minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

ワクチン接種で死亡59人へ

 

 

毒インフルエンザワクチン疑惑 接種後、死亡件数は59人

政府「因果性が低く接種継続」 毎日10人超え

 

イメージ 1

[中2ミーナ]インフルエンザワクチンを打ってから死亡した人が59人に増えました。しかし、疾病管理庁は死亡とワクチン接種の因果性が非常に低いとして、接種を日程通り進めることにしました。

 

疾病管理庁長は26日、報道参考資料を発表し、このような立場を明らかにしました。

疾病庁によると、インフルエンザワクチン接種後の死亡者は、同日0時基準で59人と集計されました。

24日(48人)より11人増えたものです。

 

年齢層を見ると、70代が26人で最も多く、次いで80代以上が26人、60代未満が5人、60代が2人です。

疾病庁は最近、ワクチン接種後の死亡者が増えると、前日、「予防接種被害調査班の迅速対応会議」を開き、死亡者20人の死因を分析しました。

被害調査班は20人のうち、ワクチン接種後の急性異常反応である「アナフィラキシーショック」の事例はなく、接種部位の痛みといった軽症異常反応のほか、重症異常反応もなかったと判断しました。

また、同じ製造番号のワクチン製品を接種して死亡した人は14人でしたが、この中でもワクチンと死亡間の関連性が確認されたケースはなかったと、結論を出しました。

予防接種専門委はこれに先立ち、1次的に死亡者26人に対する死因を検討した結果、接種との因果関係が非常に低く、特定ワクチンを再検定したり、国家予防接種事業の中断を考慮する段階ではないという結論を下してきました。

これまでのところ、死者59人のうち46人に対してはワクチン接種と死亡間の因果性が低いという結果が出たのです。

ところがインフルエンザワクチンの接種を自主的に中断した病院も増えてきています。

 

疾病庁は、調査中の残りの13人をはじめ、追加で通報される事例についても、被害調査班会議を開き、因果性を分析することにしました。

 

 

(ソウル/みそっち)

  


 

「インフルエンザによる(合併症)の死者が一年3000人レベル」というジョンウンギョン疾病管理庁長の回答に2010年以降のインフルエンザ死亡2126人... 最近5年間、毎年200人台を維持という統計庁のウソ

統計庁はその都度都合の良い統計を出すので増えたり減ったりするんです。

 

 

 

イメージ 3
 
ホントだよ