予防接種との因果関係を最終確認することにしました。

 

新コロと合わせて感染拡大を阻止するためにはインフルエンザワクチンの接種がもっとも効果的であるため、無償接種を含めた予防注射の実施を中断する予定はない。

 

ってことなんですね。 いえいえ9名様ですか  オメデト