minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

朝鮮日報がセヲル号教師を英雄に、遺族はカンカン

 
 
 
TV朝鮮が英雄伝説を捏造して父兄からガミガミ
 
朝鮮日報>の訂正報道はまだ?
生徒を救うために骨折するほどの大活躍、「いえいえそんなことは」
問題のB教師は生徒を置いて生き延びた卑怯者っ
 
 
イメージ 1[今日のミーナ]<TV朝鮮>がセヲル号惨事当時、学生たちを救助しないで脱出した檀蜜高教師を‘義傷者’誤報して遺族が強く反発して出た。
<TV朝鮮>は去る9日、<ニュース4> ‘話せない苦痛... 檀蜜高生存教師たち’という題名のリポートで安山檀蜜2学年10班B教師が事故がおきた緊迫した瞬間に、学生たちを救うためにありったけの力をふりしぼって救助されたとしてこの過程でB教師の骨盤が骨折したと報道した。
 
‘話せない苦痛... 安山檀蜜高の生存教師たち’
登録2014.06.09 15:48 /修正2014.06.09 16:17
 
[アンカー]
沈むセヲル号でかろうじて安山檀蜜高校の教師2人が命をかけました。しかし、生存の教師は、弟子たちを守れなかったと言うことができない苦痛の中で、まだ治療を受けています。
イユギョン記者です。
[レポート]
船が傾いた緊迫した瞬間、安山檀蜜高2年生の10班のイ・エリョン先生は、学生が4階に走って行きました。閉じた船室のドアを開けるためにありったけの力を撫でドアが落ちていきながらデッキに落ちた時の救助しました。この過程で、この先生は、骨盤を骨折しました。
4班ギム・ソヒョン先生は部屋に水が上って、やっと廊下を出て、命をかけました。キム先生も背骨を負傷しました。
しかし、生存の教師は怪我も事故当時の衝撃と弟子たちと同僚教師を守れなかった辛さの中に、より過酷な日々を送っています。
両方の教師のすべてはまだ一般的な病気休暇を出して怪我や心理療法を受けていると伝えられました。
治療期間が長くなり、180日まで可能公務上の病気休暇を準備していると思われます。
 
[録音]教育庁の関係者
"まだまで一般病として公務病欠で認定を受けるための書類とか、このようなものを用意しており... "
 
仲間と弟子を失った想像できない悲しみを克服することができるように生存の教師たちには周辺のウォームアップと痛い記憶を直すことができる時間が必要になります。

TV朝鮮イユギョンです。
 
 
しかし遺族の説明は違う。 これらによれば、B教師はセヲル号沈没当時4階にすぐに走って行かなかったし、5階にいて脱出した。 Bさん自身も骨盤が骨折しなかったと認めたとのことが2学年10班遺族側の説明だ。
女子学生班である2学年10班はその間救助者も最も少なかったし死体発見さえのろく進行された。 気が焦った遺族は<TV朝鮮>の大ボラに怒るほかはなかった。
 
 
イメージ 2

▲5月21日報道の朝鮮日報当該記事(現在は削除されている)
2学年10班は女子学生班
 
遺族は該当報道が出て行った翌日である10日午後2時30分、檀蜜高を探して<TV組では>の報道経緯確認に出たし<TV朝鮮>とインタビューしたことないという学校側の返事を受けた。 これに対し遺族は<TV朝鮮>に抗議、該当記者との面談を要求した。
遺族とTV朝鮮は、檀蜜高、京畿道(キョンギド)教育庁の4者面談過程で<TV朝鮮>イ・ユジョン記者は誤報に対して謝ったことが確認された。
ある遺族が2学年10班遺族40人余りの同意を得て‘gobalニュース’に提供した録音ファイルを確認した結果、報道経緯に対してこの記者は“朝鮮日報と毎日経済で該当内容を探して参考にして記事を書いた”と明らかにした。
 
実際に5月21日付<朝鮮日報>の‘殺身成仁教師たち’という題名の企画記事にはB教師が事故当時4階で子供たちを救っていたと伝えた。 記事には“セヲル号で救助された檀蜜高女子学生は‘B先生が子供たちと客室にあとで開かれないドアを開ける瞬間に外に落ちて甲板を通じて救助された’で証言した”という内容を含んでいた。
 
録音ファイルによると、遺族たちの抗議が激化すると<TV朝鮮>ベ・テホ社会部チーム長は、当該報道について"セヲル号の惨事と関連ニュースが不足して死亡した安山檀蜜高教師たちと生存した教師の話を編んで企画シリーズを作ろうとしていた"、"冷静に判断できず、申し訳ない"、誤報を認めた。
'gobalニュース'が、ペチーム長に直接、事実かどうかを確認すると、彼は'朝鮮日報と毎日経済だけを、参考にしたのではなく独自取材もした'、誤報と関連しては"遺族の方に既に謝罪をあげて過ちしたと申し上げた"と明らかにした。
この記者も該当記事が大法螺だいう事実を認めた。問題になった記事は現在削除された状態だが、<朝鮮日報>は訂正報道するかどうかと公式の立場をまだ明らかにしていない。
 
これと関連し檀蜜2年生10組の被害者家族Aさんは'gobalニュース'に"とてもあっけなくて悔しい"と当時の心情を吐露した。
Aさんは"あちこちで書き写した記事を全国民がすべて見るニュースに報道する考えをしたのか全く理解できない"、"これも遺族をまた殺すことではないか"と非難した。Aさんは弟子を置いて先に抜け出したB教師を恨んでいる遺族たちもいると伝えた。彼は"10組B教師と4組C教師は怪我をしなかった。これを教師も認めた"、"家族たちがそんなに会おうとしても会ってくれなかった。私たちはあの時の状況がどうだったのか知りたいだけだ"と付け加えた。
 
 
(翻訳:みそっち)
 


 
 
韓国型感情では生徒よりも先に逃げた教師というのが憎悪の対象になります。もちろん助かった生徒たちもそんなので苦労しているようです
珍島体育館裏で首を吊った教頭先生も”あの世で授業しちゃる”と書き残して死んじゃったりしています。※教頭先生は遺族が義死者認定を申請中
 
イメージ 3
 
教育者のお婿さんらしいですよ、大変でしょ
 
ところで、何で助かったひとまで憎むのかというと、”保険金が手に入る喜びを表に出さないために代謝反応として世間を憎むポーズをとる”というのが分析なようです。
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
今日の問題はむずかしいよ
 
 
 
 
 
今日の問題:特別出演の教頭先生のフルネームは何でしょうか?