minaQのつぶやき 네토미나

今年もよろしくお願いします。

飲酒取り締まり、運転者は1.3mの海に飛び込む




飲酒取り締まり避けて海に飛び降り・救助も強く拒否した30代、
結局、'免許の取り消し'


イメージ 1[メディアミーナ]統営警察署と統営海洋警備安全署は、この1日午後8時40分ごろ、道統営市坪林洞付近で、1.5tポーター車を運転していたイさん(35)が飲酒運転取り締まりを避けようと海に身を投げたが、救助されたと2日明らかにした。

イ氏は同日、飲酒運転をして自分の車の周辺にパトカーが近づくと逃げ始めた。パトカーは飲酒運転と疑われる車両があるという市民の通報で出動した。


イメージ 2

▲122レスキュー隊が、去る日午後9時頃.....イさんを救助している。 手前の人は119番のジャケットを着ている  統営(トンヨン)海洋警備署提供


イ氏はパトカーを避けて逃走する海岸道路に達すると、車を止めた後、1.3mの深さの海に身を投げた。

警察は、統營海洋警察に通報し、122レスキュー隊はイさんが飛び込んでから10分で到着した。救助隊は海で泳いていたイさんを救助しようとしたが、イ氏が”こっちに来るな"などと大声を打つなど10分あまり強く抵抗した。

仕方なく、救助隊員たちが海に飛び込んで、イ氏を午後9時ごろ救助した。
イさんは病院に運ばれたが、幸いにも海に飛び込む過程で軽い傷を着ていただけで済んだ。
統営(トンヨン)警察によれば、イ氏の血中アルコール濃度が0.134%で、免許取り消しに該当した。警察はイさんを道交法違反容疑で在宅起訴した。


(翻訳:みそっち)



1.3mの海ですから韓国人にとっては命に関わるほどの深さですよ、そこじゃない?

警察等の取り締まりに合うとよくわからない行動に出ちゃうことが多いんですが、とにかく手足をバタバタさせるんです。警察もそのへんに慣れていますからどうということも無いんですね。
ただあんまりお節介をして助けたりすると逆に訴えられることが非常に多いですから手出しもできないし、大ごとになるとそれもまた訴えられるのでそのへんの加減が難しいみたいですよ。  言わば、”権力への甘え”みたいなものが染み付いているんです。

1.5tポーター車というのは韓国で一番売れている乗用車です。年間に15万台も売れるそうですよ (ホントダ)



◆ ◆ ◆


`不況のクルマ` 1トントラックもう一度よく売れるのに...
 
 
ボンゴといえば山城新吾がCMをしていたりポーターといえばMAZDAの軽トラだったりしますが韓国ではそのままヒュンダイや起亜の車名として使われています
大きさはニホンで見かけたのとほとんど同じですが座席は並列4席という窮屈なものになっています、
 
 
イメージ 4[モーターミーナ] 今年に入って11月までに国産車販売台数1位は、準中型アバンテだ。  8万6102台が売れた。  2位は軽自動車モーニング(8万5630台)である。 後に続く車種はソナタやグレンジャーではない。  1tトラックポーターだ。 合計8万3727台が売れた。 過去10月には9千85台が売れ、国産車の中で最も多く売れた車の記録された。
 
 
風をきる、現代(ヒュンダイ)ポーター
 
 
▲塗色はこの2種類しかない、実用車としての虚飾のない扱いが韓国的だ。白いほうはワイドキャブ
 
 
イメージ 5零細自営業者の営業用車両に最も多く愛用されているポーターの販売量が再び増えている。 
11月までの販売台数は前年同月比5.7%増加した数値だ。 今年の月平均7600台が売れた傾向を見ると、9万台突破が有力である。  2008年の6万4422台で、金融危機で景気が底に墜落した2009年の7万8846台に上がったポーターの売上高は、その後、2010年の9万4059台、2011年の9万9466台が爆発的に増加した。
昨年、現代車ストライキに物量が足りず、8万7308台に挫けたポーターの売上高は、今年再び上昇に転じた。
ポーター販売推移が重要な理由は、国内景気を示す一つの尺度となるからである。 不況に創業戦線に乗り出した自営業者が一番最初に探している車がポーターだ。 車を改造すると、リムーバブル店にも活用できる​​。 だから `不況のアイコン`と呼ばれるほど景気が悪いほどよく売れる。
現在の零細自営業者の営業用車両に多く使われる車両は、ヒュンダイポーターと起亜車ボンゴだ。
 
 
確かな担い手、起亜ボンゴ車
▲1トンのトラックは、一般的に"生計型トラック"と呼ばれる。起亜車のトラックはそのままボンゴという名前がついている、何と標準ボディで並列4人乗り エンジンは1200ccが標準となっている。
 
 
イメージ 3
 
▲1tトラックの種類は現代ボンゴとKIAポーターしかない、しかも顔つきが違うだけで事実上同一のクルマだ。中古車市場は未曾有(みぞうゆう)の活況を呈しているといわれる。
 
しかも、"韓国型創業者"のほとんどがトラックを買わなきゃという"韓国型統一感情"に縛られているのでそれこそ右から左に売れるのだ、仕入れの方も廃業する"トラック生計者"が非常に多いため需給に問題は無い。


イメージ 6




ご存知”現代ポーター”の真っ直ぐ進めない事情




イメージ 3[走れミーナ]高速で走る車の中でブレーキを踏んだが、、急に左に曲がると、やや大きい事故になる可能性があるでしょう?
起亜ボンゴトラックでこのような現象が現れているが、抗議する顧客にさえ静かに車両を変えてくれたことでKBS取材結果明らかになりました。
 
 
イメージ 3


時速70kmで走るボンゴⅢ 1.2トントラックのブレーキを踏むと、車両が左に傾きながら隣の車線に移ります。ひどい場合には二車線を横切るます。1車線に走っていたら、中央線を越えて大型事故が日もしれない状況です。

インタビュー:(ボンゴⅢ 1.2トントラックの運転手):"車が横で突然飛び出して聞いてブレーキをかけから車が中央線をごまかそうとしてです。とても大型事故になるところでした。"他の車両でも同じような現象が現れます。

インタビュー"(ブレーキ一度握ってみましょう。)こうして行ってしまいます。"
インタビューチョンスンミン(ボンゴ3 1.2トントラックの運転手):"ハンドルをいくらしっかりつかまえていても仕方ないんです。ハンドルと関係なしに車は別に遊びました。"運転台はまっすぐにいるのにも、車が左に傾いて車線を脱します。
 
この車は昨年10月出荷された車両です。
まだビニールにも剥がしてない新しい車両だが、整備工場に6回訪れました。インターネットにはボンゴ3 1.2トン車で同じ問題が発生するという不満が続いています
同整備士:"このクルマの種類はみんなそうです。ずっとそんな話をしたが、研究所で改善をしないから。。。私たちも対応策がありません。"起亜車は強く抗議するお客様ばかり車両を変えてくれてリコールなどの措置は取らないています。また、このような欠陥を知りながらもずっと車両を売ってきたという疑惑も提起されています。
録音営業所の関係者:"いつも急停車は注意しなければいけないと(お話致します~)お客様に会った時(ボンゴ3)1.2トンにこのような短所があるというのは説明しましょう。"起亜車は一部車両で欠陥が発見され、現在原因を探しているという立場です。
 
 
 
(翻訳:みそっち)


イメージ 4