minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

資格取得浪人も増えているよ

 
 
 

資格11個も取ったが、20社書類も通過できず。
  
整形手術だけが就職の基準じゃないってホント?
 
 
イメージ 1[メディアミーナ]先月25日午後7時、ソウル堂山洞にある某学園。民間営利法人A社が運営するこちらには遅い時間まで50〜60代の中高年層10人余りが教室に座って授業内容をよく受けて書いた。定年退職を控えた彼らは、再就職のための「薬用植物資源管理士」と「発酵酵素管理士」の資格を勉強していた。
この資格を取得するには、A社が発刊している教材7巻を7万ウォンで購入して見なければならない。実際の試験問題は、この教材からのみ出てくるだけでなく、一般書店では関連書籍を購入することができないからである。
試験の受験料は5万〜6万ウォン線だ。ここにA社が運営する塾で月33万ウォンの授業料を出して3ヶ月間の授業を聞けば、それこそ誰でも資格を取得することができるようになる。しかし、問題は、この資格を取っても、実際に資格取得者ができることがないことだろう。
 
最近、「薬用植物資源管理士」の資格を取得したバクフンジョンさん(仮名ㆍ 57)は「この資格を取れば初任給で2000万〜2500万ウォンを受けるという広告を見て、お金と時間を投資して取得した」とし「しかし、再就職のために他の業種に願書を出す時はもちろんのこと、関連業界に就職する際にも全く役に立たなかったよ」と悔しさを爆発させた。
 
薬用植物資源管理士とは?
専門にされた薬用植物の栽培と管理を基に、絶え間ない研究開発を通じて関連産業の専門的な経営管理能力を備えた者をいう。
 
このように民間資格が乱立してみると資格を取得したり、取得しようとする過程で生じた被害者は簡単に減っていない。お金は高めで、同じ時間帯での投資が、肝心の資格取得者に戻ってくるのは何もない場合があまたするからである。
 
3日、韓国消費者院が調査した報告書によると、最近5年間(2008〜2012年)民間資格と関連した消費者相談件数は7926件に達した。年平均1585件が受付けされたものである。 この中で最も被害が深刻なタイプは、不必要な資格であることに気づいて中途解約をしたときに発生した。
 
韓国職業能力開発院が2010年から2012年までに民間資格被害事例を分析した結果、全体の被害のうち66%が教材を購入するときと、教育課程受講申込返金の際に発生した。 韓国職業能力開発院関係者は「実際の被害事例を見ると契約をした後、資格を取得する過程で広告されている内容とは異なり、追加を必要とする条件が多く、払い戻しを要求した場合が大多数」と指摘した。
このように、意味のない民間資格が幅を利かせる理由は、2008年の民間資格登録制度が導入された後、誰もが資格を作成することができるようになったからだ。つまり、毎年資格の数量的にのみ増加し、質的成長が付かない見たらあまりの商業行為、資格の管理·運営の未熟などによる消費者被害は後を絶たないのである。
これにより、政府は昨年、民間資格の管理·監督の強化を骨子とした資格基本法を改正したが、その年にも最終的には新しくできた民間資格は、2748個に達し、歴代初めて6000を超えた。 問題はこれにとどまらない。それさえも、就職の際の認識をしてくれた民間の資格も企業から一つ二つ外面受けているのが実情である。これは、正体不明の資格があふれて、このような資格を猫も杓子も取得してみると、競争力もなくなったからである。
 
金融資格11個を取得した就職準備学生ジェフンさん(25 ㆍ女)も状況は同じだ。彼は京畿道所在の2年制の専門学校を卒業した後、金融機関就職のために、いわゆる金融3種の資格と呼ばれるファンドの投資相談士証券投資相談士、派生商品投資相談士はもちろん、銀行FP、投資資産運用会社、金融投資分析士など11の資格を取得した。 その後ジェフン氏は「昨年下半期に金融関連企業や研究機関20ヶ所余りに応募してすべて書類段階で落ちた」とし、「より大きな資格が必要であるしたい今は「国際公認ファイナンシャル·アドバイザー(CFP)」を準備してある」と述べた。
このように、資格が就職市場での認定を受けていないことは、すでに市場の均衡が壊れたからと分析が出ている。しかしヨ氏のように就職の失敗の原因を「社会構造的な問題」ではなく「自分の実力不足」と思っている人が多く、彼らはほとんどの資格取得と方法で不足しているスキルを埋めることができると考えているのだ。 このように資格が就職市場で実力を示す信号の役割をこれ以上なくなったと専門家たちは口をそろえた。
ジョソンフン延世大経済学科教授は、「(一般的な求職者の思いとは違って)求職難の原因は何年も続いた経済不況により、企業が自然に労働需要を減らしてきた」と分析した。彼は引き続き"何よりも資格というのは、就職市場での能力を証明する一種のシグナル(signal)であるが、肝心の社会では実力と関連させて評価しない」と付け加えた。
 
※この人ちゃんと整形手術したのかなぁ
 
 
 
 
年45万人別の国家資格証
 
韓国人だからできること、できないこと
 
 
イメージ 2[今日のミーナ]医師や看護師の治療·医療業務を補助する看護助手。保健福祉部の管轄する国の専門資格だ。高卒学歴以上に看護専門学校で740時間、医療機関で780時間履修して試験に合格すれば資格が取れることができる。
昨年の試験受付人数は4万934人、このうち80%を超える3万4264人が合格した。毎年3万人以上の看護補助者が養成されているわけだ。しかし状況がこのようだ`就職ドア​がパッと開かれた’という看護助手学院の広告のコピーも過去のものとなった。 弁護士資格人気と同様に一段と折れる傾向にある。
ただでさえ飽和状態である弁護士の市場で司法試験だけでなく、ロースクールの卒業生があふれて見ると、弁護士の資格一本だけでは限界がある。このため、弁護士が行政試験や公認会計士の資格に広がるものもある。

今年の地方国立大学のロースクールを卒業したが某氏(28)は「弁護士の資格を持っていても就職はどうせ同じ資格を持つ人々が集まるため、別のメリットがない」とし、「企業の弁護士待遇が課長級から代理級に下がったとするが、体感上代理級以上に低く下がったようだ」とため息をついた。
不況で民間資格が乱立する中で、政府が主催する700余りの国家資格の合格者もあふれている。昨年産業人力公団が主管した475カ国の技術資格受験者は合計150万7143人、最終合格者は44万5563人に達した
 
 
 
(翻訳:みそっち)
 


 
ひところ前でしたが、海外できっと役立つ”溶接の免許(オーストラリア)”とか”タイル貼り作業士”やら”壁クロス張り検定”なんていうのがありました。ついこの間には”伝統建築大工匠資格(崇礼門)”っていうのもあってそれを貸し借りしていたようです。
このように韓国社会では船頭多くしてフネ山を越える式の船頭になりたがる人がとても多いですね、100年前はどうだったのかというとこれもやはり海外が人気だったみたいですから大変結構なことです。それでも”韓国にはニホンや中国に無いというものがある”ということですからよろしいことで。
 
船頭といえば海軍のカッター訓練ですが韓国の海軍士官学校ではカッター訓練を教える教官もいないためボートも陸に上げたままだということです、
それでも特戦部隊なんかはゴムボートを担いで山にのぼったりしています。
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
誰にでもできる韓国語の簡単な翻訳
 
興味のある分野をネットで翻訳公開するだけで訪問者数は一日1万人にも、  特別な知識や経験はいりません。
 
すでに”振り弁研究家”や”韓国経済分析家”も活躍中です 
 
 
信じるか信じないか あとはあなた次第です